2011年05月03日

浜松オートの新・司会・実況の鈴木晴也さん

年度替りとなる4月から、浜松オート中継が変わりまして

司会・実況 鈴木晴也 アシスタント 森上リエ・安原幸子

23年0123年度02

〜22年度
ナビゲーター 山咲さくら アシスタント 森上リエ・安原幸子

22012202

〜05年までレギュラー06年〜グレードレースの時登場していた
垰口美穂子さんがどうなるのかはわかりませんが

垰口

浜松オート中継の名物だった、「浜松オート3人娘」。は終了なんだな・・・なんですが

浜松オート中継。前年度まで、制作 日本写真判定。だったのが
今年度から 制作 山口シネマ。協力 日本写真判定。に変更。

22032303

この流れもあるのでしょうし

2005年から日本トーターに包括的民間委託になった浜松オート
5年間の契約が10年度末で満了。5年間黒字経営。この経済効果が認められまして

トーターとの契約が2年間延長。12年度までは存続が決定。

今年の秋には、1989年を最後に20年以上実施していないという
走路の全面改修を実施。(表層だけのオーバーレイは3度実施)工期は三ヶ月程度を予定。

老巧化したスタンドやら、色々経費はかかるわけですし・・

参考 建設業界ニュース静岡版
【静岡】浜松オート存続へ。スタンドは建替方向で調整(9/3)
【静岡】浜松市 レース場走路改修を1・四半期(4/1)

2年後を見据えた、日本トーターの動きの一つなんでしょうが
去年までスタジオと実況席は離れた場所にありましたが、今年度から、変わったんですね〜

どこにあるのかは、未確認ですが・・・

風の噂で、浜松オート中継がガラリと変わるとはきいておりまして、
色々期待というか注目していたのは、司会・実況が誰になるのか?でしたが

立野純アナから続く、実況とは打って変わったスタイルの方でして

鈴木晴也 さん

ブンブンブログにプロフィールが掲載されておりましたが

鈴木晴也さんはこれまでに静岡エフエム放送・「K−MIX」や浜松エフエム放送・「FM-Haro」にてDJ&パーソナリティをこなしており、 以前にも浜松オートにて選手紹介などを行ったことのある実績を持ちます。 CS放送もFMラジオを聞いているようなバイリンガルっぽさを感じさせます(笑)

BUNBUN

島田出身の晴也さんは、若い頃から祖父に誘われて浜松オートへ見に来ていたとのこと。 トライアンフやメグロ時代のオートにも詳しいのだそうです!

「今節よりCS放送の司会と実況を担当させて頂くことになりました、鈴木晴也と申します。 どうぞよろしくお願いします! これまでに幾度か、浜松オート内のイベントでお仕事をさせてもらいましたが 、本格的にオートレースのお仕事に参入するのは今回が初めて。でも、けっこう前から 浜松オートにはちょくちょく足を運んでいたんですよ。私の祖父がオートレースが 大好きだったものですから(笑)ですので、CS放送の中で、ゆくゆくは当時の昔話も盛り込んでいきたいですね。
ブンブンボーイ・ダイアリー:2011年04月23日 より ※赤文字当方。


前任の野村アナがブンブンに登場したのは登場後かなり後だったのに・・・
ではなく、今回は司会・実況ですからね、また注目度が違うのでしょうが

DJ&パーソナリティの鈴木晴也さん。オートいや公営競技の実況初ですか。

でも、けっこう前から浜松オートにはちょくちょく足を運んでいたんですよ。

というのは、リップサービスではなさそうで
私も少し調べてみましたが今も昔も、趣味に「公営競技」。となっておりましたし

seiya

昔の日記を確認しますと

ハタチの時、三重の大学に通っていた、セーヤさん。バイクにはまっていたそうで

大学があった三重県には、鈴鹿サーキットという国際コースがあり、ライセンスを取ってお金を払えば走ることができたのです。
そのためには、バイクとライセンス、つなぎにヘルメットにグローブにブーツ、オイルにガソリンに・・・と、枚挙に暇がありません。
当時ローンで買ったバイクが40万円あまり・・・。つなぎが12万、メットが3万、グローブとブーツで3万、ガソリンにいたっては、リッター360円もしました。(航空燃料だから高いのね・・・)

日記 
3年になる頃、憧れの鈴鹿サーキットのライセンスを取ることができ、月1くらいで走ることを始めました。
目標は、ノービス(いわゆるアマチュアクラスね)のレースに出場して、完走することでした。
振り返ると、あの頃結構マジに生きていたかなと思います。

ところで、「悲劇は突然やってくる」という言葉がありますが、昔の人はよく言ったものです。
ホントに突如として、「悲劇」は訪れました。バイクの整備中に、手を怪我したのです。
左手の人指し指がチェーンに巻き込まれ、危うくなくなっちゃうところでした。
で、バイクのほうは泣く泣く断念。学校のほうもバイトにいそしみすぎて、その年の年度末に「留年」という有難い(?)ご沙汰をいただき、踏んだり蹴ったりの年だったことを覚えています。

2000年1月「DJ Hallelujah SUZUKI SEIYA HOMEPAGE」(閉鎖) より。


何と言いますか、色々読んでみましたが、さすがDJ。なかなか面白そうな方だな〜なんですけど。

バイク好き=オート好き。とは単純に行きませんが・・
趣味:公営競技にオートレース。が入っていると思っていいと思います。

単純にオートに興味がある方がやってくれるのは嬉しいな〜ということですが
気になったのが、赤字にした、この部分。

以前にも浜松オートにて選手紹介などを行ったことのある実績を持ちます。
これまでに幾度か、浜松オート内のイベントでお仕事をさせてもらいましたが

ここ最近、CS中継や場内イベントの司会は、安原さん森上さんだけで記憶にありませんでしたが

調べてみますと、2006年の開場50周年記念ゴールデンレースの表彰式MC。2005年の秋のスピード王決定戦のイベント告知では、「DJ鈴木晴也」登場と大々的に宣伝されていました。

DJ鈴木晴也による優勝戦出場選手場内インタビュー
DJ鈴木晴也による優勝戦出場選手の紹介

オートレース|GI第47回秋のスピード王決定戦イベント01オートレース|GI第47回秋のスピード王決定戦イベント02

準決勝戦1・2着選手(9R〜11R)のインタビューを地元FM局「FM−HARO イブニングウェブ」でお馴染みの鈴木晴也氏の司会により行います。
地元FM局「FM−HARO イブニングウェブ」のDJ鈴木晴也氏が優勝戦出場選手の紹介をします。


つまり、静岡県では本当に有名な客を呼べる方なんでしょうね・・・

記憶にあるのは、2007年のG1第48回スピード王決定戦の優出選手紹介
・・・ブログネタにしておりましたが

優出選手紹介

地元のエース信夫をすっ飛ばし、あのクールな信夫をムッとさせた・・・(睨んでますw)

ch1_20070131140428531

2007年のG1第48回スピード王決定戦

あの司会の方でしたか〜(笑)


地元のエースをムッとさせ、「大変失礼しました」。と謝った、鈴木晴也さん。
その後、中継で流れるイベントでは見た記憶がありませんで

あれはマズイよな・・出入り禁止だな(笑)と思っていましたが
(浜松本場に行っていませんので、想像だけですが)

まさかの、司会・実況で浜松オート中継に登場。
信夫とのカラミはあるのか?とか心が踊る私がいるわけです。

茶化しているわけでなく、ネタになりそうな方だな〜なんですが
ラジオのDJは聞いたことがありませんが、非常に濃い人のようでして(笑)
実況スタイルは、他のアナと比べてると息の入れ方などやっぱ本職の方とは違いますが

略歴を見ますと

ラジオとナレーション、イベントMC、Jリーグ実況が現在の活動の中心。
リスナーとの対話を大切にし、正当な音楽番組からバラエティまで幅広くこなす。
今後はこれまでの経験を生かし、笑えて、それでいてちょっとまじめな(?)なおかつ
音楽も楽しめる番組を追求して行く。ナレーションは軽くスピーディーなノリで最近で
は主にスポーツ番組を担当。


そして、昔のHPをみますと

生来の出たがりの性格から、「和」というものを乱しがちだったのです。

せーや。

そんな、浜松オートの新しい、司会・実況の鈴木晴也さん
まだまだ様子見で、地は出していないというか・・本領は発揮していないとおもいますし
今までなかった・・オートレースのいや公営競技の司会・実況がみれるかも・・・知れません。

島田高校OBという鈴木晴也さんに、色々これから期待したいというか・・・してくれないと困るわけです。

地元のラジオ局のDJ使って・・経費削減かよ!!とか陰口を言われないように・・
2年間?本当に頑張っていただきたいものです。なんせ浜松オートには余裕はありませんので・・


と久々にブログ更新してみました。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51623174
この記事へのコメント
お帰りなさいまし。

鈴木晴也さん。「スタートをしました」というので、なんというか、最初から力がぬけます。「を」はいらないんじゃないかと思うんですが。(^^;
Posted by よが at 2011年05月03日 08:59
よがさんだけですよ、そう言ってくださるのは(汗)

他から実況を呼ぶと交通費が高いから経費削減で地元の方を・・
じゃないでしょうから、違う世界からきたプロのセーヤさん。
オート実況はこんなもんだと指導した方もいないと思いますし・・

何事も期待はせず、ある物を楽しむ。という考えに落ち着いた私ですが
記念の時は、垰口さん登場に期待したりしている私がおります(笑)
Posted by para080 at 2011年05月03日 23:23
久しぶりに更新されるや
さすがのクオリティに脱帽しております

鈴木さん、今のままではどうあがいても・・・なんで
それならいっそ、異分野から来たわけですし
思いっきり自分らしさを出してくれれば・・・

風前の灯、断崖絶壁、首の皮一枚
色んな形容が出来る今の浜松オートですが
救世主になってくれれば、とも思ったりしています
Posted by スピードキング at 2011年05月03日 23:45
あら懐かしい名前が(笑)

単純に経費節減で地元の方と思いましたら、他分野で名を馳せた方だったんですよね〜

まぁ、とにかく、あるモノを楽しみましょう〜ということですよね。


Posted by para080 at 2011年05月04日 00:15
ご無沙汰しております。

更新待ち望んでおりました。
しかも浜松ネタからのスタート、ありがとうございます。

鈴木晴也さん。新興FM局的な語り口調ですね。

吉完氏や堂前氏のようないわゆるオーソドックスな実況とはかけ離れてる感じですが、自分的には「あり」かな?と思います。
山陽の声が裏返ってしまう方や、「ギャオ」の方よりは聞きやすいと思います。

ただ、バックストレッチを「向こう正面」(←ボートの実況では結構使う方いますが…)やら、すでに4〜5周回なのに「早くも」みたいなフレーズが出たりとか、まだ慣れていないようで的確に実況できていないような気もしますが、浜松ホームの私としては長い目で見ていただければなぁと思います。

ただ、残念なのは野村アナの「さぁ行こう優勝戦」がもう聞けないのと思うと、淋しい ものがありますね。

ともあれ、走路、スタンド改修と存続の方向で進んでいるようでありがたい事だと感謝しております。
Posted by 曳馬 at 2011年05月08日 21:27
お久しぶりです。
不定期になるとは思いますが自分メモがわりに更新していきたいと思っております。

DJ鈴木晴也さん、オート実況は素人といっていいと思いますが、有名DJだそうですから・・・何とかしてくれるとは思います。

静岡ローカルでは有名なのかも知れませんが・・
あまりに情報がないし前にやらかした印象が非常に強いのでネタにしてみました。

与えられてものを楽しむしかありませんが、ただ、野村アナの降板は残念というのは同意見でございます。

※野村アナはこのコメントに対して
「涙で前が見えませぬ…(つД`)」。と大変感激しておりました。

2年後に向け動き始めた浜松オート。色々良い方向に動いて欲しいものですね
Posted by para080 at 2011年05月09日 12:10
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: