2010年05月24日

内野社長(内野久照)Twitter始める。

平成22年度飯塚市営第1回第2節(2010/05/22〜2010/05/25)
飯塚オート フタバ設計杯争奪戦 2日目

殺風景といったらなんですが、女っ気がない飯塚オート中継。
たまに、ゲストで登場するは、飯塚オート勝利の女神「MAMI」でございますが

勝利の女神

毎度、内野アナが普通以上に嬉しそうに対応していると思うのは気のせいか?

内野

そんな飯塚オート中継での二人の会話ですが

「MAMIちゃんツイッター始めたんだって?」 と会話になりまして

勝利の女神MAMI (mami_iizukaauto) on Twitter

飯塚オート
http://twitter.com/mami_iizukaauto

「ツイッターってスミマセン。私達おじちゃん連中はわからないので、少し教えてもらっていいですか?」

内野久照アナがふりまして、それに対して、勝利の女神

私もまだちょっとよくわかってないんですけど、つぶやいて、いくんですけど・・
それに対してフォローするっていう風に設定してくださった方に私のつぶやきがドンドン更新されて・・


友達たくさん増えます。とか女神は言っていましたが、そんな女神のツイッターはt
フォローも@も返していませんから・・RSSの取得で十分な気が
http://twitter.com/statuses/user_timeline/139302430.rss

飯塚オートからの仕事でしょうからね。色々縛りがあるのでしょうが・・
頑張っていただきたいと思いますが
それにしても、その後フォロアー数が倍になったのは・・この会話の効果はあったんだな〜とちょっとビックリしたわけですが

そんなことより、内野アナ、ツイッターついて、これまた興味津々に聞いていまして

「まだ、私ブログもやってない。」とかも。いっていましたが

アンカー・オフィス ブログは、どうなっているんだ?はおいておいて(笑)

今回の会話の一番のポイントはといいますと

「嫌なことがあったら、ぼく相談する友達がいないので、ネット上でぼくつぶやけばいいんですよね?

それに対して、女神、ズバリと、 そうです。そうです。 これは女神失礼だ(笑)



そんな、勝利の女神に、相談する友達がいないことを肯定された、内野アナ

MAMIちゃんに、ツイッターのこと聞いたから、おじさん頑張ちゃったよ。
フォロー・フォロー・フォローしてもいいんだよね?(ママ)
とキャバクラで姉ちゃんに聞いたと如く、内野社長が速攻で、ツイッターをはじめまして

内野 久照 (hakatazin) on Twitter
名前  内野 久照
現在地 福岡県福岡市博多区博多駅近くです。
WEB http://mc-fukuoka.net/
http://twitter.com/hakatazin

自己紹介 オートレースの実況、イベントや格闘技のMCをやってる博多人です。喋りのスペシャリストを目指して頑張っています。沢山つぶやくばい!皆さん宜しく御願いします。

この流れが面白い。

このブログを長年見ていただいている方はわかると思いますが

私、そんな、内野社長(内野久照)の大ファンでして(笑)

非公開になっていましたので意味ないだろうと思いながらも、すぐさまフォローをリクエスト

utino

ですが・・・リクエストの承認はは未だにありませんで・・・・

内野社長

思い出すは、某 公営競技ライターに質問しても無視されたあの時(笑)

結構、打たれ弱い私ですので、内野社長〜〜〜ヒドイよ。というわけではなく

今、非公開アカウントで不具合 発生中なんですよね

非公開アカウントで、フォローリクエストが表示されない不具合
新しいフォローリクエストの通知を受け取った場合でも、新しいフォローリクエストページに何も表示されない不具合があります。

エンジニアが原因の特定に努めておりますので、しばらくお待ちください。
2010年5月13日


内野社長〜。今、非公開にしても意味はありませんよ。だから、女神もフォロー返し出来ないかも?ですが(笑)

今回のネタは、いつもネタを提供してくれる、内野社長に

ただいま〜→待ってねーよ。今日夕飯、今コレ食べる→勝手に食え。

とツイッター上で返したいのではなく、ボクが大好きな内野社長がツイッターを始めたということです。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51489197
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: