2009年02月16日

永井大介地元SG初V+全勝V 第22回SG全日本選抜オートレース

船橋オート
ニッポン放送カップ 第22回SG全日本選抜オートレース
最終日

優勝戦

冠スポンサーのニッポン放送から
笑福亭鶴光のオールナイトニッポンを楽しみにしていたと言う、
営業局 千葉支局長 野島哲男さんがゲスト登場。
オールライト千葉 ニッポン放送支局長ノジマ日誌

ふなばし01ふなばし 

プレゼントやニッポン放送デザインの勝負服の説明

ふなばし04勝負服

そして、来週からの ニッポン放送スペシャルウィーク2009の宣伝と、キーワードのヒントを教えてくれたり・・・今年の7月15日に開局55周年。の宣伝。

開局55周年記念番組 『あなたとうたの55年』

それにともない、視聴者の方へお願い。
昔の番組の音源が残っていないので、オート中継を見ている方で、昔の番組を録音している方、放送局の人間としては恥ずかしい話ですが、ニッポン放送まで送ってください。
詳細
実をいうとニッポン放送には昔の番組、特に“生放送”の音源があまり残っていないのです。今回も当時のパーソナリティやスタッフにあたり音源を集めていますが、なかなか揃わない・・・そこで、もしあなたのお手元に昔のニッポン放送を録音した音源がありましたら、是非ニッポン放送までお送りください。貴重な音源を番組の中でご紹介させて頂きます。ご協力頂いた方には同じく「タイムテーブルレプリカ」をお送りします。尚、お送り頂いた素材はお返しできませんので、予めご了承ください。

あて先:〒100−8439 
ニッポン放送 「ラジオ・アカデミー大賞」音源係
メールアドレス:55@1242.com
締切は2月20日必着ですが、早めにお送り頂けると助かります。
ニッポン放送 あなたが選ぶ歴代人気番組ベスト100 ラジオアカデミー大賞


そんな、冠スポンサー様からのお願いもあったりしましたが

満員のスタンドの中行われた、優勝戦出場選手紹介セレモニー

セレモニー01セレモニー03

BGMが、『愛は勝つ』『UWFのテーマ』それとも『ビタースウィート・サンバ』
と期待していましたが、中継ではわからなかった訳ですが・・・

永井貢有吉雅人

池田片平岩田浅田

15時から、BS11でも放送が始まり、盛り上がる船橋オートでございますが

12R 優勝戦(枠順抽選) 5100m 走路情報 天候: 曇
16:38現在 走路状況: 良走路 走路温度: 18.0℃ 気温: 15.0℃ 湿度: 51.0%
枠番  選手名  ランク LG 級期  競走車名  ハンデ 試走
 1  永井 大介 S 3 1 25 ダビド・ビジャ  0 3.27
 2  高橋 貢 S 1 1 22 Fニーナ  0 3.28
 3  有吉 辰也 S 9 1 25 タツダンス  0 3.32
 4  中村 雅人 S 15 1 28 モンソン  0 3.30
 5  池田 政和 S 5 1 23 ヤマセンコー  0 3.31
 6  片平 巧 S 8 1 19 アイト  0 3.30
 7  岩田 行雄 S 23 1 15 Vミステリアス  0 3.31
 8  浅田 真吾 A 47 1 27 ランドシャーク  0 3.31

2連単 発売票数:316687 返還票数:0 差引票数:316687
3連単 発売票数:2423265 返還票数:0 差引票数:2423265

2連単オッズ
予想通り・・・4連勝の永井が圧倒的人気。仕方が無いところですが・・

レース前のSG特別ムービーがまた、かっこいい訳で・・

12R04

2006年〜08年の優勝戦のVTR。そして2009年

激戦を勝ち抜いた 選ばれし戦士の 最終決戦 

12R050012R06

Final ふなばしオート 優勝戦

12R0112R0212R03

伊勢崎を超えましたよ・・これは・・・

レースの方は・・・有吉が見事なスタート。永井、雅人、貢と続くも
3周回目、地元SG初優出の圧倒的人気の永井が先頭に

12R1112R12

こうなると、注目は2番手争いでしたが・・・
雅人のインへ入ろうとした貢が、滑って後退。

12R1312R14

ここから、有吉と雅人の2番手争いが始まり・・・

12R1512R16

抜きつ抜かれず・・意地と意地のぶつかり合い。

12R1712R18

カメラワークもお見事でございました。

そんな、2番手争いを尻目に、優勝は、永井大介(船橋)
「地元じゃ負けられない」と言う結果が
完全優勝。地元SG初優出、初優勝。のおまけ付き。

12R2012R21

永井nagai

お見事の一言ですが・・・次はイン逃げでないSG勝利も見たい気もしますが・・

レース結果 Auto Archives:SG第22回全日本選抜オートレース

表彰式では、オバマ新大統領からあたたかいメッセージがあったりしましたが

『Congratulations Yes You Can!!』



売上も、目標の24億をクリアしたそうですが・・

最終日
入場 9,048人売上 908,745,400円
総入場 28,420円 総売上 2,733,408,000円

売り上げ好調27億円で目標クリア/オート
<オート・全日本選抜>◇15日=船橋オート◇SG◇5100メートル10周戦
5日間で27億3340万8000円を売り上げた。目標の24億円、昨年(浜松)の約26億円をいずれも上回った。「天候に恵まれ、多くのお客さんが来場してくれたおかげ。この経験を年末のSS王座決定戦に生かしたい」(算用子欽也・船橋オート事業所長)。
nikkansports.com:2009年2月15日


20年近く彼(片平)のファンであることを吹聴している。と言う
サンスポ競馬キャップ西島大和記者のコラム(オート有情)で

久しぶりに船橋オートに足を運んだ。(略)
周辺の景色はともかくバックストレッチのスタンドは廃墟と化し、飲食店も取り壊されて跡形もない。時の移ろいとは言え、むなしさを感じた。劣悪な環境にもめげることなく熱心に本場に来るコアなファンに感心すると同時に真底、オートレースが好きなんだろうなと畏敬せだるをえない。
”来たけりゃ、来れば・・・”的なファンサービス。船橋オートの火を消さぬ為にも、主催者サイドに熱意ある人物の出現を期待したいと切に思う。


ファンからすれば・・何も今更・・ですが・・・
確かに・・・久しぶりに来た人は、ビックリするでしょうね・・・
他の競技の競輪、競艇場は、客は少なくなっても設備はキレイになりましたからね・・・
大家(よみうりランド)の考えもあるし、事情は色々とあるのでしょうが・・・

確かに色々課題はあるとは思いますが・・・
正直、私はあきらめています。廃止にならないだけで十分でございます。
2005年09月02日

去る2006年度から運営が、民間の日本トーターになって、何とか廃止を食い止めた船橋オート。経費削減ばかりで・・行けば行くほど・・場末の臭いを感じる素晴らしい世界に・・これを楽しむしかありません。この雰囲気は嫌いじゃありませんが・・・

熱意、オート愛を感じた、営業企画部営業企画課の方も目立ちすぎたか?営業管理部事業管理課に左遷。オートから姿が消え、そして・・退社との噂が・・・・
そんな中、経費削減、場末化を進め黒字化に成功した、船橋事業課長が所長に昇格。

ファンは・・・何も考えずレースをこの場末感を楽しむしかもう仕方が無いわけです。
それが面白いと言えば面白いのですけどね・・・・

中継は最高なんですけど・・・

でも、マスコミの方が提灯記事ではなく、こんな風に語るとはちょっとビックリしたりした訳です。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51220732
この記事へのコメント
まずは永井選手、おめでとうです。私も飯塚場外に行きましたが、ワケあって優勝戦は見れずに帰ってしまいました。車券的には高橋選手の3着付だったんで結果見た時に、地元有吉選手を恨みました(笑)。大きな事故もなく売り上げも達成みたいなので、まずは良かったですね。
Posted by ジョナ at 2009年02月16日 18:36
永井は、本当に死角なしでしたね。
でも有吉が立て直して見せ場を作ってくれたのでレースとして面白いものとなりました。

私も、永井−雅人=貢が本線でしたので・・・有吉の奮闘にはちょっと嘆きましたが・・

廃止と言う話が、シャレにならない船橋ですので、
売上目標達成は喜ばしいことだと思います。でも、SGの優勝戦でも1万人を割る入場者数の船橋オート。年末のSSは正直心配ですが・・。まぁ、1ファンが気にする事ではありませんから・・・
Posted by para080 at 2009年02月16日 21:12
有吉選手(飯塚勢)の渾身の仕上げに頭が下がりました。
追い足はなかったですが、流石の走りでした。
雅人選手との2着争いで、貢選手が虎視眈々狙ってましたから、車券を持ってない貢選手との組み合わせにドキドキ。
なんとか安くても的中して安堵した次第です。
しかし大介選手の勢い止まらないですね。
あの動きなら、々羲屬犬磴覆ても頭だったかもしれないですね。
Posted by kappa at 2009年02月16日 22:20
永井は・・本当にお見事の一言ですが・・

準決勝のイメージであんまり仕上がっていないと思っていましたが・・
パファーマンスもそうですが、レースを盛り上げた、有吉には本当に頭が下がります。


Posted by para080 at 2009年02月17日 15:53
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: