2009年12月09日

す〜ぱ〜おじいちゃん 秋田敬吾(山陽・5期)引退

本当に、ビックリしましたが、秋田敬吾(山陽・5期)が突然の引退。

秋田敬吾選手の引退について
オートレース:レーストピックス:2009:12.08

引退レースとなった、2009年11月20日の飯塚オート5R

引退レース01引退レース02

そんな素振りは見えなかったのですが・・
レース動画

秋田敬吾 
まだ燃え尽きてはないけど、ボロボロになる前にやめようと思った。
長い間走ってきたが、一番印象に残っているのは飯塚の日本選手権(82年)で完全優勝したこと。

スポニチより

本人の希望なんでしょうが、引退セレモニーもなしですか・・・ちょっと残念ですが・・

地元のG1開催。第44回G?スピード王決定戦(12/09〜12/13)で何かを期待したりしますが、登録の消除されちゃいましたからね・・・無理ですかね?

全盛期はリアルでは知りませんが、一時代を築き数多く記録を持つ素晴らしい選手でして

GI最年長優勝記録 60歳6ケ月 

開場48周年記念ゴールデンレース(浜松)H16('04)年6月9日
秋田敬吾選手21年ぶりのGIタイトルを獲得し、GI最年長Vの記録を更新。

秋田敬吾選手21年ぶりのG?タイトルを獲得01

2連単⇒7,470円 : 2連複⇒2,690円
3連単⇒51,540円 : 3連複⇒11,280円

史上初の1500勝 平成17年 2005年07月25日(伊勢崎)

平成17年度伊勢崎市営第5回第2節 2005年07月25日 

1500勝011500勝 

レース動画

オート界の生ける伝説でした・・・

AKITA

毎年秋開催の、船橋オート祭で、’鉄人’ としてあっせんされるのを毎年楽しみにしていました。

『鉄人最強決定戦2002』
1着 7番 秋田 敬吾 プロフェッサS
2着 5番 鈴木 章夫 トマトトトマト
3着 6番 飯塚 将光 ホージョウ25
連勝複式 5−7 880円 連勝単式 7−5 2,060円
オートレース発祥50周年記念 JAPAN AUTO FESTIVAL 2000 鉄人最強決定戦
AutoRace お知らせ(船橋オート祭・鉄人最強決定戦2003(10/12)出場選手)

思い浮かぶのが・・
2006年10月11日 第56回GIオート発祥記念船橋オート祭 11R 最終日。

す〜ぱ〜おじいちゃん。秋田敬吾が魅せている。(吉原完)

写真判定

内 7番 山崎進
外 8番 秋田敬吾

1527勝目
11Rオッズ 11R結果 11Rレース映像

2007年11月26日 第57回GIオート発祥記念船橋オート祭 3R

2007 01

孫くらい年齢が離れている(とは言い過ぎか(笑))29期の鮮太との激戦。

2007 032007 02

レース動画

魅せるし、若いよな〜まだまだ・・正直70歳までは・・・と勝手に思っていましたが・・・

正直、もうオーバルで秋田敬吾の姿を見られないのは寂しい気がしますが・・

本人が決める事ですからね・・・
42年間お疲れさまでした。本当に楽しませてもらいました。

1500勝の模様が収録されている DVD AUTORACE G-Champs’05

オートDVD

特典映像 秋田敬吾選手1500勝達成レース
http://autorace.jp/information/2006/0622-DVD.html

家にあるはずですので、一生懸命探しましたが・・みつからないわけで・・

オフィシャルHPの動画は今は見れないし・・・

1,500勝達成記念レース映像・1,500勝達成記念祝賀会!映像
山陽オート:秋田敬吾1500勝達成 表彰式・報告会

ちょっと悲しいわけですが・・

追記

秋田敬吾 引退セレモニー
12月23日(祝・水) 5R発売中
走路内 ※雨天の場合はセンターホールで実施。報告会のみとなります。
12月8日に引退した秋田敬吾さんですが、12月23日に山陽オートレース場走路内において引退セレモニーを実施することになりました。セレモニーでは走路を1周し、ファンの皆様に引退報告をいたします。 23日は是非山陽オートレース場に来て、数々の偉業を打ち立てた秋田敬吾さんの引退セレモニーを盛り上げましょう!!
山陽オート:12/23(祝・水)に秋田敬吾さんの引退セレモニー実施します


秋田敬吾引退セレモニー 山陽オート12月23日(祝・水) 5R発売中

山陽オートお約束の「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」で登場。

0102

山陽エンジェルYUI から花束と一言。

0304

内野のインタビュー
-これだけのファンの皆様が集まってくれました。
ありがとうございます。本当にうれしいです。

05

-秋田さん思い出に残るレースは?
やはり飯塚で日本選手権を優勝できたことがぼくは印象に残っています。
-そして最年長での優勝記録もございますし
おかげさまでありがとうございました。

山陽小野田市市長、白井博文より表彰状。
安田克己公営競技事務所長より、12月12日〜22日まで山陽オート場内に設置されたメッセージボードを

0708

そして、引退挨拶ファンへの最後のメッセージ

1112

ファンの皆様、私は選手として長い間頑張って参りましたが体力の限界がきました。
ファンの皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
これからもオートレースをよろしくお願いいたします。本当に長い間ありがとうございました。


1314

競争車に乗って、手を振りながら退場。

1517 

最後は、選手が集まり拍手で・・・

1920

本当に長い間お疲れさまでした。
オートの引退式は見た記憶はありませんが・・
この様な企画をした関係者また登場した秋田敬吾選手に改めて感謝です。

参考
秋田敬吾さん 引退セレモニー
秋田敬吾さん お疲れ様でした!!そして、ありがとうございました。
山陽オート:イベントレポート(2009/ 12/ 23)

山陽オートの重鎮、秋田さん引退
セレモニーは、最終日を迎えた歳末特別レースの第5レース発売中に走路内であり、秋田さんは競走車に乗って登場。白井博文市長から長年の功績に対する表彰状を受け取ると、「長く続けてきたが、体力の限界が来た」と引退の理由を説明し、「これからもオートレースをよろしく」とファンに向かってあいさつした。 「まだできるぞ」「お疲れ様」と温かい声をかけてくれるファンたちに、競走車で近付き、感謝と別れの手を振った。
このまちメディア 宇部日報更新:2009年12月24日 10:20 より

2010年1月9日読売新聞
オートレース界の「鉄人」と呼ばれた山陽オートレース場(山陽小野田市)所属の秋田敬吾さん(66)(宇部市)が昨年末、引退した。史上初の通算1000勝、1500勝など多くの記録を樹立。「地元でデビューし、地元ファンの前で引退でき、本当に良かった」と42年間の選手生活を振り返った。  菊川町(現下関市)出身の秋田さんは、23歳の頃、勤務していたバイク工場を辞め、養成所に入所。4か月の訓練を経て、1967年2月にデビューした。  同オート所属のスター選手だった福永勝也さん(68)に師事。72、73年には賞金王、78年には最優秀選手賞を獲得した。82年の日本選手権では予選から決勝まですべて1位となる史上初の完全優勝を果たすなど、「パーフェクトレーサー」とも称された。  ただ、最近は体力や視力も衰え、「常に1位を狙っていた気力も衰え、引退を決意した」と言う。昨年12月23日に山陽オートレース場で行われた引退セレモニーでは、大勢のファンが1枠1番の白の勝負服をまとった秋田さんのラストランを見守った。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51363915
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: