2009年12月16日

「1.2.山陽ダァー!」GI第44回スピード王決定戦

本当に今更ですが・・・
九州スポーツ杯 GI第44回スピード王決定戦 (山陽オート12/09〜12/13 )

44回スピード王0144回スピード王02

今回も、第40回SG日本選手権と同じく
2008年11月06日

試走の時流れる山陽オートテーマソング Keep on running(キープオンラン)
の不思議なメロディが・・頭から離れなかったり

♪海の見える丘に おまえと立てば〜

サビのメロディが気になるのは私だけでしょうか?

Keep on running 駆け抜けろ  ゆめ(希望)のせて
Keep on running 駆け抜けろ  熱いハートで
Keep on running 駆け抜けろ  あす(未来)のために
このとき(瞬間)を生きる
Keep on running 駆け抜けろ  燃える想いが
Keep on running 駆け抜けろ  信じること(心)が
Keep on running 駆け抜けろ  夢が走る
もう迷わない ALL RIGHT


『Keep On Running』
作詞:Yokko作曲:Yu−Ji
山陽オート:お知らせ (2007. 02. 16)

そして、若井は相変わらずでしたが、元気がない東小野が気がかりですが・・

若井東小野01

らしくない。の一言で片付けるのは簡単ですが・・
悩み苦しんでいるのはわかりますが、壁を打ち破ってまた“東小野らしさ”をみせて欲しいです。

そして、優勝戦

山陽オートレース場 12月13日 12R 優勝戦 4100m 走路情報 天候:曇
16:20現在 走路状況: 斑走路 走路温度: 13.0℃ 気温: 12.0℃ 湿度: 74.0%

asf_020174050asf_020321165

地元、岡部聡 (19期)が勝利。

岡部01岡部02

Auto Archives:九州スポーツ杯GI第44回スピード王決定戦

4日目、準決勝の最終周回3.4C

準決01準決02準決03

番田がやや自分で流れたところに岡部が・・押圧気味でしたが・・
もしも、流れてないのに飛ばしてたらアウトでしょうが・・・
番田にとっては不運かもしれませんが、岡部の執念を感じました。
レース結果  レース動画

不運で2着入線も失格となった「SG第28回オールスター・準決」
レース結果 レース動画
の後の山陽開催の第1回防長交通杯での怒りの5連勝完全V。
の時もスゴかったですが・・岡部はすごいな〜と再認識しました。

それにしても、最終日のアントキの猪木

アントキの猪木アントキの猪木01

オートレースでの営業は2回目ですが・・(GII第22回ジュニア選手権(1回目)

2008年の飯塚オートGII第22回ジュニア選手権の時は、中継には登場しなかったと思いますが?

今回は、イベントでのVSオートレース界の燃える闘魂、若井友和(川口)はもちろん

GI 第44回 スピード王決定戦 「アントキの猪木」山陽オートに登場!!
山陽オート:イベントレポート(2009/ 12/ 13)

ちなみに、昔のエンジン「アントキノワカ」は

「アントキノワカ」は猪木の物真似で最近売出し中の「アントキノ猪木」からもじったそうです。
名付け親は川口でも1、2を争うプロレス好きの秋田貴弘だそうで、自虐ネタというわけではないようです。
2008年03月04日(コメントより)

6R発売中のCS放送ゲスト。

「1、2、山陽ですか!?」 で登場

asf_009372991

宮原「お堅い仕事(公務員)から360度変わって・・・」
アントキの「360度変わったら元に戻るじゃないか、このくそバカヤロー!!

アントキの「若さんとは2回目ですが、あいかわらずバカですね?」
あちゃこ・宮原 「いやいやいやいや、そんなことはないですよ」
アントキの「そうゆう風に、まともにとってもらうと、ボク悪者になちゃうんで」
あちゃこ「でもなんか乗っかれない私達の複雑な事情もございまして・・すみません。」

そんな、中継のふたりに困惑しながらも、見事なゲストぶりでして・・

「元気ですか!元気があれば何でもできる。オートレースはやっぱり1.2.山陽で、1.2.3連単ダァー!!」

ちなみに、1.2.3連単ダァーッ!! といいますと・・
去る2000年に競艇で3連単が導入されたときのポスターが猪木だったりしましたし

3連単ダァー

平成19年の「山陽オートレース場のリフレッシュオープン」の時のキャッチコピー?が
「1・2・山陽GO!」だったりしたことを思い出します。

1・2・山陽GO

そして、表彰式にも登場。芸能人の表彰式プレゼンターは船橋オートでお馴染みですが、
ある意味、ハズすのがお約束ですが・・・

岡部選手。バカヤロー!!と言いたいくらいの不景気の中元気を出すような走りをみせていただいて誠にありがとうございます。

そして、誠におめでとうございます。走りを見て私も元気が奮い立ちまして、また新記録8回目を目指して頑張ってください。

それでは、最後に岡部選手の優勝を祝しまして、「1.2.山陽ダァーッ!!」 で締めたいと思います。

それでは、ご唱和下さい。イチー・ニィー・サン・ヨウ・ダァーッ!!おめでとう!!


山陽ダァー01山陽ダァー02

山陽オートはアントキのワールド全開でございました。

それにしても、岡部は、プレゼンターがGacktの時もそうですが・・ゆうこりんの
「ホントにホントにおめでとうございます。」に「ホントにホントにありがとうございます。」と返したり
色々濃いプレゼンターに当たりますが、うまく反応するわけです。

岡部はすごいな〜と、またも再認識したわけです。

5日間、天候は悪く・・・5日間合計。入場:11258人。売上:1375072500円
ある意味悲しい結果に終わりましたが・・・

最後、盛り上がりましたから・・・また期待したいと思える山陽オートだったわけです。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51379274
この記事へのコメント
para080さん、こんにちは。岡部選手のほんとにほんとにありがとうございますの時は、現地に参加してました。確か優勝戦の試走誘導をしたのですが、退場が間に合わず、タイヤを温め直すためにかなりの間があいた記憶があります。当日は優子りんが名物のホルモン飯を直接配膳してくれるイベントに応募しましたがかすりもしませんでした。アントキノ猪木は、今まで猪木の物まねをする方は多数いますが、一番ツボを押さえてる気がしますね。風邪などは大丈夫ですか?
Posted by ジョナ at 2009年12月16日 20:09
2006年のSG第19回全日本選抜(飯塚)でしたね〜。

試走中の走路内に乗用車立ち往生。赤旗、一時中止に
10分後に再試走。の前代未聞の出来事。

そして、イベントは、盛りだくさん。
http://www.autorace.jp/information/2006/0220-zenyasai.html

ゲストにアントニオ小猪木登場したりしましたね・・

http://www.autorace.jp/information/2006/asx/iizuka_20060319_koinoki.asx

2006年の出来事ですが・・何か懐かしく感じます。
Posted by para080 at 2009年12月16日 20:30
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: