2009年07月04日

地域猫も色々大変だな・・

最近、銀座でよくみる、猫ですが・・・

ねこ01

近くにビルには、『ねこにエサをあげるな!!』

ねこ03

『各位
猫に餌を与えないで下さい
猫の小便・糞の為非常に迷惑です。
        管理事務所』


ねこ04

ネコにとっても、生きにくい世の中でございますが・・・

ねこ02

でも、その近くには、

『この地域の野良猫は。不妊や去勢手術を施してあります。
野良猫は短命です。温かく見守って下さい。』


ねこ05

無責任なエサやりだけしている訳ではないみたいですが・・・
色々難しいわけですね・・・

猫たちに罪はありません。猫を排除するのではなく、地域の問題として捉え....

とは、よく言いますが・・・
地域猫問題もと言うものは複雑で大変だな・・・と思ったわけです。


地域猫(ちいきねこ)とは、特定の所有者(飼い主)がいない猫で、かつその猫が住みつく地域の猫好きな複数の住民たちの協力によって世話され、また管理されている猫のこと。 この中には、特定個人や不特定多数によって、ただ給餌されるだけの猫は含まれない。特定個人によってのみ給餌されるだけの猫は当該個人の飼い猫であり、特定個人に養われていない(管理責任を持つ者がいない)猫は野良猫である。
地域猫 - Wikipedia


Posted by para080 at 12:34│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51282253
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: