2009年10月28日

My First WIDE版 のたり松太郎 完結

My First WIDE(コンビニコミック)版の「のたり松太郎 」が17巻で完結しました。

17巻 

「最高傑作、ここに感動完結!!」となっていますので、もう続編はないのでしょうが・・

ビックコミック本誌に、連載終了後、番外編が載ったとか?聞いていましたが
掲載されていなかったのは、残念ですが・・

オートの東小野と同じく「あのバカ・・」の言葉が似合う、坂口松太郎が主人公

松太郎の母(トミ)曰く
に・・・兄ちゃんはねっ、もともと頭がおかしい上に、
お相撲で、毎日頭をぶつけてるから自分で何を言ってるんだか何もわかちゃいないんだよ

田中清の存在があってこそ成り立つ作品ですが

田中、松
のたり松太郎:ちばてつやホームページ

追記(2012.01.20)
<栃剣展秀さん>
力のある力士が当たり前に勝つ。これが大相撲の最大の魅力だろう。その一方で、体格的に見劣る力士が大男をブン投げるのも大相撲の楽しみのひとつだ。きょう登場の栃剣展秀さんは、かつては小兵力士の代表格。170センチ、110キロそこそこの体で幕内で大暴れし、大相撲人気に一役買った。ちばてつやの漫画「のたり松太郎」に登場する駒田中こと田中清のモデルといわれる栃剣さん、今どうしているのか。

「オレをモデルにしたって話は、ちば先生から直接聞いたよ。田中くんの気が弱いところはオレと正反対だったけどね」

栃剣愛知県は春日井市総合体育館相撲場で会った栃剣さん、こういって笑った。現在は同市内にある大島工作所に勤め、機械部品を県内の工場に配送する仕事に就くかたわら、毎週日曜日、相撲教室を開いている。「10年ぐらい前からかな。相撲をやる子供たちが増えれば、相撲人気も上がるんじゃないかと思ってね。世話になった角界への恩返しのつもりでやってるよ。ただ、相手が小学生ではオレが教えることなんて、正直ない。ケガをしないように注意するだけだな」チビッコ弟子は10人ほど。去年は小学校高学年の2人がわんぱく相撲全国大会に出場。1人はベスト16に残った。「実はウチの相撲教室から10年目にして初めて、将来は力士になりたいって中学生が現れたんだ。心変わりしなければ、第1号のお相撲さんになるはずだよ」

さて、1973年、中京高(現・中京大中京高)3年のとき、国体少年の部で個人優勝し、あまたの有名大学相撲部から勧誘を受けた栃剣さんは、「どこの大学を選んでも先輩たちに恨まれる。ならば、芽が出ようと出まいと4年間は辛抱しよう」と春日野部屋に入門。身長は公称171センチ、実際は168センチしかなく、体重も110キロ前後だったが、猛稽古でそのハンディを補い、5年で十両に昇進し、最終的に西前頭2枚目まで上り詰めた。「だって、オレみたいな小兵力士がデッカい力士に勝つには、人より2倍、いや、3倍稽古するしかないじゃないか。実際、他の力士が5時に起きてくるなら、オレは3時に起きて稽古したよ。そうやって、序ノ口から引退するまで一日も稽古は休まなかった。それが自慢といえば自慢だね。でも、十両時代、右足のアキレス腱を切り、医者には責任が持てないといわれながら、ガチガチにテーピングして土俵に上がった。むちゃをしたもんさ」語り草になっているのが85年11月場所9日目、284キロの小錦を右の蹴返しで破った一番だ。「当時、114キロだったから、170キロの体重差があった。何発もパンチを受け、危ない場面もあったけど、どうにかしのいで勝った。たまたま次の場所も勝って、“小錦キラー”とか新聞に書かれてね。もっとも、対戦成績ではオレが7つ負け越してるはずだよ」相撲全盛期は900人の力士がいた。ところが、最近は600人前後に減少。相撲人気は衰退の一途をたどっている。「琴奨菊や稀勢の里が伸びてきたにしても、番付上位に外国人力士が多過ぎるよ。これじゃあ応援しようって気には……。人気を盛り返すには、一にも二にも日本人力士のガンバリしかないね」市内に母親と暮らす。
(日刊ゲンダイ2012年1月20日掲載)


作者の、ちばてつやが『のたり松太郎は私のライフワーク』とか言っていたと思いましたが

単行本で22巻までは読んでいましたが・・・

22巻 のたり、優勝す!! (初版 1986年9月1日)

のたり松太郎 22 (ビッグコミックス) 

連載再開後の23巻〜36巻は、未読でして・・・

憧れの令子先生 (初版 1992年5月1日)
松太郎に二重の祝い!? (初版 1992年6月1日)
松太郎オニになる!! (初版 1992年9月1日) I
松太郎父親になる!! (初版 1996年6月1日)

のたり松太郎 23 (ビッグコミックス) のたり松太郎 24 (ビッグコミックス) のたり松太郎 25 (ビッグコミックス) のたり松太郎 26 (ビッグコミックス)

コブつき松、暴れ松!! (初版 1996年11月1日)
のたりのヤル気? (初版 1997年6月1日)
全勝対決 荒駒VS.貴ノ華 (初版 1997年9月1日)
松太郎、ただいま休場中! (初版 1998年5月1日)
松、再始動す!! (初版 1998年8月1日)
松太郎清算す!? (初版 1999年1月1日)

のたり松太郎 27 (ビッグコミックス) のたり松太郎 28 (ビッグコミックス) のたり松太郎 29 (ビッグコミックス) のたり松太郎 31 (ビッグコミックス) のたり松太郎 32 (ビッグコミックス)

駒田中奮闘編 (初版 1999年5月1日)
駒田中奮闘編 (初版 1999年8月1日)
駒田中奮闘編 (初版 1999年11月1日)
駒田中奮闘編 (初版 2000年3月1日)

のたり松太郎 33 (ビッグコミックス) のたり松太郎 34 (ビッグコミックス)

気がつけば、単行本(ビックコミック)は絶版。文庫は品切れですし・・

電子書籍は・・ちょっとですので、

のたり松太郎:マンガ:ちばてつや - 電子書籍はeBookJapan
http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/6285.html

My First WIDE版を12巻から毎月購入して、楽しみにしていました。

17巻も、発売日の27日に購入して、喫茶店にて一気読みしましたが
本当に、面白いというか、最後の盛り上がりは異常。キヨスの活躍にジーンときました。

ちばてつやの漫画は、丁寧に書き込んであって、面白いわけで・・・

最近は、 GOLF コミック:秋田書店 の表紙で見かけますが・・

連載作品はありませんで、
最後、2008年11月に、週刊ヤングマガジン に前後編が掲載された、

「トモガキ」は、読みきりだと思っていましたが・・HPだと、

不定期連載、ちばてつや伝スタート!!

となっていますので、続編を期待したいところですが・・・

ちばてつや伝-トモガキ- ちばてつや
もうペンが握れない!? 時は昭和34年。プロ漫画家として歩み始めた青年ちばてつや、
二十歳。締め切りに追われ、講談社の「別館」にカンヅメになっていたボクが、自ら招いた最大の危機とは? 
極厚・前後編合計90ページ! 不定期連載、ちばてつや伝スタート!!
ヤングマガジン|ちばてつや伝-トモガキ-|作品紹介|講談社コミックプラス


何といいますか、のたり松太郎に感動したわけですが・・・

今まで、オートレースの 鈴木清 のことを、「キヨス」と密かに呼んでいましたが
これからは、「キヨピー」にしようか・・迷うところなわけです。(笑)

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51347278
この記事へのコメント
 のたり松太郎はいいですね。2種類の単行本をあわせて、昨年やっと全巻そろいました。 田中君の優勝・結婚の話を見て、感激してしまいました。
 ちばてつやは子供の頃から大好きで、「ちかいの魔球」「紫電改のタカ」「ハリスの旋風」を少年マガジンで毎週楽しみにしていた事を思い出しました。
Posted by 50代の松太郎ファン at 2009年10月30日 06:27
My First WIDE版が出たおかげで、私は最後まで読めましたし、単行本の古本価格も下がりましたが、去年に全巻集めるのは大変だったと思いますが・・

世代がちがいますが、(マガジンといえば向太陽でした)ちばてつやはいいですね・・

当時、大橋巨泉が、「チャーシューメンは、間違いで、上でタメを作らないとゴルフはダメなんです。」と語っていたとき。何言ってんだ、チャー・シュー・ウ・メンでタメは作ってるよ・・と思った事がありましたが、のたりの、松と大西会長のゴルフの回で、松が「ワンタンメン」と・・あぁ・・タメがないや・・と思ったりしたことを、なぜか思い出したりしました。
Posted by para080 at 2009年10月30日 08:27
俺のよくいくお店に、新品文庫本置いてあるけど誰も手に付けない
Posted by のたり花太郎 at 2011年05月14日 08:55
文庫版は色々問題がありますが・・・
残念ながら、そんなに売れてないんでしょうね〜面白いんですけど
Posted by para080 at 2011年05月14日 14:08
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: