2010年11月04日

加藤さんみてますか?獲りました。SG第42回日本選手権オートレース

オートレース界の最高峰。実力日本一を決める
福岡ソフトバンクホークス杯
SG第42回日本選手権オートレース 5日目優勝戦

SG第42回日本選手権オートレース

全レースオープンが売りですが・・
タイヤ、エンジンの問題もありますが、S級が96人になり・・SGの場合直ぐにハンデが・・
他のSG、プレミアム・・または、各場の記念競走で、オープンレースが珍しくないこのご時世ですが

しかしながら、これが今のオートレース。昔は良かったな〜などという気もないですから、
今のオートを全身で楽しもうとしている私ですが・・・

選手は選手権を特別なモノ。と思い。もちろんファン関係各位も・・と思いたいですが
中継は、良くも悪くも普段通りで、緊張感を感じませんが

伊藤麻子(あちゃこ)のレポート。『日本選手権・ストリーム!』 などを見ていいますと

あちゃこUST_e

不思議に、あ〜日本選手権。SGの中のSGなんだな・・気分も高まりドキドキしてきた優勝戦。

永井若井有吉荒尾

信夫平田KDSD

飯塚レース場 2010年11月03日 第42回SG日本選手権オートレース
12R 優勝戦 5100m走路情報 天候: 晴
16:37現在 走路状況: 良走路 走路温度: 18.0℃ 気温: 16.0℃ 湿度: 37.0%
枠番  選手名  ランク LG 級期  競走車名  ハンデ 試走
1 永井 大介 S 3 1 25 ダビド・ビジャ  0 3.29
2 若井 友和 S 30 1 25 モエルトウコン  0 3.32
3 有吉 辰也 S 1 1 25 タツダンス  0 3.31
4 荒尾  聡 S 11 1 27 アグル  0 3.30
5 伊藤 信夫 S 27 1 24 テトム  0 3.32
6 平田 雅崇 S 22 1 29 トラノスケ  0 3.32
7 金子 大輔 S 7 1 29 イヌドッグ  0 3.32
8 重富 大輔 S 49 1 27 ゴッドウェーブ  0 3.31

2連単 発売票数:219483 返還票数:0 差引票数:219483
3連単 発売票数:1984593 返還票数:0 差引票数:1984593
2連単オッズ

1回目のスタート。信夫が無念のフライング

12R0112R02

無事完走で、スーパースターほぼ確定。もこのフライングで終了。来年の日本選手権出場も終了。
あまりにも痛いフライング。信夫の日本選手権に賭ける思いがわかる・・ですが
だけど、気持ちが飛んじゃったのか、二度目のスタートが・・意地を見せて欲しかったですが・・

この信夫のフライング。見ていて直ぐわかる感じでして、選手も分かっていた感じで
永井や荒尾はグリップを握っていない感じだったので、もしフライングがなければどんな展開にはよくわかりませんが

12R

確かに、荒尾は前輪浮かせていましたが?どうなんだろう?そこら辺はよくわかりません。
そんなことをわかっても・・ifの世界ですが・・

追記(11/5)
荒尾本人のブログだと、ミスではないそうです。直ぐクラッチ握ったから前輪浮いたんですね。
それが本当かはもちろんわかりませんが・・
スタート切った瞬間、赤(フライング)を確認したのでクラッチを握りました。
(中略)…ということで、ミスではありません、むしろ成功だといえます。
http://ameblo.jp/defjam0628/entry-10697342178.html


2回目のスタートは、

12R0312R04

有吉が先頭で1Cへ入るところを、永井がインから・・・
いつか見た飛ぶ飛ぶ詐欺の有吉じゃもうありませんから上手く抑えるも
第2Cで永井が・・そしてその間隙をついて荒尾がやってくる

12R0512R0612R07

見所がある1周回でございました。残り9周。順位の動きはありませんでしたが
退屈ではない、目が離せない戦いでした。

今年42回目の日本選手権を制したのは、永井大介

永井大介01

ビックレース回顧>SG第42回日本選手権オートレース(開催:飯塚レース場)

本当に、喜びを全身で表現していまして

永井大介02永井大介03

片平巧に続く史上2人目のグランドスラム
SG全制覇(全日本選抜・オールスター・グランプリ・日本選手権・スーパースター)

に喜びを隠せないのかな?と思いましたが?

表彰式の時、自らマイクを持ち
-最後に一言いいたいようです。
すみません。養成所の加藤さんみてますか?獲りました。ありがとうございます。

永井04

選手養成所時代の加藤洽幸所長ですか・・・(所長としては25期〜28期)

教官

今は引退して沖縄に住んでいるそうですが

25期トークバトルの時、語っていましたが
自分の育成した選手が8人で選手権を取り合うのがいちばんの夢ですから

010203

日本選手権は特別なモノ・・
「選手権を勝ったら1人前。他のSGと格が違う重みが違う」と教えていた。加藤元所長

オートレースグランプリでSG初制覇した時
チャンピオンキャップを沖縄に持って行ったと思いますが・・

SG01

そして今回、選手権のチャンピオンフラッグ(ペナント)なんですね。

チャンピオンフラッグ(ペナント)

嬉しそうに右へ左へ揺らしていたわけがある意味わかるきがするわけです。

勝てば、グランドスラム達成。永井が自然体で偉業に挑む。
「特に意識はしていないよ。でもね、尊敬する養成所時代の所長(加藤さん)から、“勝て”とハッパを掛けられているんで。なんとか結果を残せるように、頑張ってみせる」。
(2010年10月30日06時01分 スポーツ報知)


見事、約束を守った、永井大介。
深いな〜と思いましたし、「選手権は別格」と前々から公言していたのは知っていましたが
日本選手権に、本当に特別な思いがあったわけですね。

SGグランドスラム達成もうれしいですが、自分がお客さんの頃に一番格式が高いと思っていた日本選手権で優勝できたことが本当にうれしいです。(オートHP)

「グランドスラムというより、選手権を獲れた事がうれしい。まるで夢のよう」と感慨深げだ。(サンスポ)

SGの中でも日本選手権を優勝したくて選手になったので、優勝できて全冠制覇も達成できて夢のようだし、出来過ぎです。(報知)

やっぱり、SG日本選手権オートレースというものは特別なモノと再確認した私でしたが

約束と言いますと、加藤元所長の話を確認していた時、有吉が語った

養成所のスーパーカブをぶっ壊して、出世払いにしてもらったそうですが・・
出世はしたけど、払っていないそうで(笑)今度SG獲ったら買います。

0406

と宣言していましたが、今年のSGオートレースGPを優勝し2度目のSGを獲得しましたが
さぁ、果たしてこの時の約束は守ったのかな?と思ったりしたわけです(笑)

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51562665
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: