2010年01月31日

PC の日付が2036年に(NTPサーバーの障害?)

急に、パソコンの日付か2036年になりまして・・・・

日付

今年は2010年ですから摩訶不思議ですが・・・

NTP(ネットワークタイムプロトコル)サーバにアクセスし、自動時刻調整を行うソフト

iネッ時計 〜インターネット時刻補正〜
http://pino.to/ntptools/

を利用して、定期的に時刻合わせしていますので、こんな筈はないのですが・・

なんでだろう?とりあえず困ったのは、オートレースのネットライブの録画が失敗。

アイコン01

2036年になった瞬間。予約していた2010年のものがすべて消えてしまいました。

とりあえず、時刻というか年を2010年に戻しておきましたが・・・・

時刻01

また、急に2036年に戻りまして・・ウイルス反応はありませんし?

NTPの2036年問題とかは有名ですが・・・

2036年問題とは(ニセンサンジュウロクネンモンダイ)
2036年問題とは、コンピュータの時刻を同期するためのプロトコルであるNTP(Network Time Protocol)が、西暦2036年に時間計測機能のオーバーフローを起こしてしまうことによって、NTPを利用しているコンピュータの時計機能が狂ってしまうという問題のことである。
2036年問題とは - ZDNet Japan


ちょっと色々調べてみましたが、多分、iネッ時計 は、

複数のNTPサーバをリスト管理でき、またそれらをローテーションしながら利用するため、他のNTPソフトで問題となっている「同じソフトを使っている者同士による特定のNTPサーバへの一極集中」を防ぐことができます。(結果的にサーバへの接続エラーが減少し常に安定したNTP接続・時刻補正が可能になります)

ですから、参照した、どっかのNTPサーバーが狂った値を返したのですかね?

iNET時計

「ログをファイルに保存する。」にチェックしていませんでしたので、どこのNTPサーバーかわかりませんが?

とりあえず、iネッ時計を停止にして様子をみたいと思いますが・・・

時刻が2036年になった瞬間、録画失敗はもちろん。予約したものも消えてしまうので・・泣けるんですよね・・・

しかも、川口オートの記念開催中なのに・・

追記
その後、調べたところ・・・ 宮崎大学のNTPサーバー
MAIS NTPサーバ

宮崎大学01

2036/02/09 01:13:55.327 : 確認 ( clock.cc.miyazaki-u.ac.jp の応答 )
誤差 892334.423秒の遅れ(応答速度:0.046秒) [階層:1/参照:GPS/精度:-19/遅延:0.000/拡散:0.000]

宮崎大学

2036年と返していたんですよね(笑)こんなことあるんですね?

そんなわけで、宮崎大学NTPサーバーを削除。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51428414
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: