2009年02月06日

蕎麦屋で蕎麦を食べる。西川口「一花」

去る、2008年06月19日の 西川口 手打そば 一花(ichihana)

これを見た知人に・・「蕎麦屋でそば食べないなんて失礼だよ」 と正論で叱られましたが・・

確かにその通りでございまして、非常に反省している訳でして

お店で迷惑をかけた訳ではありませんが・・
その時は、酔っ払っていましたし・・・1ファンのブログを見てはいないとは思いますが・・・見方によっては、ヒドイ内容と思われても仕方がありませんし・・

半年も過ぎれば、覚えていないだろうと思いまして・・
板橋忍さんのお店、 西川口「一花」 へ今度は蕎麦を食べに行ってきました。

忍の狙い目はこれだ01
板橋忍さんのお店 手打ちそば「一花」
川口市西川口3-34-1
TEL:048-256-4525
月曜日と第三第五火曜日が定休(要確認)
西川口駅西口 手打ちそば 一花 西口の手打ちソバ屋 

営業時間
平日、土曜
11:30〜14:00(ラストオーダー) 
18:00〜21:00(ラストオーダー)
日曜、祝日
12:00〜15:00(ラストオーダー)
17:00〜20:00(ラストオーダー)

定休日 毎週月曜日・第3,5火曜日
手打そば 一花 (ichihana)

ここ最近、そば屋の思い出と言いますと、終電も終わった夜、酔っ払ってある立ち食いそば屋で天ぷらそばを注文したところ(客1人)箸で持った瞬間、切れるのびたそばを出してきまして・・味は期待していませんでしたが、
「これはないだろう、おっさん」と文句を言った所、
「・・・・」と無言でして、こうなると非常にムカつきましたで、
「日本語わからんのかおっさん、ちょっと出てきな」
と強めの声を出したところ
「一人で全部やってるんですよ・・」と急に態度が変わり、わけのわからんことを言ってきまして、くだらない事で揉めた事がありましたが・・・

立ち食いそば屋と比べるのは、失礼ですが・・この「一花」は

日本で唯一の蕎麦季刊誌・季刊「蕎麦春秋」にも登場したお店でして・・

元オートレーサーが打つ「三味そば」西川口「一花」主人・板橋忍さん

通算830勝、全日本オート選手権で準優勝。蕎麦店を開く前の、板橋忍さんの輝かしいい記録である。第一線で34年間活躍していたが、2004年体力の限界を感じて引退。田舎暮らしをしてみたかった。しかし、故郷の川口市に多くの親戚がいて、しばらくは板橋さんが生活を見ていく必要があった。妻の清美さんと食べ歩いているうち「蕎麦屋をやろう」とひらめいた。

vol.4
季刊「蕎麦春秋」vol.4(冬号)1月24日発売

京浜東北線「西川口駅」から徒歩七、八分の所に開店したのは〇七年七月。人通りは多いが、「まだまだ」(板橋さん)という状況。「一年は辛抱しなければ」と励まされて妻と長男夫婦のチームで走り始めた..

お客さんの評判はよい。板橋さんは、仕入れ価格は高いが、素材の味が違うと感じている。開店を聞きつけたオートレーサー時代のファンや同僚が食べにきてくれた。中学までいた故郷なので、同級生や近所の人も連れ...

現役時代は、トレーニングジムに通い、ランニングを怠らなかった。掛け金が発生するスポーツなので、レース前は外部との接触が絶たれ、施設にカンヅメになる。緊急の電話ですら監視がつく。レースは6周で決まる・オーバルコースと呼ばれる円周をまわる。レーサーの生活は、非常にストイックだ。

その点、蕎麦店には気さくな人との繋がりがある。板橋さんは口には出さないがその開放感を満喫しているのではないか。 今後は、6周では片付かない、長い長いレースになる。
Fujisan.co.jp 雑誌内検索: 【板橋忍】 が蕎麦春秋の2008/01/24発売号

間違いの無いお店なのは間違いありません。前回も非常に心良い接客を受けました。

本当は、蕎麦屋では昼酒を嗜みたいところでしたが・・
川口ですので川口オートの帰り道ですので、18時からの夜の部からですが・・・

西川口と言いますと、潜入レポートが思い浮かびますが・・今回の写真は、ちゃんと許可をいただいたものです。

前の内容とかぶりますので、かなりはしょりますが・・・
今回も、まずは、ビールと天ぷら盛り合わせを注文しまして

天麩羅酒

まったりと雰囲気を味わいまして・・・ (日本酒は効きますので・・ビールで)

せいろ2枚を注文。 (せいろ700円。1枚追加+500円)
さくっと食べるので1回で持ってきていいですよと言いましたが

そば01

神田の某有名蕎麦屋で慣れていた私ですので・・・
高級店の蕎麦は、盛りが少ないと思っていましたが

これには、正直、ビックリした訳ですが・・・

そば02

ここで、下調べをしていない事がばれますが・・

体調が悪く、鼻水がずるずる状態ですので、正直香りは楽しめませんでしたが
咽だけでも、十分と味あわせてもらった訳です。

当たり前のように蕎麦をすすりましたが・・結構、苦労した訳で・・
普通の人は、1枚で、または、大盛り+150円で十分の盛だと思います。

蕎麦はもちろん、最後の蕎麦湯含め、見事な想像以上の味でした。

ここで、退散も名残惜しかった訳ではありませんが・・

デザートで、柚子シャーベットも注文。

ゆず

非常に、満足な時間を過ごさせてもらった訳ですが・・

お値段は、合計3400円

レシート
お替りせいろ500円
せいろ 700円
ビール(ビン)500円×2
天ぷら盛り合わせ1200円


食って飲んだからな〜 そんなもんでしょう。

柚子シャーベットがお会計に入っていなかったりした訳ですが・・
その場では気がつきませんでした。

前回と違い、ポイントカードなるものが出来ていました。

ポイント

500円ごとに1ポイント20ポイントで500円割引。(上はネタ)

ご馳走様でした。で終わればきれいに締めですが・・

今回も、よせばいいのに・・酔っ払った勢いもありまして・・・
「出来ましたら板橋さんと一言お話を・・」と主語も無く、奥様にお願いしたところ

快く、「お父さ〜ん。」と板橋忍さんを厨房から呼んでくれまして
板橋忍さんも、この迷惑な酔っ払いに対して、にこやかに対応してくれた訳です。

考えて見ますと、前回と同じ状態ですが・・・こんな客は珍しいか・・
「あれ、前も来てくれたよね?この前はたくちゃんと写真撮ったんだっけ?」
と、前回の来店の事を微妙に覚えていまして・・少し狼狽しまして・・
(予想紙や赤ペンを耳に挟んで、オート帰りとわかりやすい格好では無かったと思いますが・・)

今回も、同じ場所に有名な弟子の方が家族でいらっしゃっていましたからね・・

「一言、言ってくれれば・・」とうれしい事をいいますが・・

プライベートですから、なかなか・・
といいながらも、さりげなく聞き耳を立てていた私がいますが・・・
そんな姿を子供に見つかって、手を振られたりしてあせったりもしましたが(笑)

オートファンですから・・板橋忍さんの姿が見れて、しかもそばが食べれるだけでも満足ですが・・その蕎麦がまた普通以上に美味しい訳で・・しかも、値段もお手ごろ。

打ち上げで騒ぐような店ではありませんが、黙って蕎麦を食べるだけの店でもなく、非常に雰囲気が良いお店だと思います。

近くではありませんので、常連面して通うつもりもありませんが・・
本当に茶化しているつもりはありませんが、 何回もネタにしているのがばれたら・・マズイかとも思いますが・・

有名税として・・許してくれるか・・もし見つかって気分が悪いと言われましたら・・もちろん、すぐ消しますが・・

本当に、今回はネタにしようか・・迷った訳ですが・・

今回は、『蕎麦屋で蕎麦を食べた。』と言うごく普通のネタだったと言う事で・・・
追記 2011.12

閉店のお知らせ

31
11月27日をもちまして手打ちそば一花を閉店させていただきました。

2007年7月に開店して以来、地域の皆様に愛していただき、そして遠方からもお越しくださるお客様があったりと本当に幸せな時間を過ごさせて頂き、心からお礼申し上げます。

一花 一同

Posted by para080 at 01:43│Comments(2)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51216959
この記事へのコメント
はじめまして!
蕎麦春秋の編集をしています、佐藤と申します。
小誌のような雑誌をご紹介頂けて、本当に嬉しいです。
一花さんは、私も何度かお邪魔しましたが、
味も雰囲気もいいですよね〜^^
埼玉県で美味しいお蕎麦屋さんをまだまだ知らないのでは
ありますが、川口近辺では随一と感じています。
オートレース、競輪、競馬場でレースを楽しんだ後に
寄りたいお蕎麦屋さん、っていう視点もいいかもしれません(笑)
今後とも宜しくお願いします。またブログ、拝見させて頂きます。

Posted by sobasobasato at 2009年02月16日 16:52
本当に申し訳ありません。コメントありがとうございます。

どうしても、蕎麦がメインと言うより元オートレーサー板橋さんのお店。と言うことで寄らせてもらいましたが、雰囲気、蕎麦の味と満足しているわけで、人に勧められる店なのは間違いありません。

かってに紹介。引用。
このブログで紹介しても、御社のメリットにはならないと思いますが
本当に、丁寧にありがとうございました。


Posted by para080 at 2009年02月16日 20:56
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: