2010年05月20日

公営ギャンブルって叩きやすいのね。(適当な加藤順彦さん)

公営ギャンブル好きで、小遣いの範囲で色々打っておりますが、別に、公営ギャンブル最高!!などいう気もありませんが

国が認めた公認ギャンブル。上がりが地域復興に役立てられていますし、文化として末永く続いてもらたいと思っていますが

そんな、公営ギャンブルについて、人としてどうなの?と思ったブログを紹介。

カジノ そして公営ギャンブルの目的

加藤〜

加藤順彦の Pan Asianな視座でいこう:ITmedia オルタナティブ・ブログ

加藤順彦】。この人、何者か知りませんが、まぁ、いわゆる成功者。なんでしょうが

カジノマンセーの加藤さん。知らないなら黙ってればいいのに、
調子に乗って、日本が戦後復興のため産んだ大発明。公営ギャンブルに一言。

ツイッターで、カジノ論から〜の流れで語っていた時見ましたが、今度はブログに掲載ですか〜

平和島、住之江、尼崎、中山、川口・・・公営ギャンブルのある街はどこか寂しく、訪れる人々の心を哀しくさせる雰囲気があります。目を背けたくなるような身なりの人々が駅前から直行バスに吸い込まれていきます。街のイメージも下がり、結果として地価・教育レベル・人々の生活水準も下がります。結局、ギャンブルが足元の近隣地域の人々を蝕ばんでいるから、街そのものが貧しくなっているように見えるのです。


へ〜そうなんだ。初耳ですが?というか、ふざけるなですが。
知らないんなら、語らなければいいのに〜と思いますが、人としての常識がない人なんでしょうね。

加藤さんがいう「目を背けたくなるような身なりの人々」。に私も該当するのかな?バカにしやがって!!でいいですかね(笑)

そんなわけで、公営競技というより、どうも打ってる客。公営競技場を持つ自治体や住民を批判というかバカにしてるようですので、私も当てはまりますので、書いておきますが

それにしても、いつの話なんでしょうね?シンガポールにいて、大森、西川口に用事があったのか?そして、人生の大先輩たちを軽蔑の目でみれるんだな〜この人。

関西はワタシ、知りませんが、西川口、大森が、貧しくなってみえる??教育レベルが??不思議でたまりませんし、なんかソースでもあるんですかね?

だってボクがそう思ったんだもん。ソースなんかないよ』。と言われば、仕方がありませんが、もしそうであれば最低な人間性の持ち主ですね。

カジノと公営ギャンブルは生い立ちから違うものなんですけどね

バクチと自治体 (集英社新書 495H)
バクチと自治体 (集英社新書 495H)

戦災からの復興支援を主目的とし、長年にわたり地方財政の健全化に大きく貢献してきた、公営ギャンブル。「自治体のドル箱」と言われたのは今は昔・・・。

公営ギャンブルの新しいあり方を・・ではなく

「カジノ」。最高〜ということだけで全否定。それも妄想をふくめて

公営競技は叩かれやすいものですが、街、そして服装までも、平気で馬鹿にできる
こんな文章を平気で上げれる、加藤さんの人間性は・・・まぁ、どうでもいいか〜

一応、書いておきますが、【加藤順彦】について調べてみましたが、わかりやすい記事がありまして

好きな言葉、座右の銘で、「人間、至るところ青山あり」。

「人間、至るところ青山あり」という古語ですね。 ちょっと気の抜けた座右の銘ですが、「まぁ、なんとかなるさ」ということで、大好きです。 要するに心の持ちようで、いつでも自分の目の前には青い山がそびえているんだよという事だと思います。

良い事もありますし、悪い事もあるのですが「ケセラセラ」といいますか、人生いたる所に青山はあるのだから、あんまりネガティブに考える必要はないというふうに思っていますね。
プレジデントビジョン2004年02月16日 vol.110


私が知っているくらい有名な、月性の「男児立志の詩」のからの言葉ですが
(参考) えんばぁの呟き#43 男児立志の詩

僧釈月性の詩「將東遊題壁」
「男兒立志出郷關 學若無成不復還 埋骨何期墳墓地 人間到処有青山」

男児立志出郷関
男児(だんじ)志(こころざし)を立てて郷関を出づ
学若無成不復還
学、もし成るなくんば、また還らず
埋骨何期墳墓地
骨を埋(うず)む、何ぞ期せん墳墓(ふんぼ)の地
人間到処有青山
人間(じんかん)到る処(ところ)青山(せいざん)あり
<意訳>
男子が一度(ひとたび)志を立てて故郷を旅立つからには
目的が成就しない限り2度と故郷の地を踏むことはできない
骨を埋めるのに、どうして墓所を決めておく必要などあろう
世の中にはどこにでも青山(墓地)があるというのに
http://homepage3.nifty.com/ponpoko-y/yomoyama/01gessho.htm

『男児志を立てて郷関を出づ。学若し成る無くんば復還らず。 骨を埋む何ぞ期せん墳墓の地。人間至る処青山有り。』

意味:東の方に旅立とうとして、壁に詩を書いた。男が志を立てて、故郷を出立したからには学問が、もし成就出来無ければ、二度とは帰ってこない。骨を埋めるのは、どうして故郷の地であることを望もうか。人間には、いたるところに墓所とすべき青山があるのだ。)

「人間」(じんかん)は世の中、世間のこと、
「青山」(せいざん)とは、人が骨を埋める墓場となる地のこと

先祖伝来の故郷の地でなくとも、人間の活動できるところはどこにでもある、という意味。
大望を達するために故郷を出て活動するのを、奨励する言葉として用いられる。
<人間至る処青山あり>(2002.1.21)

わかりますよね・・自信満々に間違いを語っている加藤さんなわけですが

言葉は生き物というか、どのように言葉を解釈してもかまわないのですが、『古語』といっていますから、本気でそれが本来の意味と思っているんでしょうね。

これから考えても、自分の思ったことは間違いではないよ〜で知らないことを平気で語れる人なのは間違いないわけで、つまりいうのならば、無知というか適当なんでしょうね。知らないことを自信満々に語れる加藤さん。

公営ギャンブルについても間違いを語っても、恥ずかしいという感覚はないでしょうね。
だってボクがそう思ったんだもん。』という感覚で、このような失礼な話を平気に何も考えず語る人ということがわかると思います。

こんな人の記事を真面目に考えた私が恥ずかしかったわけですが・・
気がつかないふりすればよかった(笑)

正直、私みたいな、公営競技を打つ客をバカにするだけなら、何とでも言えなんですが、 自治体や住民、いや公営競技に関わる全て人をバカにした根拠のない只の暴言でして

本当に、公営ギャンブルに対する偏見って厳しいな・・・無知でも平気で語れるもんな〜
本当に困ったもんだな〜。と色々思ったわけです。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51487356
この記事へのコメント
そういえば、オートレースの包括団体のJKAが事業仕分けの対象になり、
補助事業などを廃止にされたというニュースが飛び込んできまして
「公益団体に配布するよりは国に還元したほうが社会のためになる」というのが枝野氏らの言い分らしいです

確かに天下りは許されざる行為だとは思いますが、その後のマスコミ各社の扱いが酷すぎると感じます
これでまたオートレースや競輪の売り上げに影響されると、今度は国に還元どころじゃ無くなる可能性も

かたやパチンコ産業は俄然20兆を越える規模…もうやりきれない
Posted by noname at 2010年05月25日 06:15
JKAが事業仕分け、まだキチンとみてないのですが

美味しいところをもっていく、JKAにもってかれる金が多すぎて各場の施行者大変〜で、その収益金の流れに無駄と不透明なところがあるから正せといってるだけみたいですが

「自治体の売上金を国庫に返納したうえで国が補助すべきだ」は・・ちょっとおかしくないか?と感じましたが、長崎で負けた民主党、お国に逆らうなと、地方財源を押さえつけるつもりか?は考えすぎかも知れませんが

ちょっとまだ、確認中ですので、あまり語れませんでスミマセン。
Posted by para080 at 2010年05月25日 15:17
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: