2008年12月25日

アマチュアカメラマンの本質が垣間見える。写真

もっとも親しまれているカメラ雑誌

アサヒカメラとともに、カメラ雑誌の二巨頭として君臨している。
日本カメラ - Wikipedia

そんな、キャッチコピーの『月刊日本カメラ』の1月号を読みました。

日本カメラ 2009年 01月号 [雑誌] 日本カメラ 2009年 01月号 [雑誌]

『LUMIX G1こだわり解体新書』と言う記事が目的でして

PanasonicのLUMIX (ルミックス)  DMC-G1

Panasonic デジタル一眼レフカメラ LUMIX (ルミックス) G1 Wレンズキット コンフォートレッド DMC-G1W-R 

結構、本気で買う気だったりしますので勉強のためですが・・

この記事より気になったのが
フォトコンテストで銀賞に選ばれた作品でございまして・・・

わざと、鮮明でないようにして、紹介します。(詳しくは本を読んで下さい。)


銀賞

寸評の一部ですが・・
そして何よりも、アマチュアカメラマンの本質が垣間見える。

アマチュアカメラマンの本質って・・・ほめ言葉とは思えませんが・・
休日に秋葉原あたりでよく見る一眼持ってる人と同じ扱いですかね?
(ローアングルで撮ることがアマチュアカメラマン?)

見たときは、笑える写真でしたが・・
普通より高めのデジカメを買おうと思っている私には何か寂しく感じてしまった訳ですが・・

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51199380
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: