2009年07月26日

あら、タオル回し『ReBORN』コンサート(赤坂ブリッツ)

AKASAKA BLITZ(赤坂ブリッツ) での尾崎亜美さんの単独ライブに行ってきました。

『ReBORN』コンサート

400曲以上の持ち歌がある歌手ですが、『ReBORN』コンサートですから
アルバム『ReBORN』をもう一度聞き直し

ReBORN 

ちゃんと曲を確認しておこうと思いましたが・・
当日が来てしまいまして、予習もなく行った訳ですが・・・
結構、覚えていまして楽しめましたが、覚えてなくても楽しめると思えるのが不思議な感じですが

何か、久々の単独ライブのような気がしますが・・・
今のところ次は未定ですが、MCで後にツアーをやるみたいなことをいっていましたので、セットリストなどは書きませんが

豪華なメンバーが集まりまして、おなじみの3人
尾崎亜美(1957年3月19日-)小原礼(1951年11月17日-)是永巧一(1961年12月25日)
そして
屋敷豪太(1962年2月26日-)斎藤有太(1968年1月19日-)
綺麗なお姉さん役(コーラス)で、Aisa(1981月8月14日-)

icon iconicon icon

Aisa Official Site

あのブレバタ(ブレッド&バター)の兄の方の娘さんですか〜
コーラス以外にも、ギターや母親(マナ)の歌(曲名忘れた)を披露していました。

調べましたら、
おなかすいたね という曲でした。
おなかすいたね マナ 歌詞情報 - goo 音楽

そして、西村智彦(1964年1月25日-)(Sing Like Talking)もゲストで何曲か登場。

そんで、弦一徹カルテット?(弦一徹ストリングス)も登場。弦楽四重奏で、2006年の
Popular week Live in 東京文化会館 - my wonderful night -
の再現。ヴァイオリン弦一徹、永田真希。
ヴィオラとチェロのお二人は名前をちょっと忘れてしまいました。
多分、2006年と同じ、森琢哉(ヴィオラ),岩永知樹(チェロ)だと思います。

1F後ろの段差がある席でしたので、ステージ全体を見渡せる場所で、ゆっくり見ることができましたが、
赤坂ブリッツの椅子はパイプ椅子ですので、途中でケツが痛くなりまして・・
さっさと立ちたかったのですが・・曲の選曲などもありますし、流れが読めずタイミングがつかめませんで、結局・・アンコールの時ぐらいしか立てませんでした。

「My Shiny Town」と「北名古屋音頭」 が聞けなかったのは残念ですが(当たり前)
ひとりっこカバっ子 がちょっと聞けましたので・・・

演出も派手でしたし、音響も良かったですので、楽しむことが出来ました。
50歳超えても、ファンの声援は、「亜美ちゃ〜ん」なんですね。違和感が全く無いのがスゴいわけですが・・・

私などは、まだまだですが、それなりに、尾崎亜美のコンサートには行っているつもりでしたが
今回初めての体験がありまして・・・

ある曲の時、前の方の集団が、白いハンカチやらタオルをぶん回していまして

タオル回し  ですよ・・・

ここは、東京ドームかマリンスタジアムか・・それとも野外フェスかと(笑)

合図があったのか?この曲のお約束なのか?
もちろん、私などは、知りませんので持っていませんでしたので参加できませんでしたが、亜美さんのコンサートで、 こんな場面は見たことがありませんでしたので・・ちょっと、ビックリしたわけですが

中村あゆみさんのマネとか、MCで語っていた気がしましたが
尾崎亜美のコンサートでは、白いタオルかハンカチが、これから必須アイテムになったのですかね?

なぜ,どうしてこうしてこうなったのか?全くわかりませんので、これから調べたいとは思いますが・・・

帰りに売り場で、エコバッグ(1000円)を購入しまして、一杯やった後

エコバッグ

アルバム『ReBORN』を聞きながら、このブログを書いているわけです。

Posted by para080 at 03:00│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51299799
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: