2010年05月29日

『煮こみ・味一番』居酒屋「ふくふく亭」(東神奈川駅西口)

2010年3月31日。59年の歴史に幕を閉じた花月園競輪

花月園競輪場の食堂で有名なのが
元祖にこみライス(600円)で有名な「ふくふく亭 (かずさ屋)」

この、「ふくふく亭」については、ネタにしましたが
花月園競輪場名物。元祖にこみライス「ふくふく亭」

花月園競輪、最終日。行列に並び食した、元祖にこみライス。

仕方がないのですが・・煮こみが足りず、大根の添え物は品切れ・・

ふくふく亭煮こみライス

でも、これを食べると、花月園なんだな〜と感じる味でしたが

そんな、ふくふく亭。新聞記事にもなりましたが、居酒屋として、東神奈川駅近くで店を構えるそうで・・・

 31日で閉鎖となった花月園競輪場(横浜市鶴見区)で、60年にわたって競輪ファンに愛された店がある。「煮込みライス」が名物の「ふくふく亭」。いったんは店じまいを考えたが、閉店を惜しむ声に押された店主の横田福江さん(67)が再出発を決めた。JR東神奈川駅近くに4月、同じ名前で小さな店がオープンする。 asahi.com:マイタウン神奈川:2010年04月01日 より


感謝とご挨拶。
花月園競輪場の廃止にともない
この度、当店「ふくふく亭」も閉店することとなりました。
競輪場の開設以来60年に渡り
常連の皆様にはご愛顧いただいておりましたが、
やむを得ない事情ですのでご理解ください
なお、今後は左記の住所で新たに
居酒屋「ふくふく亭」として営業を開始します。
皆様の期待にお応えできる様頑張ってまいりますので

今後も宜しくお願い申し上げます。ふくふく亭 店主 横田よし江

ふくふく亭03

新店舗のご案内
4月下旬開店!ご来店お待ちしております。

居酒屋ふくふく亭
横浜市神奈川区西神奈川1−8−8 電話(画像参考)
JR東神奈川駅より徒歩2分。東急東白楽駅より徒歩7分
定休/日曜・祝日
営業時間 夜/午後4:00〜10:00


正直、遠いのですが・・・
ランチの時でも行こうと思っていましたが、電話確認すると夜だけの営業になったそうで

なかなか行く機会がありませんでしたが、やっと行く機会が出来まして、「ふくふく亭」。に行ってきました。

京浜東北線に乗り、いざ東神奈川駅へ

東神奈川駅

新店舗ご案内の地図に間違いはありませんで
西口を出て歩道橋を渡り、目の前の右手にローソンがある道を真っ直ぐ歩き、左側にタバコ屋が見えたところで細い右の道に入りちょっと歩くと・・・

見えるは、居酒屋「ふくふく亭」

ふくふく亭01ふくふく亭04

赤ちょうちんには『煮こみ・味一番』。ホッピーもあるのか〜

ふくふく亭02ふくふく亭03

時間は4時ちょっと過ぎ。常連で混む前に軽く食って帰ろうと思いましたのもありましたが
私が一人目の客だったのですが、「よろしいですか〜」。と確認後、着席。

店内見渡すと、競輪のCS中継も流していませんでしたが、キレイな店内で・・・
カウンター奥の厨房で3人のおばちゃんで切り盛りしているみたいですが

カウンターはなぁ・・おなじみさんじゃないしな・・と4人掛けの席に一人で座り。

なんとなく、プレッシャーに耐えきれず生ビールを注文。

そして、壁のメニューをじっくり見ていましたが(写真は一部)

メニュー

それが、メニューに煮込み450円、お持ち帰り1000円〜はありますが

『にこみライス』が見当たらないわけでして・・・

「すみません〜にこみライスできますか?」。と聞くと、大丈夫よ。と返事が返ってきまして
ちょっと安心しまして、ビールを飲みながら、「にこみライス」の登場を心待ちにしていたわけです。

5分ほど待ったかも知れませんが・・その間におなじみさんが2人ほどやってきましてカウンターへ
和やかな会話をしていましたが、私は一人ビールを飲んでいたわけですが

カウンターの奥から、「ご飯は別にする?」との声が、いやいやいや・・と

「いや、一緒にしちゃって下さい。」。といますと、「花月園風ね」。 と声が・・何かこれだけで涙が出そうな気が・・・

そして出てきた、にこみライス

にこみライス

大根の添え物のついてるよ・・・・これもライスの上にのっけてと、そして
「すみません〜写真いいですか?」と、許可をいただいたので写真を取らせてもらいました。
許可をとるのが、個人的には当たり前の行為だと思っていますので・・・

あの花月園の空間で食べるからこそ・・の「にこみライス」なのか?と思っていましたが・・
美味しい美味しい。大量に煮込むわけでないので、あの時と味は違うのでしょうが、基本の

「内臓はもともと味がないから、調味料は良いもの使ってるの。母からの言いつけなのよ」と福江さん。煮込みの具は牛の内臓とこんにゃくだけを使い、「原産国は秘密」という塩、愛知・岡崎産の赤みそで味付けして2時間煮込む。

は変わっていないのでしょうね〜。花月園では一気食いというか犬食いでかきこんでいましたが
今回は、味わいながらゆっくりとビールを片手に食べていましたら、

「スプーン使う?」との声が・・・スミマセンね・・ブキッチョですから(笑)

しかし、雰囲気いいよな・・・
定食セット(御飯+御味噌汁付き)200円だと思いますが・・熱々の御飯が大量ですよ。

そして、漬物(ナス)と煮込み単品。そしてホッピー(白だけ)を注文。

ホッピー煮こみ

本当は、なかなか来ることが出来ませんので・・・もっと食べたいのですが・・
正直、「にこみライス」だけで、お腹が一杯だったわけですが

40分ほどの滞在だったと思いますが、お勘定で、2030円だったかな?

帰り際に、やっぱりランチは・・まだやらないんですかね?と聞きますと
ちょっと困った顔をしていましたが

ふくふく亭05

お店の昼の部の部分はテープで隠してありますからね・・・・色々事情があるのでしょうね。

すると、カウンターにいた常連さんが、
「俺もさっき言ったんだけどさぁ、気を使う店じゃないんだから酒が飲めなくても来ればいいんだよ」

ちょっと趣旨が違いますが、本当に気を使う店というか敷居が高い店ではないのは確かですからね。
夜でも、花月園競輪場の名物(だった)元祖「にこみライス」。を食べに来るだけでも問題ないのでしょうね。

遅い時間になるとまた違うかも知れませんが、正直、店内で花月園競輪の面影とかはそんな感じませんでして、素人お断りではなく、花月園ファン以外の方でも普通に楽しめる居酒屋だと思います。

単純に、ここの、「にこみライス」。は美味しかったわけです。また機会があったらですが・・遠いのよ・・・

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51491330
この記事へのコメント
始めて、コメントさせていただきます。

私は、競輪は全くやらないのですが、昔、花月園競輪場に、若干かかわりがあったもので、閉場の新聞記事は、感慨を持って読みました。新しい「ふくふく亭」に行ってはみたいが、新聞記事の「駅から5分」では探すのがたいへんだと思っていたところ、こちらのサイトの記事を見つけました。

1か月ほど前になりますが、あの地図のおかげで、すぐに、お店を発見できました。インターネットの情報の有り難さを実感したものです。ありがとうございます。

私も、煮込みライスを注文。その後で、メニューにないことに気がつきました。でも、無事、作っていただきました。器が違うと、味も、違って感じるようですね。

昨日、他の用事で、東神奈川へ行ったので、また、煮込みライスを食べようと行ってみたら、ご飯が、終わってしまっていました。残念(!)。私は、お酒は飲めないので、食べるだけですが、機会があれば、また、行ってみたいと思っています。

そんなことで、こちらのサイトのことを思い出して、最新の記事を読んだら、なんと、また、「ふくふく亭」のことを、書いておられる。なんたる偶然(!)と驚き、お礼かたがた、コメントさせていただきました。
Posted by PnetQ at 2010年05月29日 04:58
コメントありがとうございます。お役に立ちなによりですし、そういっていただけると非常に嬉しいです。

移転した「ふくふく亭」。
いい雰囲気で、機会があればまた行きたくなるお店です。
本当に花月園を知らない人でも楽しめるというか、知らない人にこそ行ってもらいたい気がしましたが。

でも、やっぱり思い出しますね・・花月園を・・・
Posted by para080 at 2010年05月29日 11:52
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: