2011年01月31日

本当だった「プロテストの受験費用は競輪で稼いだ」。青木功

世界の青木。と言いますと、ギャンブル脳の私としましては

ロードレース世界選手権(WGP)の125ccクラスで2度チャンピオンとなった、現オートレーサーの青木治親。と言いたいですが

やはり、プロゴルファーの青木功。

輝かしいプロゴルファー人生。
1983年のハワイアン・オープンで劇的な逆転優勝のシーンが思い浮かびます。
青木功「ハワイアンOP逆転優勝お宝ボール」を発見:東スポWEB−東京スポーツ新聞社

それ以降、青木姓が世界で活躍すると「世界の青木」。と呼ばれたりしますが

ちばてつやが週刊マガジンで連載していた、「あした天気になあれ」でも
「マッチプレーの鬼」「世界の青木」 として登場しておりまして

3回戦に駒を進めた太陽の次の相手は、「マッチプレーの鬼」と恐れられる青木プロ。その呼び名にふさわしく、口八丁手八丁で太陽を眩惑させる。ホールが進むにつれて差を広げられ、あげくの果ては、ギブアップしろと青木に言われる始末。余裕しゃくしゃくのその態度にいい加減イラッときた太陽は、ネバーギブアップの精神を取り戻し、青木に真っ向勝負を挑む!! 残りのホールはあと僅か。太陽、奇跡の大逆転となるか!?


あした天気になあれ 14 超難敵!「世界の青木」編 (SHUEISYA HOME REMIX)

完全に青木功。として登場していたのか?覚えておりませんが

※調べたところ
マッチプレーの鬼と恐れられる世界の青木。「青木功一」。となっていました。

世界のアオキ01世界のアオキ

主人公の向太陽の最後の相手が『帝王』J・ニクラス。でしたが
ジャック・ニクラスではなく「ジョン・ニクラス」となっていましたが

今は、色々うるさそうですが・・・
おおらかな時代?だったんのかな?〜とか何となく思いますが

そんな、青木功の名言やエピソードは色々聞いたことはありますが

一番印象に残っていたのは

プロテストの受験費用は競輪で稼いだ。

という、ギャンブル脳の私でございまして・・・
正直、青木と競輪の接点が思い浮かびませんで・・

本当なのかな?と思いましたが
ゴルフも競輪も勝負師なのかな?我孫子出身だから、千葉競輪か松戸か?

とか、もしかして有名な話かもしれませんが、長年の謎でございましたが

それが、日本経済新聞に連載されていた( 2010年2月1日〜28日 )

「私の履歴書」が単行本になりまして、読んでみたところ

青木功 プレッシャーを楽しんで (私の履歴書)

青木功 プレッシャーを楽しんで青木功 プレッシャーを楽しんで (私の履歴書)
青木 功

日本経済新聞出版社 2010-11-16
売り上げランキング : 114568

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

受験資金はギャンブルで 試合に出られず競輪ばかり

受験資金はギャンブルで

という項目がありまして、長年の謎が解決したわけです(笑)

詳しくは本を読んでもらいたいのですが・・・

飯能ゴルフ倶楽部時代、西武園競輪場が近かった青木さん
元々ギャンブルが嫌いではく競輪にはまった青木さん
プロテストを受けるころ、手元に3万円しかなかった青木さん

西武園競輪で勝負
4−4とか2−4とか4−2の車券を買っていたら、4−4が来て4千円以上の配当
4−4は5千円買っていたそうでして

ゴルフ記者に「青木は、競輪、競馬で金を作ってプロになった」。と書かれ
怒ったこともあったそうですが・・「まんざらウソじゃなかった」。


勝負師だな〜ですし
この項には、他にも競輪関係が色々書かれておりますので、その部分が興味が有る方はご購入して読んでいただければですが

2008年刊行の「パットの神髄」

パットの神髄 (知的生きかた文庫)パットの神髄 (知的生きかた文庫)
青木 功

三笠書房 2008-04-21
売り上げランキング : 35955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1.5メートルの打ち方で、これだけは絶対にいっておきたいこと

「左足に体重をかけるな」

は、マジかよ・・・と思いましたがw

「世界の青木」が、今は知りませんが。当時、競輪にはまっていて
プロテストの受験費用は競輪で稼いだ。
は本当だったんだ〜とわかって、ちょっと嬉しかったということです

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51594284
この記事へのコメント
私は色々な所で青木功プロの話をさせて貰ってますが、必ず500バンクのホーム特観席に居た時期が有りましてフォーカス誌に撮られた時が有りましたよ。私の弟子と同部屋で鳥取のワールドウイング(初動負荷理論)の小山裕史学校から電話を貰った事が有りました。日本の一流プロスポーツ選手やオリンピック級選手が冬に合宿するのですが、おそらく最年長参加者だったのでしょうが研究心とゆうのか追求する気持ちが凄いと思いましたね!
Posted by ミッチー永倉です(^Q^)/ at 2011年02月04日 21:33
青木プロの本を読んで、この話が出てきた時、あ~やっぱそうだったんだ。と色々調べたのですが・・見つからずありがとうございます。

まだまだ知識不足ですので、機会があれば、ドコかの場で、永倉さんの青木プロ話をなどを聞いてみたいものです。

それにしても、バッハで気が付きましたが
「ミッチー永倉」。で活動なされているんですね~ちょっとびっくりしました(笑)
Posted by para080 at 2011年02月04日 22:42
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: