2010年11月10日

「リアル戦場カメラマン」発見。GII川口記念 2日目

施行者として埼玉県撤退により、伝統の「まがたま杯」のかわりに誕生した
G2「川口記念」。今年で3回目だと思いますが、過去の冠は

2008年 サンケイスポーツ杯  2009年  週刊実話杯

で、ございましたが、今年は、「報知新聞社」の冠の

報知新聞社杯 GII川口記念
川口オートレース場11月9日(火) 10日(水) 11日(木) 12日(金)

川口記念

川口オートレース - 報知新聞社杯G?川口記念

なぜか、川口記念恒例の「クリスマスツリー点灯式」はおこなわれませんで

2010年クリスマスツリー点灯式

次々開催の11月27日(土) ゲスト ほしのあき

4日間平日だからかな?とか思いましたが・・どうなんでしょうかね?
そんな、G2川口記念。初日、二日目とちょっと川口本場まで行ってきましたが

報知の淡路記者のブログでも告知されていましたが

....あとは、シリーズ中に来場して、
スポーツ報知を定期購読契約(だったと思う)してくださった方に、
ワタクシがこれまで撮りためていたショットを大きく引き伸ばし、
それに各選手のサインを添えたビッグサイズの写真をプレゼントするとのことです
オートランタブレーブス:2010-11-05 より


そんな、報知ブースへ初日行ってみましたが・・

報知

あら、閑古鳥。そして二日目はブース自体なし。
私、両日5レース以降に場内に入りましたから、すでに写真の予定数終了だったのか?

最終日に確認しましたら、初日、開始して直ぐあっという間に予定数終了。
選手サイン入り写真の追加もムリで、二日目以降、報知ブーズは終了だったそうです。
<

それとも、裏というか、同じ埼玉県の戸田競艇場で、「開設54周年記念 G1戸田グランプリ」

戸田グランプリ

の準優、優勝戦ともろかぶり。そして、平日ですからね・・
何かさみしい気がした場内ですからね・・よくわかりませんが・・・

いや、真のオートレース好きが集まっていた川口オート
まったりと車券を買っておりましたが、二日目に気がつきましたが

あれ、竹内正浩(伊勢崎オート選手会支部長)のカメラマン姿が

リアル戦場カメラマン01

伊勢崎オート中継での「TAKEUCHI Photograph(竹内写真館)」は有名ですが
まさか、他場の川口でも・・とビックリしたわけです。

確かに、10月の伊勢崎平開催の第30回報知杯争奪戦の時

16伊

報知紙面で、「リアル戦場カメラマン 」。と命名されコラムを掲載。

リアル戦場カメラマン

その後、日本選手権でも写真を提供。今回、竹内正浩の「川口画廊」。とはなってはいましたが、本当にビックリしたわけです。

支部長になる前から「ファンに喜んでいただけるなら・・・」と語っていましたが

3Rに走った後ですよ・・・

3R

これもファンのためなんでしょうね・・・
そんな、竹内支部長の姿を目で追ってしまう私がいたわけです。

リアル戦場カメラマン03

いやぁ・・本当に出来ることじゃないな・・と本気で思います。

リアル戦場カメラマン04リアル戦場カメラマン02

伊勢崎は遠いからなかなか行けない私ですので・・伊勢崎本場でしか見れないと思った
ファンを大事にする「リアル戦場カメラマン」。の姿を目の前で見れたのは、偽りなく本当に感激したということです。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51565209
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: