2008年11月23日

剣道も KENDO へ?

2000年のシドニーオリンピック 
篠原信一(日本)とダビド・ドゥイエ(フランス)男子柔道100Kg超級決勝戦での世紀の誤審。


疑惑の金メダル(2000年シドニーオリンピック柔道男子100Kg超級決勝戦)
ドゥイエに負けを認めて欲しい

その時は外国の審判は『内股すかし』もわからないほど、レベルが低いのか?
ドゥイエの態度は日本人の考える柔道家の姿ではありませんでしたし・・

個人的には、その時から日本の講道館柔道・・つまり
『柔道』と外人が目指す『JUDO』は違うのもと感じ始めましたが・・


柔道(じゅうどう)は、1882年(明治15)に嘉納治五郎が日本の講道館において創始した武道であり、格闘技、スポーツ、武術にも分類される。正式名称を日本伝講道館柔道という[1]。「精力善用」「自他共栄」を基本理念とし、「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」を真髄とする。単なる勝利至上主義ではなく、精神鍛錬を目的としている。

国際的な競技としての普及
ルールを最大限に生かした、勝利優先の戦い方が重視される。極端な例では、攻める姿勢だけを見せて相手に指導が出るのを待つ(ルール上、「掛け逃げ」という反則である)というものまである。 上記のような変化に対して、武道としての「柔道」ではなく、競技としての「JUDO」になりつつあるのではないかという意見があり、柔道本来の精神が忘れられていくのではないかと憂慮されている。
柔道 - Wikipedia


それから時は流れ・・国際的には
『JUDO』として欧米人に乗っ取られたようなものになってしまいましたが・・

2007/9/15 国際柔道連盟総会での理事選挙の結果について
山下泰裕公式ホームページ:2007/9/15

そんな、国際化柔道に対応して勝つ柔道で北京五輪金メダルの“異端児”石井 慧を、管理できず・・
強く引き止めなかった・・『柔道界』の閉鎖性にも・・ちょっとと思いますが・・

「STI(スペース・トルネード・イシイ)」
小川直也(右)の前で「異種格闘技」を披露し勝利を収めた、上半身裸の石井慧=28日
“異端児”事実上の追放 石井プロ転向容認の全柔連 - MSN産経ニュース

やっぱり、日本人ですので、『JUDO』より『柔道』好きでございます。
どんなルールでも、強い柔道をしてほしいと思っていますし、復権を期待していますが・・

もう、『JUDO』『柔道』 は別物と考えた方がいいのかとも思いますが・・

ここら辺が、一応伏線ということで・・・

柔道と同じく、日本の日本古来の武術として、【剣道】がありますが・・
これも、武術もそうですが、武士道というか修行のイメージがありますが・・

柔道と違い、剣道の国際化という話はほとんど聞きませんし
つまり、【剣道】の事を【KENDO】とは聞いたことがありませでしたが・・

帰り道、こんな看板を見かけまして・・剣道の道場がある場所ですが・・

剣道00 

よく見てみますと・・【KENDO】と白人のお姉さんが剣道の胴着と竹刀を・・

剣道01剣道 

柔道をみて、国際化もどうかと思っていた私ですが・・

特に金髪に弱い訳ではありませんが、正直、これは・・何かお見事だと思ったわけです。
やられた感がありますが・・

でも、この剣道教室。子供向けだった気がしますが・・効果の程は?

訂正、
調べましたら、三代続いている由緒ある道場。三代目の方が外国生活が長かったそうでその経験を活かし、外国人、留学生に広く門戸を開放していて有名だそうです。

参考
3072px × 2048px 2203.58 KB (2256464 バイト)
http://www.bekkoame.ne.jp/~kyumeikan/Women010.JPG
2048px × 3072px2 333.13 KB (2389130 バイト)
http://www.bekkoame.ne.jp/~kyumeikan/Womens010.JPG

でも・・国際化しないと、「剣道韓国起源説」みたいな笑い話が・・・ですかね?

最近、インターネット上などで「剣道の起源は日本ではなくて韓国である」という記述がしばしば見かけられますが、全日本剣道連盟はこれまで、これに敢えて反論はしてきませんでした。というのは、剣道は日本の武士の生活の中から生まれた日本独特の文化であるという考えでいたからです。しかし、最近、上のような記述がますます頻繁に見られるようになってきたことから、改めてわれわれの見解や方針について広く知って頂く必要があると考えました。
日本剣道連盟 韓国起源説に関する正式声明


 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51184009
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: