2009年10月07日

リターンマッチ GII第5回オーバルチャンピオンカップ 最終日

ちょっと、今更ですが・・・

西日本鉄道 GII第5回オーバルチャンピオンカップ 5日目 リベンジ優勝戦

リベンジ優勝戦

ここ最近では、飯塚オートだけのお約束?かも知れませんが
『“リターンマッチ”をコンセプト』とした番組。リベンジマッチ。

今回は、4日目、5日目と全くの同一番組。

オープニングで、内野久照が
...昨日敗れた選手はリベンジに燃えます。そして勝った選手は連勝を目指すというリベンジマッチ。 そして、お客様も今日がリベンジです。

多少浮いた客、儲かったお客も・・リベンジですか?
そんな、予想紙も両日、同じものでも大丈夫かな?と思う番組ですが

去る2006年に、報知の淡路記者が、競馬欄で書いていましたが・・

「もう一回やれば、必ず違う結果になるはず!」

ちょいワル

-競馬ファンがよく口にするフレーズだ。

競馬だけでなく、色の付いた帽子をかぶって着順を争う競技において、
レースの流れや展開は、その結果に多大な影響を及ぼす。そう信じる人間は多い。
しかし、本当にそうだろうか。実験サンプルを紹介しよう。
オートレースに『リベンジバトル』なる番組がある。
前日と全く同じメンバー、枠順、ハンデで翌日も競うのだ。
昨年12月、飯塚オートで行われた第一回リベンジバトルの結果は、ギャンブル通の
固定観念を真っ向から否定するものとなった、
全12レールのうち、なんと10レースで前日の1着選手が連勝を決めたのだ。
何度やったところで、それほど結果は変わらない・・・。

一部抜粋。『淡路哲雄 ちょいワル馬券』 2006年4月23日より


私が知らないだけで、結構、やっているかも知れませんが・・

2006年の山陽オートの【リベンジバトル】では

川口オートで場外発売を行う山陽オート”リベンジバトル”(3月9日〜12日)は3日目(3月11日)と最終日(3月12日)が同一レースとなります。今回川口オートでは場外発売イベントとして、4月に行われる山陽『GI平成チャンピオンカップ』への旅行が当たるクイズを実施致します。是非クイズに挑戦して、山陽への旅行をゲットしよう!
山陽「GIの旅」が当たるクイズ(2006/0306)

山陽「G気領后廚当たるクイズ結果について

リベンジ

天候・走路状況が異なったことが大きく影響したのか、
同じ組み合わせになったレースは一つもなく、
最終日に1着となった選手は全員“リベンジ成功”となりました。
山陽「GIの旅」が当たるクイズ結果(2006/0317)


と言う結果になりましたが・・・
過去気がついた、「リターンマッチ」は、走路状態が異なる場合が多く参考になりませんが

今回、西日本鉄道 GII第5回オーバルチャンピオンカップ のリベンジマッチは

4日目の表彰式。

甲斐佑里
そして明日も、優勝戦もう1回あります。リベンジマッチとなりますが、どんな気持ちで挑みますか?

浦田信輔
まぁ、明日予想が雨らしいですけど、そこら辺がどうかな?と....

浦田

と語っていましたが、
雨は降らず、走路温度は確認していませんが、同じ良走路で行われた

10月04日 12R 優勝戦 4100m 走路情報 天候: 晴
20:30現在 走路状況: 良走路 走路温度: 24.0℃ 気温: 19.0℃ 湿度: 64.0%
10月05日 12R リベンジ 優勝戦 4100m走路情報 天候: 曇
20:40現在 走路状況: 良走路 走路温度: 24.0℃ 気温: 21.0℃ 湿度: 72.0%

リベンジマッチ

同じ勝ち車、連勝者は、1R3R5R6R11R12Rと6人も
2連単の同じ組み合わせは1組。3連単は0 という結果でございまして

飯塚オート2009/10/04全レース結果 飯塚オート2009/10/05全レース結果

何とも言えない結果となりましたが・・・

エンジンは生き物だそうで、湿度が変わるだけで変化があるそうですが・・

そんなわけで、12R リベンジ優勝戦。

-この時間またまた冷え込んでいます。昨日のこの時間よりも寒い感じがします。

甲斐佑里

2日目の雨を境にぐっと秋が深まっているという感じですね。

飯塚オートレース 10月5日
10月05日 12R リベンジ 優勝戦 4100m走路情報 天候: 曇
20:40現在 走路状況: 良走路 走路温度: 24.0℃ 気温: 21.0℃ 湿度: 72.0%
枠番  選手名  ランク LG 級期  競走車名  ハンデ 試走
1 竹本 修 A 51 1 25 オサムジャパン  0 3.34
2 田中 守 A 32 1 14 ドームゼロ  10 3.33
3 越智 尚寿 S 72 1 25 クライシス  10 3.34
4 永冨 高志 S 61 1 17 S・ジルダ  10 3.35
5 片平 巧 S 13 1 19 アイト107  10 3.33
6 池田 政和 S 6 1 23 ヤマセンコー  10 3.32
7 浦田 信輔 S 12 1 23 パンジャA  10 3.31
8 有吉 辰也 S 5 1 25 タツダンス  10 3.30

2連単 発売票数:36508 返還票数:0 差引票数:36508
3連単 発売票数:402951 返還票数:0 差引票数:402951
2連単オッズ

松田さんの予想は、本命対抗が変化していました。

4日目(優勝戦)

4日目松田予想4日目

8=7-36 8-3-67 8-6-37

5日目(リベンジ優勝戦)

5日目松田予想5日目 

7=8-36 7-3-68 7-6-38

浦田信輔
今ちょっとバタバタしています。
色んなとこいじっているんですけど、昨日とはちょっと違うかな?と思ってます。
有吉辰也
同じじゃ面白くないんで、シリンダーとピストン変えました。

そんな、人気を分ける両雄。

浦田有吉 

10線スタートは、内から越智選手、外は浦田、有吉。うまく浦田が有吉の伸びを抑えまして、今回も早めに攻める浦田でございますが

2周回1C、3番手の越智、田中守のところを、有吉が攻めますが

宮本アナ
『ちょっと、有吉がそ、外〜飛びかげん〜』

12R0112R02 

そんなこともありましたが・・・
浦田、有吉、竹本の順で入線で、浦田のW優勝も

浦田02浦田01

レース結果  レース動画

有吉が審議。

審議 

確かに、越智は7番手まで下がっていましたが・・・大丈夫かと思いましたが
長い審議の後、男の声で放送が・・・

『お待たせいたしました。審議の結果をお知らせいたします。
8番車は2周回1Cにおいて3番車に対し内側から斜行しその競争を妨害いたしましたので
実施規則に基づき失格と判定いたします。』

失格か・・・人気だし、あれぐらいならセーフにしてやれよ。とも思いますが

4日目フライング。5日目失格。ついでに、去年(4回)のリベンジ優勝戦、落車。
「オーバルチャンピオンカップ」ではツキがありませんね・・・

正直、大して強引な攻めとは思えませんでしたが・・結果は結果ですが・・

失格だったからではありませんが、ちょっと攻めると、タイヤが滑って反則失格。
これじゃ、客としても、怖くて買えないですね。

今更ですが、今のオートは、本当に突っ込めないわ・・・遊びで買いますか・・ホントに

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51338454
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: