2010年09月21日

SG第14回オートレースGP2日目。不運、落因の池田と岩田

SG第14回オートレースグランプリ(浜松)2日目

22世紀のテクノロジーが搭載された。新車「マツシバ」

マツシバ

車名の由来は漫画「ドラえもん」の誕生秘話からネコ型ロボット「ドラえもん」は2112年9月3日に「トーキョーマツシバ」工場で製造された(サンスポより)

       ____         
    /     − 、 −、\     
    /   ,  -|   ・|・  |- ヽ       
  / /    `− ●- ′  | 「 よし、ぼくが  
  | |    二二  | 二二. |  熱い世界につれてってあげるよ 」   
  | | |\ -─  | ─___)     
 _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_      
( __)\ヽ \(二二二)//(__)     
 \   ━━━━6━━  /    
   |   /___ヽ |/      
   |   | ヽ__ノ ノ |.     
   |   ` ─── ′ |       


「 オートレースだよ」
      ____           ____
    /   - 、 - 、\       /__    ヽ?
    /   , -|  ・|・ |-、ヽ       |− 、ヽ |     ヽ なんで
  /  /   ` -●-′ ヽ      |・  |─|__     | ギャンブルなの?
  |  |  三.   | 三.  |    d、__ ノ    )    !
   !  |   , -─┴─┘ !     !       \ /
 ◯\ ヽ ( ____/  /      ヽ、 ___?
 \  ━━━o━━━、         /-──|
   \| /    \  ヽ       /       |

「 わかってないな〜バイクの爆音は最高だしSGだよ
 今日11Rに出場する池田選手は”マツシバ”と車名をつけたくらい
 ドラ好きなんだから応援してあげようよ・・・。」


に乗り替え、前節の船橋一般戦優勝し乗り込んできた。池田政和。
初日、試走33時計も3着。そして2日め11R特別予選に登場

池田01

トレードマークの左手を伸ばし、大きく深呼吸〜

浜松オートレース場 2010年09月20日
11R 特別予選(枠番抽選) 3100m 走路情報 天候: 晴
16:10現在 走路状況: 良走路 走路温度: 44.0℃ 気温: 33.0℃ 湿度: 47.0%
枠番  選手名  ランク LG 級期  競走車名  ハンデ 試走
1 稲原 良太郎 A 91 1 28 ラセンガン  0 3.38
2 佐藤 貴也 S 10 1 29 エレメント  0 3.39
3 浦田 信輔 S 4 1 23 パンジャA  0 3.34
4 山際 真介 S 78 1 26 ハイバリー  0 3.39
5 池田 政和 S 12 1 23 マツシバ  0 3.39
6 松尾 啓史 S 33 1 26 ラディカルV  0 3.38
7 岩田 行雄 S 36 1 15 Sミステリアス  0 3.37
8 牧野 貴博 S 12 1 24 パナビート  0 3.37

2連単 発売票数:52745 返還票数:0 差引票数:52745
3連単 発売票数:431478 返還票数:0 差引票数:431478
2連単オッズ

初日33から39・・・試走が抜けてない時の池田は買いづらいわけですが
浦田との同期対決。何かを期待するのは仕方がありませんが

事件が起こったのは、スタート直後の1Cから2C

11R01

内に包まれ低速走行の稲原のリアに接触したか?後方の山際を巻き込み落車

11R0211R03

例え追突を避けられても後ろの山際にオカマ掘られちゃうよな、逃げ場がないとはこの事。

そして、事故はもう一つありまして、これまた1周目第3・4C

11R04

岩田と松尾が接触し落車。

11R05 11R06

これは、浦田が切り返しというか張り戻ししたところを、後ろの岩田が減速し松尾(兄)が・・
といった感じでしたが・・

松尾(兄)は危ない角度で飛んで行きましたし
2周目救護員が画面に入り込んでいましたが・・レース続行成立

11R07

この審判判断をどのように感じるかは色々考えがあるでしょうが

レースは続行。成立したわけです。
レース結果 レース動画

4選手は、車に乗せられ運ばれて行く姿が中継では映りました。

11R0911R08

落車した4選手の容態は、ブンブンによりますと

山際選手は右足打撲、池田選手は左手および左前腕の打撲、
岩田選手は左肩および胸部の打撲、松尾選手は右手および右腰の打撲と診断。
奇跡的に骨折などは見られないとのことで、午後7時15分、4選手全員が無事に
病院から選手ロッカー・ファイティングゲート前へと帰ってまいりました。
浜松オート深夜便 〜SGグランプリ2日目〜: ブンブンボーイ・ダイアリー


落車というものは見ていて気分がいいものではありませんが、選手としてはギリギリのところまで攻めている結果なんでしょうし、落車したくてしてるわけではありませんからね・・仕方が無いことだとは思いますが、ただ、不幸にして落車した4選手から車券を買っていた方には掛ける言葉が見つかりません。

今回の落因は池田と岩田

結果

オートレースって先行している車が有利なのは基本間違いないと私は思っています。
(わけわからん判定も多々ありますが・・・)

言うなら、落車の原因は、稲原と浦田の行動。だけど、落因は池田と岩田になったと思うんですよね

審議規定では、前を走っている選手に罰則を与える事は出来ないハズで・・
この基本に添った判定だと思います。察知出来ない池田、岩田が悪いのですが、でもあれは避けられないわとも思うわけです。

3、4Cの事故は、張り戻しも技術と思っている私がおりますし、でも岩田は責められないと思いますが・・

1,2Cの池田は、稲原の減速に対応出来ずリアに接触したのが悪いといわれればそうですが

不運といえば不運だと思うわけです。(別の意見もあるとは思います)
モチロン巻き込まれた、山際と松尾(兄)はもっと不運ですが・・

本当に、池田はここ最近、浜松でいいことないよな〜

2002池田

2002年オールスター(浜松)より

GI開場54周年記念ゴールデンレース(浜松)

2009年01月14日 2009年05月26日

そして、番組屋。なんで二日目からオープンなの?
9月ですが熱走路で前有利だからかも知れませんが・・

オートレースグランプリ、初SG制覇の選手が多い大会なのもありますが
色々なメンバーが優出すること多かったのに・・
3日目の 12Rグランプリ特選(枠番抽選) がいつもの優勝戦みたいなメンバーよ

豪華っていえばすごい豪華なんですけどね、色々思うところがあるのは確かですけどね。
それでも、行っちゃうんですけどね、浜松まで〜SGだから・・・

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51545221
この記事へのコメント
携帯から数名で電投をしていました。
さすがに社用のPCから出走表を閲覧できませんので。

2日目からオープンは、
「あれ?」
「表示ミス?」
「新聞をさ、東京からPDFで送ってもらおうよ」

うーん。わかりにくい。
情報がないところの悲しきところです。

気が付いていたら車券が当たっていた、とは言いません。
関係ないと思いますが・・・
オート歴の短い者としてはわかり辛いです。
Posted by HI at 2010年09月22日 00:37
初日良い着で2次予選Aに進むとハンデ重くなり、ある意味2次予選Bの方が美味しいじゃないの?と考えてしまう番組。

熱走路だから・・かも知れませんが、シラケますね(笑)
Posted by para080 at 2010年09月22日 04:03
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: