2009年04月02日

「R25」No.231号でオートレース記事

平成20年度船橋市営第4回第2節 内外タイムス杯
船橋オート中継を確認していましたら

吉原完
現在のこのマフラーの爆音が聞くのも今回が最後と言うことになりましたね
照沼杏菜
そうなんですよね、4月から新型マフラーになるんですよね
吉原
はい、そうですね。周辺の環境などを考えた上でのねマフラーの変更になるんですけど
ぜひ、この爆音をしっかりと焼き受けてほしいですよね

照沼
ぜひ、本場で体で体験して欲しいですよね。

ぜひ、本場へ

吉原
しかも今回でこの爆音ともサヨナラなわけですから、ぜひご自身の耳でこの爆音聞いてください。 お願いします。

中継内ではよく聞く、「ぜひ、本場へお越しください。」のフレーズですが・・

0001

何か、重みを感じる言葉と感じたりしたわけですが、
初日以外、【爆音】という単語は聞けなかったりしましたが・・

結局、船橋オート本場に行けなかった、今開催。

2日目8R前に
吉原完
そう言えば、杏ちゃん何か見つけたらしいじゃないですか?
照沼杏菜
そうなんですよ〜家族が教えてくれたんですけど、
フリーペーパーにR25ってフリーペーパー何ですけど、オートレースの記事が載ってるんですよね

吉原
今ここにあるんですよ。ちょっと遠いのであれなんですが、
オートレースがあまり身近ではない人にも分かりやすくね、色々書いてあります。


R25

と、フリーマガジンオR25のオートレース記事を紹介。

R25

オートレース記事といいますと、東スポ 3/20号の一面に、森選手が載りましたが・・

東スポ3.20

まぁ、オートレースというか・・・ですし・・東スポですから・・・

R25世代とは、未だによくわかりませんが、R25式モバイル は使えると有名ですし、結構、読まれている雑誌ですので・・影響力があると思いますが・・

o-to

記事内容は

森且行選手のGI優勝が話題に!知られざるオートレースの魅力を聞いてみた!
ハンデが緊張感のある競り合いを生む。これがオートレース最大の魅力のようだ。さらにオートレースマシンにはブレーキがない。アクセルワークで巧みにラインをとり、わずか幅30mしかないコースのなかで接近戦を展開する迫力は抜群。もっと人気が出てもいい気もするのだが…。

「やはり、レース場が全国に6カ所しかないというのは大きいですね。首都圏のレース場も船橋と川口にしかありません。残念ながら、東京、名古屋、大阪といった大都市にはない。実際にレース場で魅力を肌で感じてもらえる機会が少ないんです」(JKA オートレース事業)
R×R(ランキンレビュー)(掲載日 2009.03.26)
フリーマガジンR25バックナンバー 2009.03.26


本場に来てくれたら・・魅力がわかるのに・・と行った内容でしたが・・

WEBには掲載されていない部分の・・

コーナーでのせめぎあいはオートレースの大きな見所。
ほとんど直管に近いマフラーから発する爆音もオートレースの魅力のひとつと言われている

R25おーと02

4月からの新型マフラーになって、爆音どうなるか・・またも気になってしまったわけです・・・

2009年03月06日:4月から「消音器」付きマフラー導入発表

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51237900
この記事へのコメント
こんにちは。先日新型マフラー採用前の最後の爆音を聞きに飯塚まで行ってきました。またまた完敗でしたが。4月からの新型マフラーはそんなに音が小さくなってしまったのでしょうか?本日から飯塚開催なので週末は必ず聞きに行ってみます。
Posted by ジョナ at 2009年04月03日 08:13
後で、録画したモノを確認する予定ですが・・
本場には行く予定がしばらくありませんので、周りの雰囲気や感想を教えていただければ幸いです。
Posted by para080 at 2009年04月03日 12:52
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: