2010年07月18日

「auショップ」は、そば屋か医者か(笑)

割引キャンペーン「IS デビュー割」

p_index_campaign_01

に非常に惹かれて購入した。auのスマートフォン「IS01」

CMを見ましたが、俺っておしゃれだったのか(笑)



と思ったり、私が使っている、ライブドアブログでキャンペーンをしていますが


IS01 ライブドアブログ


IS01でブログの更新をいつでもすぐに快適に - ライブドアブログ(livedoor Blog)

本来、Wi-Fi(無線LAN)だけの利用の予定でしたが・・
まさか、アドホック通信(Ad Hocモード)に対応していない とは、買ってから気づく愚か者の私でしたが(笑)

正直、今なぜ、Android OS 1.6なの?と思っていた私はいますが、
使ってみたらあんた、結構サクサクで、結構気に入っておりますが

残念なのは、太陽光や室内光の映り込みが激しいグレア画面といのか?
自分の間抜けな顔が写る時に物哀しさを感じる事と

デザインが、兄弟機とも言える、ドコモの『LYNX SH-10B』の方がカッコよく思ったり。
『LYNX SH-10B』にはあるのに、ストラップ穴がないの非常に残念でございましたが

設定自体は、アンドロイダー[androider.jp] を参考にしてソフトを入れるだけですので非常に簡単でしたが

困ったのは、WMVストリーミング配信。公営競技のネットライブを見るすべが見当たらない事ですが・・・
WMV、WMAファイルは再生できますから、対応ソフトがあるのでは?と思った私が甘かったわけですが

Android2.2 バージョン2.2からFlashをフルサポート・HTTPのストリーミングをサポート。
と言う話ですから・・OSのバージョンアップを期待したいわけですが・・どうなることですが(笑)

そんなこといいましても、現状のIS01かなり満足しておりまして

2100円の予備用の電池パックも購入したりしたわけですが

IS 01 03

IS01 電池パック(SHI01UAA) 2,100円(税込)  IS01に関する商品 | au Online Shop

電池パックはauショップかauオンラインショップで注文できますが

auケータイの電池パックはどこで購入できる?
電池パックは、auショップまたはau online shop(auオンラインショップ)にてご購入いただけます。
auお客さまサポート/よくあるご質問

近くのauショップで購入しましたが、ちょっと色々ありまして、これが今回の本題ですが

窓口に行ってみますと、電池パックは全て取り寄せ扱い。ということでして、

「どのくらいかかります?」と聞きますと
早かれば3,4日。かかっても1週間程度。というお話でして
それならと注文をお願いしたわけですが

その時、「届いたら電話連絡」。というお話で、連絡先の携帯電話番号(否IS01)を教えたわけですが

お金は商品とが届いてからと言うことでしたし、急ぐものでもありませんでしたのでそんなに気にはしていませんでしたが

ふと気がつくと10日ほど日が過ぎておりまして・・
新製品だから在庫切れとかなのかな?とか思いましたが、だったら一言電話あっても?

と思いまして、注文から11日目に電話で、確認したわけですが

「そちらで、電池パックを注文したものですが、○日に注文しまして1週間ほどで届くと伺ったのですが、まだ連絡がないのですが、後どのくらいかかるか?教えていただきたいと思いまして・・」

と、「auショップ」を信じている私はこんな電話をしたわけですが

そうしましたら、電話受付のお姉さん。確認してくれまして、2分ほど待ちましたら

「本日届きました。」
 
いやいや「auショップ」は、そば屋か医者だったのか(笑)

「そば屋の出前」
苦情の電話を入れるとよく「今出ました」と言い訳されるといわれており、このことに例えて物事の遅延に対する安易な応対や言い訳を「そば屋の出前」と称されている。
「医者の只今」
医者は往診の時、すぐ行くと言っても、なかなか来ないところから、あてにならないことのたとえ。

絶対違うよな(笑)おれ忘れられてたんじゃないのか?と疑問を持っても私が悪いとは思いませんが

苦情など言う気もありませんから、「本日受け取りに行っても・・」。と聞きますと

「お渡しする準備はできました。」 と一言。

マニュアルなのかな?とまた疑問を持ちましたが、これもまた面白いわけです。

電話から3.4時間後にこの「auショップ」に向かったわけですが

中に入りましたら奥に二人ほど先客がおりましたが、順番カードの機械待ち人数表示は0。
その機械の「料金お支払い・付属品購入」のボタンを押し。番号が書かれた紙を持って待っていましたら

奥から若い兄ちゃんが出てきまして、空いている机に案内と思いその場所に向かいましたら

「いや、こちらで」。とカウンター(立ち)で受付開始。
そして「本日は料金のお支払いですか?」といきなり一言。俺ってそんなふうに見えるのか(笑)

普通は「本日はどのようなご要件で」がマニュアルじゃないのか(笑)

ここまでくると、面白くて仕方が無いわけですが。
「いや、注文した電池パックを受け取りに来ました。」といいますと、奥から商品を出してきたわけですが

「IS01用の電池パックで間違いありませんね。」 これで、間違いありません。
「では、2100円になります。」  了解しました。とぴったりお支払い。

店員が、お金を受け取り。電池パックは机の上に置かれ。確認もその状態で10秒ほど待っていましたが

レシートは出さない。袋に入れますか?とも言わないわけでございまして、もちろんありがとうございました。の一言も無し、ダメだハズレだ(笑)と呆れて帰ってきたわけですが・・・

【auショップ銀座】はネタとしては面白いけど最低だな〜もう行かないわ(笑)

こんな、素晴らしい思いをして手に入れたIS01の「電池パック」

IS 01 04

やっぱ、エネループにしとけば良かったな〜と思ったのは仕方がないわけです。

Micro-USBケーブル(通信・充電切替スイッチ付き) MBCSW SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS

まだ、Micro-USBケーブルについて情報もなく・・調べもしなかったわたしがわるかったのですが・・

それにしても、ハズレを引くな〜と本気でおもったわけですし、ちょっと面白かったわけですが

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51517112
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: