2008年11月17日

自動配牌の麻雀卓を初打ち

久々に仲間内で麻雀を打ちましたが、本来場代が安い雀荘で打つのが気楽ですが
移動するヒマもありませんので、目に付いた雀荘に入店しました。

1時間2000円。まぁ、繁華街ですからそんなものでしょうが・・
「セットでお願いします〜」と入店。奥の卓に案内されましたが

メンバーが、「この自動卓使われた事はありますか?」と聞いてきまして
この店初めてですか?では無く、この自動卓?不思議に思いましたが・・

業界初の新機能搭載、全自動麻雀卓『集計機能』『自動配牌』『ドラ出し機能』全自動麻雀卓 AMOS ULTIMA(アモス アルティマ)/[グレー] 業界初の新機能搭載、全自動麻雀卓『集計機能』『自動配牌』『ドラ出し機能』全自動麻雀卓 AMOS ULTIMA(アモス アルティマ)/[オレンジ]

話を聞いてみますとビックリ。音声案内機能・集計機能等は珍しくありませんが
今までの全自動麻雀卓と違って
自動配牌機能 と言うものがあるそうで・・



一発自動配牌・ドラ出し機能
自動で4人の配牌がセットされ、懸賞牌(ドラ牌)も捲れて天板上にあがってきます。

親でも13牌だけだから・・始めに1牌ツモるんですか・・・

ここまで、進化していたとは・・・何かやり過ぎ感が・・と思いましたが・・

5.6年前は、フリーで新規開拓していましたが・・今は知っている店ぐらいしか行かなくなりましたし打つ回数もかなり減っている私ですので・・最新全自動卓の世界は知らなかった訳で・・

多分今更の話なんでしょうが、正直ビックリした訳です・・ここまでやるかと
確かに、楽は楽なんですけど・・・麻雀の元々のルールというかゲームの流れをここまで削りますか・・

これだと、ネット麻雀だけしかやったことのない人でも気軽にと言うか・・
サイ振り、取り出し場所、ドラ表示位置なども覚えずに打てますが・・

もう右10は5残し。左12は3残しも・・過去の話ですか?

2 「ウニ」 右2
3 「トイサン」 対(面)3
4 「サシ」 左4
5 「ジゴ」 自(分の山)5
6 「ウロク」 右6
7 「トイナナ」「トイシチ」 対(面)7
8 「サッパ」「サバ」 左っ8
9 「ジク」 自(分の山)9
10 「ウジュウ」 右10
11 「トイジュウイチ」 対(面)11
12 「ヒダリジュウニ」「サジュウニ」 左12

右手だけで打ち、懸賞牌(ドラ牌)をちょっと引いて指一本で開く。
右10は5残し。とか牌山を前に出すと時は5・7・5か?それとも6・5・6か?

とか周りに迷惑と言うかなめられないように必死に習得したものですが・・

まぁ、ためしに打ってみましたが・・これはたまたまかも知れませんが・・
全自動特有?の牌の偏りがほとんど見られなかった気がしますし、何となく普通の全自動卓で打っている時とちょっと違うような気が・・・打ち込んだ訳ではありませんので・・気のせいかも知れませんが・・

店としては、時間短縮で回転率が上がりますし、新規のゲーセンのネット対戦麻雀世代も取り込めるかも? 知れませんので歓迎かも知れませんが・・

でも、配牌と言う行為は麻雀で略していいものなのでしょうか?
2トン(4枚) づつ牌を取る時のドキドキ感。これは麻雀の醍醐味の気がする訳ですが・・

麻雀はギャンブルですが、遊びですから道具は楽で便利な方がいいのはわかりますが・・
何かちょっと腑に落ちない訳ですが・・でも使ってるうちに慣れてしまうんですかね?

ちょっと色々な意味で気になりましたので・・今度はフリーで自動配牌機能で打ってみようと思っています。

追記
点数計算もする全自動麻雀卓もあるそうで・・本当にこれはやりすぎだと思いますが・・



 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51180957
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: