2009年03月06日

4月から「消音器」付きマフラー導入発表

噂話には聞いていましたが・・爆音対策のための消音器(マフラー)が
4月開催(平成21年度)から装着されることが正式発表されました。

オートレース場周辺への環境対策として、より消音効果のあるマフラーを装着してレースを行います。

1.目 的 レース場周辺への環境対策を、より一層配慮することを目的とする。
2.内 容 エキゾーストパイプの後端部に吸音材を内蔵した消音器を装着。
3.効果等 実車走行テスト(模擬レース)では、最大約5デシベルの消音効果が得られた。
音質は高音域の音圧が小さくなり、低音域の音圧が高くなったことにより
低音域中心の音質である。
4.導入時期 平成21年4月開催からの全てのレース

新型マフラーの導入について(平成21年4月開催〜)
http://autorace.jp/information/2009/0301_silencer/0301_silencer.html

お知らせshuoon

平成21年度より競走車に「新型マフラー」が導入されます
1、平成18年5月11日開催の構造改革検討委員会において、オートレース場周辺への環境対策の一環として消音器の開発を行うことが決定され、その後の研究開発の結果、8車による模擬レースの測定で最大約5デシベルの減音効果のある消音器が完成し、平成20年3月24日開催の小型自動車競走運営協議会において平成21年4月から導入することが決定しました。
2、平成19年9月中旬から10月下旬にかけて、各レース場にて試作消音器装着車8台による6周回模擬レースを実施し、走行性能と音量関係について検証を行ったところ、音量測定結果で消音効果が得られていることが示され、実用レベルでの消音器を開発できたことが確認されました。
浜松オートオフィシャルサイト:インフォメーション一覧


( ゚Д゚)アホな話だと思っていましたが・・・とうとうですか・・・

参考
2008年05月22日

今朝の新聞を何紙か確認しましたが、新型マフラーの事を記事にしていたのは、
スポーツ報知と日刊スポーツだけでした。

消音効果大きいマフラー導入へ オートレース場周辺環境対策
(財)JKAは5日、オートレース場への環境対策の一環として、現行のマフラーと比較してより消音効果の大きい新型マフラーを導入すると発表した。4月開催から各場、全車一斉に装着してレースを行う。昨年秋に実施された模擬レースによると
とくにエンジン調整がなされていない状態で現行マフラー装着車とのタイム差は若干ダウン。また台上出力テストでのエンジン出力は現行とほぼ同程度との結果が出ている。
スポーツ報知(2009年3月6日)より


日刊スポーツはもう少し長めで・・WEBにも掲載されていますが
オートが環境対策に減音マフラー導入

オートが減音マフラー導入
従来のマフラーの後端部に吸音材を内蔵した消音器が装着され、その分、従来より太くなっている。ただ減音によってエンジンの出力も低下する。単純にマフラーだけ換えた6周の模擬レースで上がりタイムが0秒04下がったというデータもある。従来型のマフラーを付けた車と一緒に走れば約40メートル離される計算になる。「手前のパワーがなくなった」「開けても(車が)ついてこない」「加速感がない」などの選手の声がある。

パワーが落ちると、いったん減速したら再加速に手間取るため、開け閉め自在に抜いていくイン走法が難しくなる。コーナーであまりスピードを落とさない2級車のような開け開け走法が当面は有利になると思われる。車券作戦も変わりそうだ。
2009年03月06日 日刊スポーツより一部引用




4月から導入の新型マフラー。
消音マフラーと言うのか、減音マフラーと言うのか・・わかりませんが

現行のオートレースのマフラーは、直管型で消音装置は付いていませんが
新しいマフラーは、エキゾーストパイプの後端部に吸音材を内臓した消音器を装着。
後端部の外径は42mmから60.5mmへ

ここらへんは素人ですから、オートやバイクの知識がある方が何かこれについて詳しい解説をしているかと探しましたが・・
ホント、全然、話題になっていませんね。

結構、重大な話だと思っていましたが、ほとんど話題になっていないということは

【最大約5デシベルの消音効果】ならオートレースのウリの【爆音】は維持できるのですかね?

fumetu

これは、予想外でしたが・・でも・・
『パワーが落ちると、いったん減速したら再加速に手間取るため、
開け閉め自在に抜いていくイン走法が難しくなる。

(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?
競艇の消音タイプも確かに・・回り足、出足のパワーが標準より弱め。ですけど・・・

フジからセアへの時のような劇的な変化ではないのかも知れませんが・・・
とりあえず、セア乗り換え当時の時の様に、しばらくは前残りが多くなるのでしょうかね?
当時、5-5、5-6、6-5の枠連で儲けさせて貰ったことを思い出したりしましたが

心構えは出来ていましたので、あまりショックではありませんが・・・
まぁ、本当になるようにしかなりませんが・・

何というか、4月の開催を色々楽しみというか・・まぁ、そんなところです。

新型マフラー

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51228056
この記事へのコメント
いよいよ消音マフラー採用ですか。オートならではの爆音を減らすことでお客さんまで減る気がするのは私だけでしょうか?もちろん選手の負担や周辺への気配りは第一ですが、爆音とスピードを体感するために来場に足を運ぶ人もいるのも確かですよね。私はオート自体が好きですから引き続き足を運びますが、どうか廃止に向かうようなことがないように祈るだけです。
Posted by ジョナ at 2009年03月06日 21:03
21年度から消音器装着ほぼ決定。言う話は何となく聞いていましたので、本場に行った時は、「もしかして今回が最後か」と言う気持ちで【爆音】記憶に残していました。4月からどんな音になるのか?気になりますし・・日刊スポーツの予測みたいに、レース内容ももっとつまらないモノになるのは勘弁ですが・・・。もしかして整備の規則が変わるかも?と言う話もありますから・・・長い目で・・と言うか・・この状態を楽しむしかありませんが・・

騒音問題は、鳩ヶ谷市からが有名ですが・・

参考
http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Race/1549/sub6-2-jiken.html

防音壁、近隣のごみ清掃だけじゃ納得いかないみたいで・・

本来ナイター用に開発したなら、川口でナイターをやるのか?
そんなわきゃありませんので、せめて薄暮レース位は実施してもらいたいものです。
Posted by para080 at 2009年03月06日 23:33
オートレースマガジンによりますと(以下抜粋)
苦情の発信源は、どうやら船橋レース場の隣接地に建設されたマンション群らしい。「承知の上で入居したんだろう」というのはこちらの言い分のようで、関係者によると、形の上で何らかの対応を迫られる状況になったようだ。
(以上抜粋)
だそうです。
確かにテレビの画面を見るたびに、私もあのマンションの人たちうるさくないのかなぁ、なんて思ってたりもしたものですが・・・
やっぱりうるさかったのですね
5dbの減音ですか・・・
元々の数値がいくつなのかは分かりませんが、人間は(おそらく)90db以上の音をうるさいと認識するようなのですが、元々の音が120dbとかだった場合、5db減って115dbになってもうるさいはうるさいわけで、そんなに効果がないようにも思われるのですが・・・

〜音質は高音域の音圧が小さくなり、低音域の音圧が高くなったことにより低音域中心の音質である。〜
というのも微妙です。音の伝導は低音域の方が遠くまで伝わりますから、ごくごく間近では減音されたように感じても1km2km先ではかえって増音されてた・・・なんてことには・・・ならないでしょうねぇ、専門家の方達がそういったことも考慮して装着に踏み切ったのですから・・・。

まぁ、でも現時点では誰もなんとも言えないというのが本当のところでしょうか?選手のコメントも「何らかの変化はあるだろうが、それがどういったものになるのか分からない」というのが多かったですから

私的にはあの音が減音されるのは非常につらいものがあるのですが、存続のためにはやむを得ないのか、といった感じです。
オートレースが廃止されるよりは・・・ね

おっといかんいかん、それでは今から伊勢崎のG2グランプリに行ってきます
Posted by スピードキング at 2009年03月07日 10:38
詳しい解説ありがとうございます。

オートレースマガジンは定期購買していませんので知りませんでした。

船橋のあのマンションを売る時のちらしには、船橋オートの姿は無く、客がつっこむと、「オートレース場は廃止になりますから」と説明していた。と言う話を思い出します。

ホント、強気になれないオートレースの現状ですから、近隣住民対策のため何かしら対策をするのは仕方が無いのかも知れませんが・・

とにかく、スピードキング様の伊勢崎での勝利を願っております。
Posted by para080 at 2009年03月07日 11:50
音は4月になって聞けばわかりますが、見た目はすっごく格好悪いですね。天国に居るオートレーサーの笑い声が聞こえてきそうです。これも時代の流れですかね・・・。
Posted by ユーキャン at 2009年03月08日 00:50
競走に必要のないものは一切取り除かれた、オートレースの競争車。

確かに、新型マフラーの後端部は・・ムダでかっこ悪いですね・・

時代の流れ・・廃止よりは・・と言われるとどうしようもありませんが・・

スピードダウン化で、セアに変更当時の理想の究極のレース。
操縦技術の勝負、抜きつ抜かれつの熱いレースになれば・・

は妄想ですが・・


Posted by para080 at 2009年03月08日 01:41
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: