2010年05月25日

発走合図機(大時計)故障、不成立、手旗発走

忘れた時に何かが起こる、飯塚オート、飯塚劇場。
平成22年度飯塚市営第1回第2節(05月22日−05月25日)

フタバ設計杯争奪戦 3日目 

飯塚オート01

色々あったそうですが、リアルタイムで見れませんでしたし、新聞各紙を見ても話題になっていませんので、録画で確認しましたが

オープニングの1R

1R011R

1R出走表

フライングが多発しまして・・これだけならなんですが・・流れを書いておきますが

1回目、4車のフライング
1.吉松憲治5.城戸徹6.柴田日出喜8.田原勝久

2回目、2車がフライング
3.松本康晃、8.田原勝久

8番車の田原勝久は、2度のフライングで規定により出走停止。

3回目 2車がフライング
4川端孝、6.柴田日出喜

6番車の柴田日出喜は、2度のフライングで規定により出走停止。

規定により全車点検のため、小屋(ピットへ) 

発走が遅れております

画面:発走が遅れています。今しばらくお待ちください。

そして、また放送がかかり

只今より、発走合図機の点検をいたします。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、第1レースの発走まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

発走合図機 

画面:発走合図機点検の為発走が遅れています。いましばらくお待ちください。

そうだよな、常識的に、発走合図機(大時計)の不具合を考えるよな・・・
F対象車を読み上げるのも普通より遅い気がするし・・Fした選手も首かしげてた気が

約8分ほど時間が経ちまして・・・放送が

ファンの皆様にお知らせいたします。ただいま発走合図機点検、全車点検。異常ありませんでしたので、ただいまから第1Rの発走を開始いたします。なお、ファンの皆様にはこのような不測の事態発生のため大変ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫びいたします。

異常なしか?点検したから間違いないんだろうな?

6車で行われた4回目は、全車正常発走。競走成立。

4回目正常

1Rレース結果 1Rレース動画

そして、慌ただしく、2R。

2R012R

2R出走表

また、不適正発走。赤ランプ

2R03 

1Rの1回目と同じくなかなか対象車を発表しませんでしたが、各車位置についたところで、係員が入ってきまして

2R02

ファンの皆様にお知らせいたします。この第2Rは、発走合図機の故障のため競走不成立になりました。 何とどご了承下さいませ。なお、ファンの皆様にはこのような不測な事態の発生のため大変ご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

発走合図機(大時計)故障のため、競走不成立。
2Rレース結果

その前に、スタートどんな表示をしてたか教えてくれなんですが、気になるな・・・

2010/ 05/ 24 競走不成立のお詫び
発走合図機故障のため、2Rは競走不成立となりました。
ファンの皆様には大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
飯塚オート|お知らせ


その後、4R〜12Rは手旗発走で行われたわけですが

手旗01手旗発走

オートレースでは、1989年4月に発走合図機(大時計)が導入される以前は手旗でしたし、導入後も大時計の故障時の代替手段として手旗発走方式が用いられることはありますが、私が覚えているは、2005年の飯塚。そして、船橋。ちょっと前の川口オートでも、大時計故障のため、前半の2.3Rが、手旗発走だった時があった記憶がありますが。

川口オートは、手旗の発走合図人?をアップにしてくれたのですけどね・・飯塚はこんなサービスもないか(笑)

ではなく・・普通に考えて、1Rの時点で、発走合図機(大時計)壊れてるよな・・コレ

時計壊れてるんだから1レースの金返還しろよな〜と思いますが・・
放送で、『異常なし』。とか放送して確定してるから、無理でしょうが

それにしても、1R2回Fで、除外になった2選手、そして不幸にして購入してハズレた客は悲惨ですわ

説明も、ウグイス嬢のアナウンスだけ、審判長の説明はなし。
7Rの失格放送の時は、お馴染みの審判長の声でしたので、いたのは間違いないのですけどね

3月の開催周年記念の「CSのタイム誤表示」で不成立の時も、審判長ではなく、飯塚オート開催執行委員長の城丸秀高がマイクで説明していましたが

競走以外は、飯塚の審判長、オレは関係ないからと自ら説明する気がないんでしょうかね?

中継では、内野アナが「ファンの方にはご迷惑を・・」。とは繰り返し言っていましたがね。
情報がないのか、こればっかりですし、解説の松田さんはこの件については、一言も語らないし・・モチロン内野もフラないし・・

松田さん、昔はズバズバ言っていましたが、怒られて言えないのかな?

飯塚オートのグダグダ、飯塚劇場は慣れていますし、昔、真剣に気になって、電話したこともありましたが・・誠実な対応をされませんでしたので、真面目に考える気はありませんので、おもしろいわ飯塚オート。の一言ですが

本当に、営業面では頑張っているな〜と思う部分は本当にあるんですが、

場外車券場の『オートレース川辺』とかね (オープンしないのは?競輪の場外車券売り場「サテライトかのや」破産の影響は考えすぎか?)

川辺町神殿地区にオートレース場場外車券場〜福岡飯塚市と行政協定〜

オートレース川辺

飯塚場外

飯塚オートの場外車券売り場の設置が決まり、10月9日、福岡県飯塚市と南九州市の間において設置に関する行政協定書調印式が南九州市で行われました。名称は「オートレース川辺」で、現在全国唯一のオートレース場場外車券売り場となり平成22年5月に営業が開始される見込みです。


肝心のレースの運営がこれじゃなぁ・・

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51489750
この記事へのコメント
先のCSの放送事故といい、開設記念の試走タイムの掲示ミスといい、飯塚は何かに呪われているのか・・・という冗談はさておき
こうも事故が続くと、さすがに杜撰さを疑われそうな気がしてならないです。施設の老朽化とかも関与しているでしょうが

時計の故障といえばこんな例を思い出しました。
http://cgi.kyotei.or.jp/race/kekka.php?day=20081119&jyo=12&race=12

全艇フライングにより不成立、直後に時計の故障を疑ったところ、見事に(?)そのとおりだったという事故(レース自体がなかったことにされ、リプレイは公式から消されています)
しかもこのレースは優勝戦、直前にはボートレース界最大の大会・賞金王決定戦も控えていました
もしそこで壊れたらそれこそ大惨事・・・ある意味直前で気づいて良かったというべきか
Posted by unknown at 2010年05月26日 23:52
メッカ住之江の優勝戦ですからね、それに針の動きが最後秒単位で違いますからね。話題になりましたよね。でも住之江はその後。

19日の住之江競艇優勝戦が大時計のトラブルで中止となった問題で、主催者の大阪府都市競艇組合は調査結果を発表。大時計には本来、商用電源を使用するが、誤ってバッテリー電源(非常用)を使ったため電圧が低下し12秒針の精度に誤差を生じさせたと説明した。

と説明が新聞記事になりましたが・・・

今回の飯塚の場合。成立しちゃってシャレにならないのか、それとも平開催の前半戦。騒ぎ人もいないのをいいことにして、2R終了後も説明なし。そして、その後の調査結果の発表もどこにないわけでして・・・

どうかな?と思うんですよね・・・正直・
Posted by para080 at 2010年05月27日 12:02
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: