2009年09月29日

永井秀樹選手(伊勢崎・25期)のご冥福をお祈りします

9月27日 飯塚オート 平成21年度飯塚市営第7回第2節 7R

永井秀樹 (25期・伊勢崎)が殉職 

7R017R

選手プロフィール:永井 秀樹 ・ ナガイ ヒデキ ・ HIDEKI NAGAI

レーサートピックス:永井秀樹選手の殉職について  オートレースHP

オート永井秀樹選手がレース中に事故死 日刊スポーツ
「飯塚オートで悲劇…永井秀樹選手が事故死」 スポニチ
オートレース中に選手死亡…福岡・飯塚オート 報知

高速でオーバルを集団で競い走る競技、オートレースに落車はつきもの。とは思っていますが、殉職のニュースを聞くのは切ないものです。

1999年03月23日 藤川順二(10期・船) 飯塚 享年49(4月3日死去)
1999年12月23日 中村政信(19期・飯) 飯塚 享年33
2002年02月03日 入江輝義( 7期・山) 川口 享年53 ゴール後
2006年10月13日 橋本和美(26期・川) 川口 享年28 練習中
2007年01月02日 浅井孝祐(期前・川) 川口 享年68
2009年09月27日 永井秀樹(25期・伊) 飯塚 享年35

どういう状況でどんな事故かレース動画を見てみましたが、1周回の2C過ぎ、直線でタイヤを滑らせ転倒した前方車を避けられず4台が接触落車。(計5台が落車)
コース場に選手やバイクが残らず、レース続行可能な状態ですから赤旗は振られませんでした。

スピードだけを追求し...これを抑えるため導入された選手も客も困っている糞タイヤ・・・

もはや「公平安全」などとは、口が裂けても言えない今のオートレースの現状・・
まともな組織だったら改善されるでしょうが・・直線での事故が多くなった現状でも変える素振りはありません・・

色々思うことはありますが、人の死と言う重い現実の前では・・

ただ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

船橋オート 2009年06月29日 平成21年度千葉県営第1回第2節 1R(1着) より

永井秀喜00永井秀樹

1997 SPEED STAR

1997永井秀樹

9月28日
内野久照 (飯塚オート中継)

内野

番組の冒頭ではございますが、ここで訃報をお伝えします。
昨日、当飯塚オートレース場7Rにおいて落車事故があり永井秀樹選手が殉職されました。
 
永井選手には当場において緊急処置がほどこされ、心肺停止のまま飯塚市内の病院に病院に収容され、必要な処置が取られましたが手当のかいなく、昨日午後4時7分頭蓋骨骨折および頭蓋底骨折により死去いたしました。
 
永井選手は、群馬県生まれ伊勢崎オート所属の25期生。97年デビュー享年35歳でした。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

堂前英男 (川口オート中継)

川口

..昨日、飯塚オートの落車事故によりまして、伊勢崎オート所属の25期所属の永井秀樹選手が殉職されました。享年35歳でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

オートレースというのは、落車事故と隣り合わせのレース。それがゆえに、ファンの皆さんもその迫力で楽しむことができるわけなんですけれどもね、昨日の落車事故、そして殉職をされました永井選手、残念でなりません。

これからこういう事故が無いように、私たち関係者ですもね願いながらレースを見守っていきたいと思います。そしてファンの皆さんもオートレースをですね、変わらず見ていただきたい。そしてオートレースを支えていただきたいと思います。

10月7日
中林久美子(伊勢崎オート中継) 

伊勢崎10.7

ファンの方はもうご存知だと思いますが、去る9月27日飯塚オートレース場で起きまして、伊勢崎所属25期、永井秀樹選手がレース中の事故により殉職されました。

伊勢崎オートレース場では、明日10月9日まで献花台、記帳台の設置がされております。

isesaki

入場の際にはお立ち寄りいただければと思います。

吉原さん、永井選手と言いますと、ロッカーでもいつもこう穏やかでした。
調子が良いときでも、もちろんなんですが、悪いときでも優しくお話聞かせていただいて
そしてお話の中にはいつも御家族のお話もよくされていらっしゃいましたね。山川選手との師弟関係もお互いをこう尊敬し合っていらっしゃる師弟愛をいつも私らとお話聞かせていただいて感じでいたんですが

これから選手の方は、感動あるレースをもちろん無事故でしていただき。
私ども関係者も、ホント微力なんですけど全力でオートレースを盛り上げていこうと思っています。
ファンの皆様は、永井選手がお父様のお話にあったんですけども、本当にこのオートレースを愛していらっしゃった。ということなんですよね。ですので、その永井選手の分まで皆さんこれからもずっとオートレース愛していただいて、お楽しみいただければと思います。

永井秀樹選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51334262
この記事へのコメント
まずは永井選手のご冥福をお祈りします。当日は参戦予定でしたが、別件で行けませんでした。悲惨な現場みたいでしたね。レース成立には色々意見があるみたいですが、人間一人の命がかかった場合はどうでしょうか。危険と隣り合う仕事とはわかっていても死というものは悲しい限りです。二度とこのような事が起きないように何か対策も必要でしょう。お子さんも小さいと聞いてますし、私も小さい子供がいますから、とにかく心が痛みます。長文申し訳ありませんでした。
Posted by ジョナ at 2009年09月29日 07:20
オートレースを楽しんでいるものとして、殉職者の出たときのやるせなさ・・二度と味わいたくないのは間違いありません。

あんな所で滑るのは、選手の技術よりタイヤの問題だと思いますし・・何度危ない場面を見たことか・・

でも、浅井孝祐さんの死から何も改善されていない状態というのが、また悲しいわけですが・・

何度もレースを確認しましたが、

今の実施規則では不成立にする要素はないと思いますし、不成立にしなかった審判員を責めるのは、酷と私は思います。

救護員や医師の質の向上など別に考え構築し改善しなくてはならない問題だと思います。
Posted by para080 at 2009年09月29日 19:56
実は私もpara080さんの意見に賛成です。選手はプロですし、何百回、何千回と走ってますし、普通のミスとは違うみたいですね。環境を考えて消音マフラーを導入したんだから、選手の安全を考えてタイヤを改善するくらいは簡単ではないのでしょうか。またすぐに飯塚ナイターが始まります。永井選手に黙祷を捧げる為にも参戦しようと考えてます。
Posted by ジョナ at 2009年09月29日 21:24
レースを見ていないので。。。

唯一、オートの話しのわかる同僚と話しをしました。
彼女は、初日のオートレースGPを観戦してきたようで、
「あんなに貢君が滑っているのを見たことがない」
「タイヤがセアに負けてる」
「新マフラーでもこれでは。。。」と仰ってました。

まだ小生は、ファン歴が短いので無知なんですが、
以前から「タイヤはありますか?」みたいな
コメントを取るような状況だったのでしょうか・・・

タイヤ代も大変でしょうが、命には変えられません。
今回のこと、永井選手の死をしっかり受け止めて、
選手たちの声を聞き、改善をしていかないと
また繰り返してしまいそうで。。。

まとまりの無い文章、お許しください。
Posted by HI at 2009年09月30日 01:24
オートレースマガジン9月号に「競争不成立は本当に増加しているのか?」という、興味深い記事がありました

ただし、基本は選手の安全が最優先。これに異を唱える人はいないでしょう。

と締められていましたが・・・

色々と考えることはありますが・・キチンとまとまらないのが本当ですが・・

オートレースの車券を買い、見守ることが、1ファンにできることだと思っています。
Posted by para080 at 2009年09月30日 10:41
オートレースに死亡事故は残念だが付き物
選手は承知の上で走り最悪の事態も納得してるはず
Posted by かた at 2015年06月29日 00:27
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: