2009年10月12日

片平失格。第59回GI船橋オート祭 2日目

船橋オート UCCカップ オートレース発祥59周年記念GI船橋オート祭 2日目

ポスター 

放送中、一つ質問が読まれまして、曖昧ですが
「..池田選手の下の女性が誰かわからず、昼も寝れません。教えて下さい。」

夜寝れば〜(笑)でいいのですが、船橋中継はこの質問にキチンと答えまして

女性じゃなくて、早船 歩(27期) ですよ〜


早船早船01 

バイクで走る人たち: 第3R 早船選手編

と、答えていましたが、
そんなわけで、来年のファン感で早船の女装フラグが立ったということですが

そんな、船橋オート祭2日目 4R

4R01

船橋オートレース 10月11日
4R 予選 3100m 走路情報 天候: 晴 12:10現在 走路状況: 良
走路 走路温度: 38.0℃ 気温: 22.0℃ 湿度: 30.0%
枠番  選手名  ランク LG 級期  競走車名  ハンデ 試走
1 松永 幸二 A 205 1 13 M・ラピード  0 3.44
2 西村 健 A 163 1 21 K・ザウト  10 3.38
3 篠崎 実 A 26 1 9 ゴッドブレス  20 3.40
4 柴田 健治 A 7 1 27 パルトネール  20 3.36
5 武藤 博臣 A 20 1 28 バルデラマ  30 3.32
6 田代 祐一 S 64 1 15 S・ジルダ  30 3.34
7 松尾 啓史 S 31 1 26 ラディカルV  30 3.33
8 片平 巧 S 13 1 19 アイト107  30 3.33

2連単 発売票数:26100 返還票数:0 差引票数:26100
3連単 発売票数:177058 返還票数:0 差引票数:177058
2連単オッズ

レースの方は、抜け出した武藤と片平のマッチレースへ

4R02

片平は外から、武藤を煽りますが・・・仕掛けられず
外に振って内に飛び込む。オートレースのお約束のなんですけどね

4R044R054R074R08

やっと、6周回1Cで仕掛けましたが・・・

4R094R104R11 

前輪が入ったか?と思いましたが・・ それでも、抑える武藤。引けない片平。

4R124R13 

片平がブレて、外に流れるところを、『二度寝常習者』松尾啓史が飛び込んできたわけですが

松尾兄4R14

入線順位は、松尾、武藤、片平の順も・・片平審議、失格へ

asf_007147013asf_010111360

レース結果  レース動画

あんだけ外から煽られてもイン絞めて譲らない、武藤が悪いのか?
あんなきついインに入る片平が悪いのか?

2007年の6月4日の優勝戦、を思い出したりしましたが
2007年06月04日 平成19年度千葉県営第1回第2節 12R

ポイント制ですから、無理する場面ではありませんが
あそこで、仕掛けない片平はみたくありませんし、でも、あれで武藤を責めるのも・・

微妙だな・・・と5=8-7を持っていた私は思っていましたが
相互接触両者戒告。でも・・・と思いますが・・順位がかわっていますからね

オートレースは、色々難しいわ・・・と思ったりしたわけです。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51340618
この記事へのコメント
アレですね、昔は場によって審判の基準が違うから云々と言われてたんですが、船橋選手同士の競りを失格に取るというのは、審判基準は厳しい方向で統一されたと見て良いんですかね。最近は浜松も飯塚もエラい事厳しく取るし。
判定の基準統一自体は歓迎なんですが、こうまで厳しいのは…まさかこれ、死亡事故や糞タイヤ絡みの結果ですかね('A`)
Posted by イッパチ at 2009年10月13日 01:19
ガチガチしたレースを期待していますのでちょっと残念だとは思いますが・・事故防止のため、この時期、反則基準が高くなるのは仕方がないとは思います。

今回のブラック武藤と片平の場合。あれだけ周回がありましたから、片平は攻めないといけない状態ですが。

外からプレッシャーをかけて内から仕掛ける。オートレースの基本だと思いますし、常識的に、ここで入るだろうな・・と思いましたが

ランク上位の車が仕掛けて、前輪が入っているのにあそこまで抵抗していいものか?抜く時のお約束が守られないと危険だと思うんですけどね・・

キレイ抜くのはもちろんですが、キレイに抜かれるのも大事だと思うんですけどね・・

現状ルールでは、片平失格というのはわかりますが・・
正直、何か釈然としないものが残ったりしたわけです。
Posted by para080 at 2009年10月13日 02:05
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: