2009年04月22日

堂前アナ「田代祐一、新人選手(広瀬勝光)を破って優勝です。」

川口オートの平開催。平成21年度川口市営第1回第2節
優勝戦に30期から、広瀬勝光(26歳)が1.1.1で優勝戦に乗ってきまして

広瀬君01

(専門紙、選手名鑑、中継)での表記、廣瀬勝光 とここに明記するべきなのかもしれませんが、 HPの表記は文字化けしないようにか?『広瀬』ですし、他にも 盒供覆呂靴瓦世)→高橋 濱野→浜野 齋藤→斉藤 などと掲載されていますので
選手名の異体字の取り扱いについては、よくわかりませんので、ここでは
広瀬勝光 にしておきます。


インタビューでは
今日は運良く優勝戦乗ることができました。
自分のなかで悔いないように精一杯走りたいと思いますので応援よろしくお願いします。

広瀬くん01広瀬くん02

無意識か?右手拳を握りしめていまして、気合が入っていました。

これを、阻止するか?遠征勢から1人優出の、田代祐一(50歳)

田代01田代02 

堂前英男曰く、 「戦う田代の姿に戻ってきてますね」

雨の優勝戦。ハンデは違えど、両者試走3.63の一番時計。 
すんなり、新人が逃げ切るのか?それとも、田代がやってくれるのか?

川口オートレース場 2009年04月21日
12R 優勝戦 3100M 発走予定時刻 16:30 天候: 雨 16:38現在
走路状況: 湿走路 走路温度: 19.0℃ 気温: 19.0℃ 湿度: 74.0%
枠番  選手名  ランク LG 級期  競走車名  ハンデ 試走
 1  高橋 義弘 S 35 1 29 ピンピン  40 3.68
 2  田代 祐一 S 60 1 15 ディライト  40 3.63
 3  佐藤 裕二 S 58 1 24 ライキリ  40 3.70
 4  中野 憲人 S 70 1 24 ジェリー  40 3.65
 5  牛沢 和彦 S 43 1 20 フェルメール  40 3.65
 6  青木 治親 S 40 1 29 キツネFOX  40 3.64
 7  浅野 幸三 A 60 1 17 ワインレッド  20 3.73
 8  広瀬 勝光 B 136 2 30 ヤイチ22   0 3.63

2連単オッズ

レースは予想通り、二人の世界でしたが

4周回4Cで、田代に差された後も、2級車の分際で・・食らいついて・・・
外ぶん回りで一瞬捲る勢い・・・

12R01

そして、なんと、2級車の立場で・・あの田代のインへ切り返しを狙うとは・・・

12R02

見てる方がビックリでございましたが、さすがにベテラン田代・・落ち着いて蓋をしてこれを許さず。

優勝は・・・田代祐一 104回目のV

田代05田代06

レース結果 レース動画

競争車を止めて、投げ入れられた赤い帽子(チャンピオンハット)は、
2重になっている金網の間に落ちたような感じでしたが・・その後どうなったのかは不明。

でも、本当に、あの田代のインを、2級車の新人が・・・狙おうとするとは・・

wmv_000539305wmv_000566533

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!と言うか・・怖わ〜〜〜〜と思ってしまったりしましたが

内使う前に、最後も外使えなんですが、 狙うなら、最終3Cでお約束で膨れるときでしょう(笑)
でも、悔いなく、何とかして勝ちたいと言う気持ちが見えるレースでした。

あの田代相手に・・魅せるな〜広瀬。恐るべき新人だな〜と言うか・・他の選手はどうしたの?ですが・・
レース後、直ぐに田代の元に挨拶にいく姿は、初々しい訳ですが・・

広瀬、田代

周囲が焦って、今すぐ挨拶に行け。とか考える私は・・無粋ですかね・・

堂前アナの実況も力が入っていましたが・・ゴール直前の
「田代祐一、新人選手を破って優勝です。」はツボに入りました(笑)

広瀬君も魅せてくれましたが・・やっぱり、漢・田代祐一 が一番かっこよかったわけです。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51245076
この記事へのコメント
いや、ホントにすごいレースでした。
伊勢崎場外でしたが広瀬がイン切り返しを狙ったときには「おいおい」というようなどよめきが起きましたもん。
レース終了後には「あの新人はやるな」とか「8番はよくやったな」という賞賛の声もちらほら聞こえましたよ(オヤジたちは名前を覚えられない)。
いや、いいもの見せてもらいました。
それにしても田代の長距離砲はレーザービームですか・・・堂前アナ・・・
なんかそういう洒落た横文字よりも長距離砲(相手を吹っ飛ばすという意味でも)の方が、漢・田代には似合ってるような気がするのですが・・・
Posted by スピードキング at 2009年04月22日 20:01
こんにちは。田代選手優勝おめでとうございます。確かに2級車でインからとはなかなかの根性ですね。2級車と言えば飯塚では久門、荒尾が思い出しますが、今ではトップレーサーですね。今後に期待したいものですね。飯塚の新人はみんなムラがあるような気がします。試走も前日と全く変わってたり。まあ今からに期待したいものです。
Posted by ジョナ at 2009年04月22日 20:09
30期はこれからどんどん変わっていくと思いますが・・広瀬君の走りは予想以上でした。

ハンデを初日から20縮めた番組屋を、空気読めと思うか、ナイスと思うか・・どーとでもとれそうですが・・

すんなり優勝させるより、新人には良い試練と思いますし・・これで更に成長すると思いますから、広瀬君の走りはもちろん、タイムオーバー(濡れブチでは関係ありませんが)で優勝した田代、番組屋も褒めたいところです。

田代の熱い走り・・反則と紙一重と言ってはなんですが・・確かにピンポイントのレーザービームは、似合いませんが、堂前の田代好きが感じられた実況でした。

私、初日、田代=若井-・・・で買っていまして、
田代の頭の方が配当がつきますが・・攻めそうで攻めない田代に・・
イケーと言うより、怖いからそのままでいいからヤメテと思ったりもしました(笑)

でも、面白いわ・・・ホント

Posted by para080 at 2009年04月23日 03:40
広瀬選手は筑波に行った時に、車を一番寝かせて走ってました。金子大輔もかなり寝てましたね。全盛期で当時「鬼足」と言われた鶴久選手の、あの車の寝かせ方が一番ですね。
Posted by ビッグジャパン at 2009年04月23日 07:11
養成所での走りを見ていますか・・うらやましい限りですが

川口4期の鶴久正美選手の全盛期はさすがに知りませんが・・
寝かして走ると、当たり前にグリップ力低下。テクニックが必要というのは素人でもわかります。

単純にあの田代相手に・・あの走りはビックリしました。
Posted by para080 at 2009年04月23日 12:25
プロレスよろしく、結果だけ見て勝ち負け言うんじゃなしにその選手の持つ強さを強烈に印象付けた、っていう点で敢えてハンデ重化した番組屋はむしろGJじゃないかと。いや田代Sでおもくそ先立ちしてるし、競走中も降り続いてたらマジで広瀬チャンスだったとは思うけども…( ´-`)y-~~~
Posted by イッパチ at 2009年04月24日 01:34
広瀬君には厳しいハンデでしたが・・
確かに番組屋ナイス。ですし、してやったりでしょうね・・

本当に面白い競走でした。(田代と広瀬君だけですが)
切り返した時は、思わず声がでてしまいました。

優勝以上の印象が見ていた客には残ったと思いますし、正直、優勝以上の価値があったと思います。
Posted by para080 at 2009年04月24日 02:52
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: