2010年03月24日

憧れだった煙草「555」STATE EXPRESS 555

本多勝一著の貧困なる精神

新・貧困なる精神 −携帯電話と立ち小便− NHK受信料を拒否して四〇年―貧困なる精神U集

すずさわ書店 0〜23巻 全24冊
朝日新聞社 A〜S 全19冊
毎日新聞社 Z〜W 全4冊
金曜日 T・U 2冊〜
講談社 新・貧困なる精神 1冊

既刊 49冊かな?金曜日版と講談社版は未読ですから、購入したいと思っていますが

このシリーズ、悪口雑言罵詈讒謗集というだけあって

講談社発行の雑誌「Views」(休刊) 1997年1月号(大特集記事 「正義を売る商店 株式会社朝日新聞社の正体」 の連載を開始し、その第一回として 「朝日にもあったリクルート汚染」 )の記事や単行本で、朝日新聞社の幹部がリクルートの接待を受け、 格安で岩手県のスキー場に旅行をしたと指摘。参加者名は肩書やイニシャルで表記した。

件に対する、作者の岩瀬達哉に対する、罵詈雑言と言うか人格攻撃は凄かった(笑)

ここらは、「月刊噂の真相」で、リアルタイムで読んでいまして、いろいろな意味でここからの流れが面白かったりしましたが

思想的ではなく、単純に文章が面白いし分かりやすいので、結構読んでいまして
銭湯の入り方、エスカレータの乗り方、NHK料金不払いの論理とかの雑文は非常に感銘を受けたりしました。

たしか、税金を払うのがあほらしいと、昆布をかじって禁煙した。とか書いてあったと思いましたが
一番最初に吸ったタバコとして「555」の両切りで、日本のたばこは不味い。とか書いてあった気がしますが

そんなわけで、「555」という煙草は、憧れというか気になるブランドでした。

WRCのスバルの「555」カラーで、これを思い出したりしましたが・・
State Express 555 - Wikipedia, the free encyclopedia

この時は、「ごー・ごー・ごー」カラーと読んでいましたが、
「トリプル・ファイブ。ごー・ごー・ごー。ファイブ・ファイブ・ファイブ」・・・
正直、なんて読んでいいのかわかりませんが(笑) 


昔は知りませんが、今は日本で未発売の銘柄で、吸う機会がありませんでしたが
イギリスのブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)社の銘柄ですが
ホーチミンの土産として、
STATE EXPRESS 555(INTERNATIONAL) をいただきました。

555555 01

CIG019 State Express 555 STATE Express 555:tobacco-navi.com[たばこナビ]

555は日本以外のアジア向けのブランドみたいですから・・不思議ではありませんが

555 02

味はともかく、長年気になっていた、銘柄を吸えたのが、非常にうれしかったわけです。

Posted by para080 at 14:20│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51457577
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: