2010年01月24日

萌えるオートレース小説「レーシング・ガールズ」色川地球王

2009年12月07日 に、オートレースを題材にした漫画や小説をネタにしましたが

秋本治の 『110秒の戦士たち』 (1981年、週刊少年ジャンプ)は

競走車をみずから整備し あらゆる技術を駆使して 一位をつかむ
操縦技術と整備技術の総合力の勝負 オートレースは まさに人車一体の戦いだ・・・
この作品をバイクを愛し人生を愛すすばらしき戦士たちにささげる・・


『110秒の戦士たち』 (1981年、週刊少年ジャンプ)『110秒の戦士たち』 (1981年、週刊少年ジャンプ) 2

バイク好きで有名な秋本治ですから・・・
オートレースと言うかオートレーサー・選手に敬意、愛情があるな〜と思いましたし
1981年の作品ということもありますが、メグロにトラか〜昔は良かったんだな・・・

と何かノルスタジーを感じましたが

ちょっと検索ワードに引っかかって見つけましたが、オートレースを題材にした小説が出たそうで・・・

へ〜珍しいな、と調べてみましたら・・あらビックリ

レーシング・ガールズレーシング・ガールズ (トクマ・ノベルズEdge)

著者/色川地球王 カバーイラスト/瞭 徳間書店
レーシング・ガールズ (トクマ・ノベルズEdge)

時代は変わってるな〜(笑)

何が何だかと更に調べると言うか、あらずじだけで、笑えましたが。

そこそこ人気のあったアイドルタレント篠原菜月は、事務所の社長にオートレースの選手として売り飛ばされてしまう。売り上げ減少に悩んだオートレース業界は、危機打開のため女子レーサーを育成する「オートレーサー萌え化プロジェクト」を立ち上げたところだった。鬼教官の激しいしごきのなか、つぎつぎと脱落していく美少女たち。そして最後に残ったのはオート・オタクの九州美人・絵梨佳と、ロードレースの世界で活躍した経験のあるクールな涼葉、そして菜月の三人だった。

オートレース萌え化プロジェクト

はたして彼女立ちは絶滅寸前のオートレースを救うことができるのか?!
美少女とオートレースというバカバカしくも奇妙なマッチングで、超マイナーなスポーツ業界再生を描く熱血美少女スポコン青春小説。


Twitter で、これは笑えた。つぶやいて終りにしようと思いましたが、

正直、あまりに気になって購入して読んでみました。
それにしても買うとき恥ずかしいわ(笑)もちろんカバーをしてもらいましたが

表紙からあれですが、帯には、

萌えるオートレース 第7回トクマ・ノベルズEdge新人賞受賞作

萌えるオートレース

いやいや、日本小型自動車振興会が監修した本格オートレース漫画
AutoRace お知らせ(ヤングキング(7/25発売)にオートレースの漫画が新連載!)

の1巻の帯は、

オート姫ことゆうこりんも応援 ♥ りんこ

おび

となっていましたから、この位では驚きませんが(笑)

裏の「胸のおおきさなんて関係ないもん!わたし、オートレーサーになる!」

帯裏

のフレーズには、さすがに動揺は隠せませんでしたが(笑)
まぁ、カバーで隠れていますので・・気がつきませんでしたが

電車と喫茶店で計2時間+煙草10本ほどで読み終わりましたが

ストーリーうんぬんは、登場人物も少ないですし、オートレースを全く知らなくても単純明快でわかりやすいと思いますが、というよりそちらの層を相手にしているのでしょうから当たり前ですが

こっちが、気になるのは、オートレースを舞台にしたということですが

すごいな〜実在の選手が登場するわけではありませんが、穴見のイン走行や広木の突っ込みやら、実名の選手の名前が出てきますし、許可とってるのかな?大丈夫か?と思わず思ったりする位、細かな描写はちゃんとしていましたし

あとがきからでもわかりますが、オートレース好きの作者でしたが

ありがちな超マイナー競技でもオートレースは本当はスゴイんだぞ!とかに持っていかず・・
オートへの愛情・選手へのリスペクト・・とかじゃなく・・

作者はオートレースを楽しんでいるんだな〜 と感じさせる作品でございました。

ホント大したもんだ勉強になるな〜と本当にある意味思いましたが

オートを題材にした作品は数えるほどしかありませんからね、気になる人は多いと思いますが、読んでも楽しめるじゃないかな?と私は思いましたが・・・

とりあえず、日本小型自動車振興会が監修した本格オートレース漫画より、いちオートファン(作者)が妄想したという小説の方が見ごたえも面白さもあったのは間違いないわけですが(笑)

オートレースをバカにしやがって・・と怒る人もいるとは思いますし、問題はこの表紙で買えるかどうかですが(笑)

2010.02.21 船橋オート中継



 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51424321
この記事へのコメント
アニメ・モンキーターン、漫画・競艇少女を観て
競艇選手を目指してレーサーになった人もいますしね。
さすがに実名は使ってませんけど。。。
31期は30名程度の女性が応募したといいますから、
ひょっとしたら女子レーサー誕生ということも?
問題は施設ですね。
Posted by HI at 2010年01月24日 01:46
JRAの女性騎手の大失敗をみると・・オートも性別関係なしで募集していますが、競輪もガールズケイリンとかだそうですが・・女性だけ募集期とか作って、ある程度の人数をとらないと無理だと思いますがね・・

もちろん、31期で誕生したら誕生したで応援しますけど
Posted by para080 at 2010年01月24日 09:48
その点だと、競艇は定着した感がありますね。

女子戦組めるほど選手がいますし、やまとで脱落しても
レポーターとかで生き残っている人もいたり・・・
Posted by ひろこ at 2010年03月04日 23:18
競艇女性選手は当たり前の状態ですよね。
http://www.shimonoseki.gr.jp/joshi_pdf/joshi_pdf.htm

レジャーチャンネルにはいってませんので、競艇レポーターについてはちょっとわかりませんが・・・

ただ、女性選手と考えずに、この小説は、「オートレーサー萌え化プロジェクト」ですからね〜(笑)

競艇と一緒に考えてはいけない気がしますし・・ちょっと何ともいえない感じでして・・
Posted by para080 at 2010年03月05日 01:28
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: