2008年12月11日

警視庁防犯標語「いかのおすし」

栗原恵選手が写真の「振り込め詐欺被害防止」チラシをもらいましたが

わたしたちのお母さんやおばあちゃん世代が被害者です。

meg
振り込み詐欺のニュースを聞きますと、行員がいくら説得しても、振りこんでしまう方がいるそうで、
どんな催眠商法的なトークをして騙すのか一回聞いてみたいものですが

振り込め詐欺のテクニック(音声ファイル):警視庁


それと、もう一つ

平成20年「年末地域安全活動」のちらし

『わが街を みんなで守ろう 年の暮れ』

01 

年末恒例でございますが、気になったのは

02

子どもの安全
日ごろから、子どもに「いかのおすし」と、覚えさせておきましょう。

こんな略語というのかわかりませんが、警視庁防犯標語らしいですが・・

サラリーマンの心得の、「ホウレンソウ」
「ほうれんそう(報告・連絡・相談)

主婦の仕事の代表例の(さしすせそ)
裁縫、しつけ、炊事、洗濯、掃除
調味料 の(さしすせそ)
砂糖(酒の場合あり)、塩、酢、醤油(許容仮名遣の「せうゆ」に由来)、味噌

とかがありますが、子供向けの「いかのおすし」とは初耳でしたので、みてみましたが

知らない人についていかない
知らない人の車にらない
「助けて!」とおごえをだす
連れていかれそうになったら、ぐ逃げる
まわりの人に らせる

非常に強引な「いかのおすし」ですね・・・でも調べましたら、結構有名みたいですが

防犯標語「いかのおすし」はいかに生まれたか
これは防犯の標語で、子どもを持つ人なら、知っている人もけっこういるかもしれない。念のために説明すると……。

●いか いかない(知らない人についていかない)
●の のらない(知らない人の車に乗らない)
●お おおきな声で呼ぶ
●す すぐ逃げる
●し しらせる(何かあったらすぐ知らせる)

子どもたちが瞬時に覚えるインパクト大のこの標語、どうやって生まれたものなのか。警視庁の少年育成課に聞いた。
「『いかのおすし』は、平成16 年に『深刻化する少年犯罪から子どもを守ろう』として、東京都で打ち出したものです。地域と学校と住民が一体となって取り組む一環で、セイフティー教室を同年(16年)から行っているんですが、そのなかで子どもたちに印象付けようと東京都教育庁と警視庁少年育成課で考えたのが、この標語なんですよ」狙いは、「子どもたちに受け入れられやすい、覚えやすい、具体的な行動に取り入れやすいものにした」とのこと。
エキサイトニュース:2008年5月5日 より


子どもがいる、同年代の人に、
「いかのおすし」って言う、子供向けの防犯標語って知ってる?

と確認しましたが、誰一人知らなかった訳ですが・・・
私の周りが、教育に興味が無いだけかも知れませんが・・

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51193208
この記事へのコメント
私は知ってましたよ〜( ̄ー ̄)ニヤリ
Posted by みぃ at 2008年12月16日 02:28
お恥ずかしい話でございます〜ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)
Posted by para080 at 2008年12月16日 05:03
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: