2008年10月28日

不況に弱いギャンブル

日経平均株価の終値が7162円90銭、バブル崩壊後の最安値だった
2003年4月28日の終値7607円88銭を更新

日経平均26年ぶり安値、銀行株が下げ主導 香港株も急落

円高、株価が下げ止まらない。 世の中でございますが
長塚智広(81期)もお困りのようでして・・「株式評論家」としてのお仕事

日刊ゲンダイ週末特別版好評連載中の
長塚智広(81期)五輪銀メダリストが指南:株で稼ぐ大作戦
38回目は、株の話は、最後におまけ程度。の著者紹介文より文字が少なく・・残りは競輪のお話でして

nagatuka2nagatuka

そんな38回目でしたが・・
競輪のお話がなかなか面白くて

少し引用しますが・・

かつて私が大本命のレースで、選手紹介の時に金網越しに、お客さんが大声を 出しました。

「長塚ー、お前が来ないと会社がつぶれる!
運転資金全部突っ込んだから必ず1着で来てくれ。2着じゃ倒産だぞ!」


異常に興奮した覚えがあります。
−略−
レース終了後に「長塚ーありがとう!お前は命の恩人だーっ」
と熱い声援を頂きました。人助けをした気分になりましたね(笑い)。


昔、神山雄一郎(61期)がテレビで同じ様な話をしていた事がありますが・・
神山は「そういわれても困るんですよね(笑)」とか言っていた気がしましたが

競輪選手お約束のネタ話?それとも競輪場では、このような話がよくあるお話なんでしょうか?

わかりませんが続きがありまして・・

ただ、個人的にはギャンブルは
「実生活における余剰生活費をファンに賭けていただくのが基本」だと思っています。
となると日本の景気、株価が下がると企業業績は圧迫され、ギャンブル資金も減るのは当然。
不況に強いギャンブルというものは今は昔で、世界経済の早期立ち直りを競輪選手として望んでいます。


と不況に強いのはゲーム製品。と某ゲーム銘柄をお奨め。

確かに、間違いではありませんが・・・
参考
「ギャンブルが不況に強い」は昔の話?
文教大学国際学部教授で『レジャー白書』の発行にも携わった山田紘祥氏に詳しく聞いてみた。

「ギャンブルが不況に強かったのは昔の話。以前は投票券の種類が少なかったので投票が簡単で、当選確率も今よりも高かったんです。ですから“ライトユーザーは簡単に遊べるレジャー”“ヘビーユーザーはひと山当てるギャンブル”とそれぞれに参加する理由があったんですね」

えっ、昔の話。じゃあ今の状況は?

「今は投票券の種類が増えて複雑化しています。ライトユーザーは気軽に遊べずに離れてしまい、ヘビーユーザーは当選確率が低くなったことと不況のダブルパンチでお金が続かなくなり離れていきました」
R25.jp RxR | 2008.05.08 より一部引用。


競輪選手として
『そんな状況ですが、読者の方ぜひ、私の走りを見に競輪場に来て下さい』

とか言ってほしかった気もしますが
「株式評論家」としてのお仕事ですから仕方が無いのかも知れません・・

なんと言いますか・・日刊ゲンダイ週末特別版は
止まり木ブルースと共に多才の長塚先生の連載も楽しみにしていると言う事で

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51170965
この記事へのコメント
お久しぶりです。
それ、私も読みました。
あまりにリアルな話で競輪場は人生の縮図だなあ…と。

でも、それが競輪ですよね?
Posted by メリーポピンズ at 2008年10月28日 19:53
それが競輪・・それも競輪、あれも競輪・・

深いですよね・・本当に・・
Posted by para080 at 2008年10月29日 11:51
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: