2011年07月31日

OLからオートレーサー 坂井宏朱。デビュー戦

7.30 sat 31st ROOKIES DEBUT! 船橋所属31期選手7/30土 デビュー

卒業検定タイム(5月26日測定)20人中
青山周平(26)3秒37 1位
古木賢(24)3秒49 6位
平塚雅樹(31)3秒53 14位
坂井宏朱(27)3秒62 19位

31期03坂井02

注目するは、44年ぶり女子オートレーサー。坂井宏朱
女子オートレーサーデビュー!Girls be ambitious! 乙女よ大志を抱け!

★★★44年のぶりの新星
★★★44年ぶりの新星 女子オートレーサーデビュー!★★★

船橋オートも力が入っておりまして
オートレース界のなでしこレーサー 坂井宏朱 さかいひろみ

なでしこレーサー人力車

一足先に2011年7月11日。川口オート所属の佐藤摩弥 (19)が順調なデビューを飾りましたが
44年ぶり女子オートレーサー佐藤摩弥(19)デビュー

しかしながら、坂井宏朱選手は、サトマヤと違いバイクの経験もなく
JTB(旅行会社)の営業担当からオートレーサーに転身。



オートレースに憧れて無免許なのにレーサーに

S05

OLからの転身・・・ある意味、不安を感じるデビュー戦。
しかしながら、1〜3Rに登場した新人3選手が1着ゴール

古木平塚青山

これに続けと期待の中レースに登場。

船橋オートレース2011年7月30日
31期デビュー戦 3100m 走路情報 天候: 曇
12:15現在 走路状況: 良走路 走路温度: 42.0℃ 気温: 28.0℃ 湿度: 66.0%
枠番  選手名  ランク LG 級期  競走車名  ハンデ 試走
1 坂井 宏朱 B 132 2 31 J・ロビンソン  0 3.64
2 伊藤 達司 B 44 1 11 アユム  40 3.49
3 永井 和幸 B 120 1 30 ダイヤモンド  50 3.47
4 深沢 悟 B 70 1 25 トウリョウ  60 3.48
5 縫田 雅一 A 146 1 19 バンテマクリ  70 3.43
6 岡崎 秀二 A 183 1 16 ウィング  70 3.44
7 根本 将人 A 204 1 28 アキレス  80 3.40
8 増田 伸一 A 147 1 23 カグラ  90 3.43
2連単オッズ

拍手の中の試走も3.4Cで2号車にグッと距離を詰められた時には、なんとも言えない声が場内に響きまして、試走タイム発表の時は、ため息も・・

しかしながら、何かを期待しレースを見ておりました

坂井01

歴史的、デビュー戦・・・

坂井03

1周目で後続車に抜かれ、2周目には最後方・・100メートル以上の差の8着

坂井04

レース結果  レース動画
44年ぶりの女性オートレーサー 坂井宏朱選手(31期・船橋)のデビュー戦結果:オートレース

船橋場内の観客は、拍手を送っておりました。
でも、これじゃ・・晒し者だよ・・とも思いましたが・・違うんですよね

レース当日は、これまでの人生で多くの貴重な時を共有した仲間たちが船橋に駆けつけてくれる予定だ。高校時代の「チア界」の7人衆。ノリコ、アイコ、ハヅキ、ハナ、セツコ、ケイちゃん。予備校時代に無邪気に語り合ったユカ。法政大学野球部時代の仲間15人とマネジャーのユカちゃん。他にもJTB法人東京時代の同期や上司、先輩で結成する“オート初観戦御一行様”。そして心配をかけ続けた両親。結果は別にして業界の女子先駆者として戦う姿を見て何かを感じてもらえたら、と思っている。
東スポWEB−2011.7.31

元勤務先の仲間からの“船橋のニューヒロイン”と書かれた横断幕。

横断幕01

養成所の時のインタビュー(日経ウーマン)

「知識も経験もなく、男性に比べて体力もない。手先が不器用で整備も苦手と、レーサーには不向きな私ですが、オートレースを好きな気持ちと熱意だけでここまでくることができました。思いと覚悟が本気で努力も続ければ、夢は必ずかなうと信じています」

そして、レース後の・・

待っていたのは44年前の女子オートレーサー中野茂子さん(78=旧姓渡辺)

なかのさん
【船橋オート・東スポ杯】 「良かったわ、お会いできて。まだ始まったばかりじゃないの。落車したりしたって負けちゃダメよ。あなたはまだまだこれからなのよ。ひとつひとつ上に上がればいいじゃないの」 うれし泣き以外は絶対に涙は流さない――。ずっとこう誓っていたが、偉大なる先輩の言葉に感情を抑えきれず号泣してしまった。「きていただいたのにすみません…。女子レーサー復活だったのに…」 声を振り絞って、頭を下げるのが精一杯。自分の無力さを痛感した。
東スポWEB−2011年07月30日 動画


今回の31期生は非常にレベルが高く順調に勝利を飾っておりますが
オートの新人選手、2級車時代は勉強、試行錯誤の時だと思っております。

..レースが終わった後は、すぐさま師匠の永井大介と、作戦会議に入った。「スタートだなあ。車にぶら下がっている感じで、ちゃんと抑え込めていない。でも、後半2周ぐらいは悪くなかったヨ!!まあ、これが今の実力だから。一歩、一歩、やっていこうよ、ネッ!!」。先生の厳しくも暖かい助言に、大きく首を上下させて、聞き入っていた。
(2011年7月31日06時01分 スポーツ報知)


オートレーサー 坂井宏朱。の選手生活は始まったばかりです。

さかい

「業界の夢」。を背負う、44年ぶりの女子オートレーサーとして、選手としてだけではなく、色々負担もありますが、一歩一歩成長する姿を楽しみにしておりますし、そんな彼女の頑張る姿に感情移入(共感)する方も多いと思います。こんな姿から、オートレースというある意味マイナーであって複雑なモノに興味を持つきっかけとなるとおもいます。

そして、私にも、何かを与えてくれると信じております。本当に、これから期待したいと思っております。

追記
8月21日、船橋オート最終日2Rに出走。0メートルハンデ位置から逃げて1着。
デビュー9戦目にして念願の初勝利

初勝利01初勝利02

レース結果  レース動画

女性オートレーサー坂井宏朱選手(船橋)初勝利!!
デビュー9戦目となる本日(8月21日)、船橋オート第2レースで見事逃げ切り、1着ゴールを飾りました!
http://autorace.jp/funabashi/information/2011/0821_race/


追記(2012.1.16)

2012/01/15  坂井宏朱選手の殉職について
(社)全日本オートレース選手会船橋支部所属の坂井宏朱(サカイ ヒロミ)選手(第31期・享年27歳)は、平成24年1月15日(日)・船橋オートレース(平成23年度千葉県営第4回第2節2日目)の夕方練習中、第1コーナーにおいて単独落車し、かなりのスピードで緩衝柵に激突し、受傷しました。
すぐにドクターカーが到着し、同選手に対し必要な処置が取られましたが、手当の甲斐もなく、頭蓋骨骨折により同日17時13分に死去(殉職)いたしました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
http://autorace.jp/news/2012/0115_info/


0115

あまりにも唐突な悲しい現実、正直、まだ気持ちの整理がつきません・・

7月にデビューして、まだ22走(1着1回 2着0回 3着2回 着外19回)
オートレーサーとなる「夢」を叶え..そして選手としてこれから一歩一歩成長していく姿を見ていくことを楽しみにしておりました。

単勝

「知識も経験もなく、男性に比べて体力もない。手先が不器用で整備も苦手と、レーサーには不向きな私ですが、オートレースを好きな気持ちと熱意だけでここまでくることができました。思いと覚悟が本気で努力も続ければ、夢は必ずかなうと信じています」

養成所時代のこの言葉に感銘を受けた私です。
なかなか結果はでませんでしたが、言葉通り、頑張っている姿が印象的でした。

「女性自身」7月19日発売号
http://jisin.jp/news/2524/3382/

色々思うことはありますが、一ファンの私にできることは、本場に行き車券を買うこと。
これからも、坂井選手が愛したオートレースを楽しみ盛り上げていくこと

と頭ではわかっているのですが・・・死という重い現実の前には・・

16日都合をつけ短い時間ですが、船橋オートまで行ってきました。

献花

船橋オート表入場門テント下付近にて献花台および記帳台を設置

船橋

また表入場門テント下付近にて献花台および記帳台を設置致します。
献花台設置期間:1月16日〜1月22日 (8:30〜17:00)


入場ゲート前の新聞売のおばちゃんに
「ひろみちゃんかわいそうだったね。遠征もできるようになったのに、もう少し走らせてあげたかったよね」 去年の8月に行った時「ひろみちゃん3着」。と娘のことのように嬉しそうに語っていたのを思い出します

記帳

花をささげ、記帳し、手を合わせ・・車券を買いオートを楽しんできました...

花

オートレースを盛り上げてくれてありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

(2012年1月17日 スポーツ報知)坂井さんの追悼式は16日午前8時半、船橋オートレース場走路内で行われた。神主による祈祷(きとう)、黙祷(もくとう)などが行われ、選手、関係者ら約150人が故人の冥福を祈った。また、正門入り口横に「献花台」を設置。記帳ノートも設けられ、数多くのファンが“なでしこレーサー”坂井さんの遺影へ花を供えたりメッセージをしたためたりしていた。坂井さんの仲間たちは悲しみをこらえてこの日、レースへ挑んだ。坂井さんと同じ31期のトップレーサー青山は9Rで1着。「訓練生時代から彼女には厳しく、できる限りのアドバイスを送った。彼女は本当に努力して、せっかく少しずつ上達してきたのに。自分はロードレース時代に仲間やライバルを死で失った。危険を伴う仕事でアクシデントは仕方ないとしかいいようがないけれど、死んじゃあダメなんです。悲しみが残るだけ…」と視線を落とした。

[ スポニチ:2012年1月18日 ]..17日、優勝戦が行われ、坂井さんの同期、同年齢で昨年の最優秀新人、青山周平(船橋=31期)が0ハンから逃げ切って優勝した。「同期がしょぼくれていても仕方がない」。事故から気丈に振る舞っていた同期は1着ゴールで引き揚げてくると、悲しみを抑えることができなかった。V走をねぎらう選手仲間に背中をぽんぽん叩かれているうちに、とめどなく涙があふれてくる。ヘルメットを脱ぐと、しゃくりあげて検車場の中で泣き崩れた。 18 「事故が最悪な結果になり、正直、レースをしたくなかった。きのう(16日)の夕練では気持ちがついてこなくて、危ないと思ってすぐにやめた。あいつのために頑張らなきゃという気持ちが入り交じって自分をコントロールするのが難しかった」。悲しみをこらえて挑んだ優勝戦。「1コーナー(事故現場)で見られている気がして、俺の走りを見てろと、いつもより“開け足す”(スピードを上げる)感じで走りました」一昨年9月の養成所入所以来、苦楽を共にしてきた同期の胸には坂井さんの思い出がたくさん詰まっている。「OLからの転身は厳しかったと思う。同期にしか分からない苦労を養成所で見てきましたから。これからという時期に終わってしまって…。努力する姿から教えられたこともあるし、厳しいことも言った。その分、自分がしっかりレースしないと」と涙声で締めくくった。

[ スポニチ:2012年1月18日 ]坂井さんの師匠だった永井大介は優勝戦5着でロッカーに戻ってくると「寂しいな…」とポツリ。「お疲れさまでした」。師匠を出迎えるとき、検車場に響き渡っていた坂井さんの大きな声はもう2度と聞くことができない。「最近声が小さくなってきたから(もっと元気な声を出せと)言おうと思っていたんだ…」とやり切れない気持ちを吐き出した。自分の走りに憧れてオートレースの門を叩き、弟子についた坂井さんを一人前のレーサーに育てようと懸命だった永井。主のいなくなったロッカーを選手仲間と整理しながら「もう少し何かしてやりたかった」とつぶやいた。「厳しいことも言ったし、責任を感じている。俺はこの試練を一生背負って走る。あいつが命を懸けたオートレースだから」。自らに言い聞かせるように昨年6月(実地訓練)からの短い師弟関係を振り返った。

「浜松オート:2012.1.24」(渡辺 篤選手)…ここ1週間のうちに、予想もできないいろんなことがありました。自分だけでなく、同じ31期全員が、表面に出さずとも、言い表せない複雑な思いを巡らせていたと思います。でも、坂井(故・坂井宏朱選手)の頑張りに応えたいと誰もが感じていました。坂井の葬儀も31期みんなで参加して、みんなで考えることがあって…気持ちの切り替えが大変でした。(僕たちはオートレーサーになって、果たして良かったのだろうか)とまで考え合いました。 …着順とか優勝とか、結果は別に考えていいと思います。”一生懸命走って、走って、悔いなく走り抜くこと”… ”オートレースに一生懸命になること”、そしてオートレースを見てくれたお客様が、心を熱くさせ感動してくれる、 『オートレースって、すごいんだよ、楽しいよ!』と世間に広く知ってもらいたくて頑張っていた坂井の想いを、僕たちが引き継いで走り続けることが、坂井への想いに応えることだと感じたのです。この1週間で中尾(中尾貴志選手)が優勝し、青山(青山周平選手)が優勝し、自分も優勝することができました。31期のみんなが、坂井のオートレースに懸けた想いを引き継いでいると思います。自分はロードレースからオートレースへ転身して、歳ももう若くありません。でも、オートレースに一生懸命な姿、お客様がオートを見て「また明日も見よう!」と、オートレースに魅力を感じてくれる、そういう走りを…”オートレースの素晴らしさ”を知ってもらうために、これからも一生懸命走り続けたいと思います。」とコメントしました。


船橋オートG2「さざんかカップ」 1月28日〜2月1日

さざんか00


船橋オートで坂井宏朱さんメモリアル展
さざんかCのシリーズ中(28日〜2月1日)、船橋オート場内のイベントホール「WITH」、「レジェンド情報館」では、27歳の若さで殉職した故人を偲び、坂井さんのメモリアルパネル展が開催される。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120127-OHT1T00214.htm

船橋オートG供屬気兇鵑カップ」が28日開幕した。1月15日に事故死した故坂井宏朱さんのロッカーには多くの花や飲み物などが供えられ、通りかかった選手は次々に手を合わせた。
なお、今節中は場内施設「WITH」に献花台を設置し、レジェンド館では「坂井宏朱さんメモリアル展」として坂井さんのレース放映、パネル展示を行う。東スポ動画の「初勝利」、坂井さんを取り上げたリアルスコープ「なでしこスペシャル(ボートレース&オートレース特集)」が上映されている。
http://www.tokyo-sports.co.jp/hamidashi.php?hid=17961


さざんか02さざんか01

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51651227
この記事へのコメント
船橋の坂井選手と川口の佐藤選手は、とても対象的な結果を残していますね。
ギャンブルって観点だと、当分は坂井選手は消しの印象を受けますが、なんか純粋に応援したくなりますね。
ホームにとらわれない、いろんな人たちの応援・アドバイスが背景にあるんですね。あせらずに、晩成型でもいいので期待に応えてほしいものです。がんばれ=坂井!!
Posted by 転勤族 at 2011年08月01日 21:59
はじめまして。
坂井選手には川口の森選手もアドバイスしてましたね。

川口7月25日2Rの新人・岩田選手の頑張りは痺れました。

今日は現地に新人選手を見に行く予定です。
Posted by しんじ at 2011年08月02日 08:27
性別関係なく1選手と考えなければいけないのでしょうが
44年ぶり・・となるとこれも無理な話で・・

2級車の時は成績ではなく勉強の時だと思いますから、一歩一歩成長して行ってほしいですよね〜

本当に、ガンバレ坂井!!と応援していきたいです。
Posted by para080 at 2011年08月02日 14:54
他の新人選手も周囲は色々アドバイスしているのかも知れませんが
メディアにこれだけ情報が流れるのはファンとして嬉しいものです。

岩田選手の走り、特例枠ということはありますが、2級車は1か8かで抜かれたらズルズル下がるだけという観念が崩れました。

女子レーサーに隠れていますが、濃いメンツが多い31期色々気になりますよね〜


Posted by para080 at 2011年08月02日 15:00
本日、我が日本のオートレース界において44年ぶりの女性オートレーサーのひとりである坂井ヒロミ選手が事故で逝かれたのは、ボクも先ほど知った。今後はマヤ・サトウ選手が唯一のなでしこレーサーとなってしまうなんて、、、、、、本当に、しょう来を期たいされていた坂井選手に対し、御めい福をおいのり申し上げたい(_人_)
Posted by 函館本線 at 2012年01月15日 21:32
坂井さんが亡くなってしまわれた、いよいよこれからってときに余りにも唐突に…
お悔やみ申し上げます
Posted by 名無し at 2012年01月15日 22:27
坂井選手 選手生活お疲れ様でした ゆっくりとお眠り下さい。 僕は坂井選手のチャレンジは計り知れないほどすごいものだと思いますし通算勝利回数は1回と少なかったですが、勝てたことはすごいことだと思いますよ

永井選手も坂井選手の指導は女性レーサーだという事もありとても難しかったと思います。 永井選手もお疲れ様でした

最後に、坂井選手お疲れ様でした そしてご冥福をお祈りいたします
Posted by 小幡 at 2015年09月22日 15:42
坂井選手、デビュー戦お疲れ様でした。

試走タイムは64でデビュー戦勢では一番遅い試走タイム。 試走の気配からはなかなか車券を買うのは難しいタイムになってしまいました。

そして、注目の一瞬デビュー戦。 同期に女性選手が1人いましたが、女性選手としてバンクを駆け巡るのは何十年ぶりでした。

結果は惜しくも8着と悔しい結果になりましたがこうやって男性陣しかいないオートレースという勝負の舞台に入ってきたのはすごいことだと思いますよ。


そして6ヵ月後衝撃の訃報が入ってきました。
坂井選手が夕連で単独事故を起こし坂井選手の体にバイクがすっ飛んできたようです。坂井選手は直行で船橋市内の病院に運ばれたそうですが、頭蓋骨折で逝去されました。

師匠の永井選手も今までで一番つらかったでしょう。 それから同期の佐藤選手もかなりショックを受けたでしょう。

永井選手もセンスはないが人一倍努力していると話していましたし、お客様の間でも今後の成績が上がることを望んだ方も少なくないでしょう。

本当に大勢の方々がショックを受ける訃報になってしまいました。



心よりご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by 小幡 at 2015年10月10日 09:10
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: