2010年12月30日

気分良く、KEIRINグランプリ2010(GP)予想。

12/23 SG第25回賞金王決定戦 (住之江競艇場)
12/26 第55回有馬記念(GI) (中山競馬場)

12/29 第56回 東京大賞典(JpnI) (大井競馬場)
12/30 KEIRINグランプリ2010 (立川競輪場)
12/31 SG第25回スーパースター王座決定戦 (川口オートレース場)

かたい決着でしたが、本線で、東京大賞典が当たりまして、残り二つとなった「年末5大レース」の資金が出来まして、珍しく気分良く年末を迎える私ですが

30日は、競輪界最大のイベントKEIRINグランプリ2010(GP)

競輪といいますと、28日のヤンググランプリ2010。
8番手から豪快にまくった20歳の深谷知広(愛知)
競輪オフィシャルサイト

深谷から買って抜けてしまいましたが、深谷の強さには正直、ビックリしました。

深谷

あそこから、簡単に届くのか〜いやいや来年が楽しみで仕方がありません。

正直、GP2010の予想という買い目は
日刊スポーツの棚町文弥記者の予想に乗るのを去年の内に決めていましたが。
日刊スポーツ競輪担当・棚町文弥記者 GP的中本紙記者「借金を返せた」
<京王閣競輪:KEIRINグランプリ09>◇最終日◇30日◇GP
日刊スポーツ競輪担当・棚町文弥記者は30日、京王閣競輪場で行われたKEIRINグランプリ09で、◎→○→▲を打った海老根、武田、伏見が印通りに1着、2着、3着に入るという、完全的中を果たした。2車単は2550円、3連単は1万1550円の配当。  前日29日のSSカップみのりも◎→○→☆で3連単1万4390円を仕留めている同記者は、昨年のKEIRINグランプリも2車単6840円を、全国のスポーツ紙競輪記者でただ1人的中させており、これで2年連続のグランプリ的中の快挙達成。「会心の予想。これで今年の借金を全部返せた」と弾けるような笑顔で話した。  
nikkansports.com[2009年12月30日17時34分]
この、。「会心の予想。これで今年の借金を全部返せた」と弾けるような笑顔で話した。という、棚町文弥記者の予想目がわかるのは、30日の朝の日刊スポーツでして

車券購入には間に合いますが

JKAプレゼンツの
年末頂上決戦!競輪×オート コラボ企画 WINNER予想 100万円争奪戦

JKAプレゼンツ 
JKAプレゼンツ 年末頂上決戦!競輪×オート コラボ企画 WINNER予想 100万円争奪戦

100万円争奪戦の締切2010年12月29日(水)23:59マデ

100万円争奪戦

に間に合わないわけでして、
本線の買い目は、棚町文弥記者の予想目の予定の私ですが(笑)
いつもどおり、自力で予想をした私がいるわけです。
もちろん、ココに記載した予想目は、もちろん責任持って買いますので・・

立川競輪場12月30日11R
KEIRINグランプリ2010【GP】
車番
選手名
所属
年齢
1 武田 豊樹 茨木 88 36
2 村上 義弘 京都 73 36
3 山崎 芳仁 福島 88 31
4 市田 佳寿浩 福井 35 35
5 海老根 恵太 千葉 86 33
6 佐藤 友和 福島 88 27
7 村上 博幸 京都 86 31
8 平原 康多 埼玉 87 28
9 伏見 俊昭 福島 75 34

2010/12/30(最終日)第11レース(S級 GP)

佐藤-山崎-伏見
平原-武田
村上兄-村上弟-市田
海老根

結局、近畿の並びは、村上兄-村上弟-市田でいいのかな?
北の3人。友和がジャン先行を躊躇なくすれば?山崎なんでしょうが・・番手の山崎に疑問ですし近畿の誰かがちょっかい出さないか?それに、伏見の高度な作戦は理解出来ませんし・・・まぁ、ラインですんなり決まるとは思いませんし・・・考えが色々まとまりませんが

とりあえず、「競輪×オート コラボ企画 WINNER予想 100万円争奪戦」で選んだのは

武田豊樹。

平原が前とって、近畿か北が行くのを待ってまくりか、それとも、カマシでもで・・
武田の頭固定で、前の二人がダメでも直ぐ動ける伏見。平原。市田、村上兄、海老根

1-489-24589。を購入予定です。

近畿の作戦がよくわからないので、今朝の新聞でまた考え直すかも知れませんし、
日刊の棚町文弥記者の印も確認しないといけませんが(笑)

とりあえず、参考になりませんが、私の事前予想というか買い目は武田からということです。

追記
北日本が動いても、平原動かず・・・もちろん私の車券の頭の武田も動けず。終了

最終ホームまで誘導を使った、友和の先行。村上兄の捲り不発で北日本のワンツー
ザキヤマさん悲願のグランプリ制覇か?

と思いましたが、兄のスピードに乗った弟が内に上手く入り、山崎とほぼ同時ゴール

201001

きわどい1着争いも、村上弟、、右手を突き上げるも

201002

でも、グランプリは、2着でも・・やっちゃう人いたからな・・と思いましたが

村上博幸が、番手まくりの山崎を1センチの微差で交わし、GP初制覇。

村上弟

KEIRINグランプリ2010優勝者の横顔

2010年の競輪界は近畿中心に、いや、村上兄弟だったな・・

201003

それにしても、平原・・・海老根が後ろに着いたから動かなかったのか?それとも。体調が戻っていなかったのか?何もやらず9着とは・・

GP

見事、買っていない、7.3が1着2着だったりしたわけです。

仕事しない伏見の3着付けだったか・・とか思ったり、日刊スポーツ1面の棚町文弥記者は海老根本命でしたので、予想に乗らなかったりしたわけです(笑)
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51582595
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: