2011年07月14日

44年ぶり女子オートレーサー佐藤摩弥(19)デビュー

KAWAGUCHI 31st ROOKIES 7/11 DEBUT!

10s川口

2R岩田裕臣 卒業検定タイム 3.47(4位)※20人中
3R中山透 卒業検定タイム 3.52(11位)
4R佐藤摩弥 卒業検定タイム 3・50(8位)
※小原望(怪我でデビュー延期)

2011年7月11日。川口オート所属のオートレース31期生がデビュー
つまり、44年ぶりとなる女子オートレーサー佐藤摩弥 (19)のデビュー戦

デヴュー人気回復の切り札!?

某雑誌では「人気回復の切り札!?美人レーサー」と紹介されていまして
今回二人の女子レーサーが誕生しましたが、まさにその通り。

11日のサンスポ表一面の下の広告は
女子オートレーサーデビュー!Girls be ambitious! 乙女よ大志を抱け!

サンスポ

左、川口オート所属、佐藤摩弥。右、船橋オート所属、坂井宏朱

オフィシャルサイトにも

★★★44年のぶりの新星

★★★44年ぶりの新星 女子オートレーサーデビュー!★★★

オートファンの新規開拓につながると、業界の期待を背負う2選手
ある意味チャンスとも言えますが・・プレッシャーがスゴイと思いますが

個人的には、オートの新人は、500cc2級車。(1級車は600cc)

..2級車と1級車はピストンストロークの違いにより排気量が違います。クランクシャフトとロッドか゛違うだけであとの部品は1級車と一緒です。走方的には出力が少ない分なるべく回転を落とさない、よって大きいコースになりやすい。また1級車に乗り替えた時には出力が有る分繊細なアクセルワークが求められます。
Fighting Diary:2009年06月14日


エンジンが違いますので、1級車に乗り替わるまで、あまり興味はないのですが
ある意味、「お祭り」。ですので、あたたかい声援を送るため川口オートまで行ってまいりました。

入場門前は人の渦。入場まで5分ほどかかりまして、ああ、「サトヤマ」人気だよな・・
やっぱお祭りだな〜と思ったりしましたし、正門横・特設初心者ブースの「抽選会&サトヤマジャンボうちわ引換コーナー」。は行列ができておりました。

うちわうちわ

私は引換券(テッシュ)も「佐藤摩弥」のアドトラックの写メ。もありませんので並びませんでしたが・・
1枚くらい捨ててあると思いましたが皆さん持って帰ったみたいで・・欲しかったな・・ なんですが

晴天の熱走路、同じくデビュー戦の2R岩田裕臣 3R中山透が1着ゴール

たくさんの取材陣が見守る中

報道

待ちに待った4レース。佐藤摩弥(サトマヤ)のデビュー戦

サトマヤ01

川口オートレース場 2011年07月11日
4R 予 選 3100m 走路情報 天候: 晴
12:13現在 走路状況: 良走路 走路温度: 60.0℃ 気温: 34.0℃ 湿度: 37.0%
枠番  選手名  ランク LG 級期  競走車名  ハンデ 試走
1 佐藤 摩弥 B 132 2 31 セリーナ  0 3.52
2 石井 剛 B 121 1 25 ミ・アモーレ  30 3.50
3 須崎 忠夫 B 80 1 9 ザ・ロッキー  30 3.54
4 金居 実 B 45 1 12 アダブカタブラ  40 3.52
5 滝沢 健 B 39 1 25 ゾッド・K  50 3.50
6 伊藤 弘幸 A 170 1 16 ルード  60 3.43
7 松尾 学 A 157 1 22 ゴブリンH3  70 3.48
8 佐藤 正人 A 53 1 22 ガスト  80 3.45
2連単オッズ

本場でしか買えない単勝車券がバカ売れしておりまして

単勝オッズ

名前が車券に出ますからね・・記念車券なんでしょうが、摩弥ちゃんフィーバー ですよ。

レースの方は、0ハン単騎から軽快な逃げも・・タイムが上がらず

サトヤマ02

6周回最後の最後で、伊藤弘幸にヤラれ2着入線

サトマヤデビュー

レース結果  レース動画

ああ・・業界の夢が・・場内の客から、空気読めよ!!と勝者に罵声が
デビュー戦2着は立派なんですけどね、この注目の中・・・

ビールを飲みながら、一緒に観戦していた方と色々語り合ったり
目の前にいた平山アナと野村アナの会話を盗み聞きしておりましたが

ふたり

この2着でまた新しいドラマが生まれるわけで、これがまた面白いところだよな〜なんですが

..1着ゴールした伊藤弘幸は、やや複雑な表情を浮かべながらレースを回顧した
「3番手に上がった時点で、いけると。”KY”と言われるかも知れないが・・・。これが勝負だからね」


勝てませんでしたが、世間に響く。44年ぶり女子オートレーサー誕生。
夕方のNHK「首都圏ネットワーク」。フジテレビ「スーパーニュース」

NHKフジ

などで取り上げられていました。

この日たくさんのマスコミの中でも目立っていたといいますか報知のお二人にお会いしましたが
写真を使っていいよ。と言いました、淡路哲雄記者が書いておりましたが

2大アワジ

初戦Vとはならなかった。でも、レーサー佐藤摩弥の人生は始まったばかりだ。

13リベンジの機会は、この先、いくらでもある。
「今度は、勝ちます!」。この負けん気があれば、佐藤の未来は大丈夫だ。

オートの魅力を世間にたくさん紹介してくれて、本当にありがとう!

本当に、オートファンとしても、「ありがとう」。と言いたいわけです。
世間に一般にマイナー競技がここまで取り上げられること本当にないですからね・・

本当はファンとしては性別関係なく、いち新人レーサーとして見るべきなんですが

これだけ、世間の注目を浴び、「業界の夢」。として期待と注目を浴び
整備だけではなく、取材などで休みなく、肉体的にも精神的にも厳しいとは思いますが

参考  広報もこなした佐藤摩弥

本当に期待し応援していきたいと思うわけです。

そして、その日は最終レース後も残り夕練を見ておりましたら
永井大介と佐藤摩弥が一緒に走っていまして

夕練

これを見守る、若井友和のきびしい表情。

若井02若井00

師匠は、吉田幸司ですが、吉田幸司の整備グループの選手はもちろん
一丸となって、サトマヤを指導したり協力しているんだな・・・

たくさんの選手が佐藤選手を手塩にかけて育てています・・・♥昨日のデビュー戦は佐藤選手の地元整備グループはなんと!!!全員集合したそうです! (遠征組以外)
川口オート 第31期選手候補生:2011年07月12日(火)


もちろん、44年ぶりの女子レーサー。ということもあるのでしょうが
育てよう。という先輩選手の姿、これに答えようとする佐藤摩弥の姿。

そして、全日本レディース モトクロス選手会 。からの横断幕には

応援幕

あたたかい寄せ書き付きで・・・・こういうの弱いんですよ・・ワタシ

寄せ書き

※佐藤摩弥はモトクロス出身。2005年にKIDSモトクロス中学生クラス、レディースクラスでチャンピオン、08年と09年は全日本モトクロス女子選手権で、いずれもシリーズランキング7位の実績を持つ

追記
そして、2013年7月5日、32期としてデビューした、モトクロス界の女王、益春菜からと思われる、寄せ書きもありました。

masu

「家族や鳩ケ谷高校時代の友達が観客席から手を振ってくれたのが見えた。みんなが応援してくれているんだ、と実感しました」と語った。(埼玉新聞)

素晴らしい環境だよな・・育つだろうな〜思ってしまいますし、改めて期待をするわけです。

追記
2011年7月30日もう一人の女子レーサー坂井宏朱デビュー
OLからオートレーサー 坂井宏朱。デビュー戦

次の日の、デビュー2戦目に初勝利
平成23年度川口市営第1回第2節4R結果:2011/07/12  レース動画

なんと、翌日の日刊スポーツ裏一面。サンスポ表一面

1313


19歳摩弥ちゃん逃げ切り初勝利/川口:日刊スポーツ
摩弥ちゃん、勝った!歴史作った!:サンスポ

佐藤摩弥選手デビュー節の成績 2着 1着 1着

さとまや父の教え

佐藤摩弥選手の父 佐藤誠也さん
父として心配はあるが、みんな生きていること自体が常に死と隣り合わせ。
「危ないからダメ」じゃなくて危ないから一生懸命練習して自信を持つことが大事。

本当にすごい注目度です。頑張っていただきたいものです。
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51646636
この記事へのコメント
サトマヤを盛りあげていくために、川口勢はもとより、永井や岩田!までの、献身的な態度を見ていると、なんつーか、じーんときます。

すごいプレッシャーだと思いますが、ビッグになってほしいですね >サトマヤ。

なんちゃって、じつはこの3日間は、ガンデンの破壊力にくらくらでしたが。(^^)

次の船橋が、似たようなシチュエーションになるので、ここもまた楽しみです。

個人的には、坂井にがんばってほしかったりして。(^^;;;
Posted by よが at 2011年07月14日 19:30
こんばんは。

先ずは上々のデビュー戦でしたね。
これだけオートがマスコミに取り上げられるのは、森君のデビュー以来かと。

1人のオートファンとして、喜ばしい事だとありがたく思っております。

中身の無いコメントで恐縮ですが、とりあえず嬉しさのあまり書き込みさせていただきました。
Posted by 曳馬 at 2011年07月15日 00:01
あら、モバイルから返信したつもりが・・・

まさか、デビュー2戦目の初勝利で一面ジャックとは思いませんでした。
本当に、ありがとう。と言いたいですし。おめでとう〜ですよね。

JKAちょっとやりすぎでは・・とは思いますが(笑)

30日の船橋。坂井宏充デビュー戦。何とかして見に行きたいと思っております。
Posted by para080 at 2011年07月16日 13:25
一昨年・去年のSS王座の時より売れてますなあ>単勝(去年は永井の返還があったものの)

記念投票したかったけど哀しいかな、電投・場外では買えない(泣) なんとかしてよう振興会
Posted by 名無し at 2011年07月19日 17:06
オートの単勝は本場しか買えない記念車券。みたいもんですが売れましたね〜
オッズを見て他の選手の単勝を買った私もいましたが(笑)

場外での発売はもちろん、JRAの「がんばれ馬券」みたいな形で発売してほしいですよね・・大してコストもかからないと思うんですけどね・・・
Posted by para080 at 2011年07月22日 05:23
川口をはじめ、浜松、飯塚と、ぞくぞくと新人選手がデビューしてますね〜

でも、なんかシビアなレース選定をしているところと、そうでないところに分かれているよーな気がしますが・・・ん〜気のせいかな。川口では新人の勢いがすごいですね〜
思わず、2級車時代の高橋祐一を思い出しました^^

これからも、がんばってもらいたいですね


Posted by 転勤族 at 2011年07月23日 22:08
川口の選手は新人時代は評判がいいんですけどね・・どうなるのか?ですが

29期から30期までの募集がない期間が非常に長かったので、新人が2年に1回デビューするというのは当たり前かも知れませんが・・色々思うところがあります。

高橋祐一ですか〜セアに乗り変わったくらいの時は記憶にありますが・・
怪我か落車で・・でしたっけ?ちょっと曖昧な記憶ですが・・

ホント、2級車時代は勉強の時期だと思いますので、ホント順調に成長して欲しいです。

全選手に期待しております。

Posted by para080 at 2011年07月24日 10:13
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: