2008年08月24日

闘魂注入だ〜!!飯塚オートGI第51回ダイヤモンドレース開幕

何かが起こる?飯塚オートレース第51回GIダイヤモンドレース

画像 038画像 039

初日の見所は・・あのアントンが飯塚オート初登場!!

アントニオ猪木ドリーム戦発走直前マイクパフォーマンス
福岡ソフトバンクホークス杯 GI第51回ダイヤモンドレース(ナイター)開催告知!



まぁ、都内のパチンコ屋の様なイベントですが・・・
結構、いい値段がする訳で・・・飯塚オートも頑張った?訳ですが・・

よくバラエティ番組などで「1! 2! 3!…」と「ダー!」という前でカットされることが多いのは、「ダー!」を放送すると数十万円のギャラを猪木に支払わなければならないからである。ちなみに「ダー」1回30万円、ビンタ(『闘魂注入』)1発10万円、『道』の朗読100万円と言われているが、街中などで猪木と出会った際にビンタを頼むと普通にタダで張ってくれるので、ビンタに関しては曖昧なようである。「1! 2! 3! ダー!」は商標登録されている(登録商標としての表記は「1・2・3・ダァーッ」)。この登録商標を使ったラーメンが「1・2・3・ダァーッ麺」という名で発売されている。ちなみに猪木の「1! 2! 3! ダー!」が商標登録されている事は2004年3月3日のフジテレビの『トリビアの泉』で紹介された。なお、「ボンバイエ」、「猪木イズム」、「闘魂」も商標登録されている。
アントニオ猪木 - Wikipedia


猪木のマイクパフォーマンスより気になったのは・・・

緊急決定!アントニオ猪木が若井友和&有吉辰也に闘魂注入!
緊急決定!アントニオ猪木が若井友和&有吉辰也に闘魂注入! in飯塚オート

ドリームレース(闘魂ドリーム戦)出場の若井友和選手&有吉辰也選手に闘魂注入
というお話でしたが・・・ 登場したのは、25期のバカ3人(ほめ言葉)

ばか3人

若井友和有吉辰也に・・なんと 骨折入院中の東小野正道 も登場。(マスクマン姿)

猪木、選手に闘魂注入のびんた/オート
<飯塚オート:ダイヤモンドレース>◇初日◇23日◇G1  
「元気ですかー」。アントニオ猪木が飯塚オートに来場、トークショーに続いてファン代表、選手代表に闘魂注入のびんたの儀式を行った。有吉、東小野に続いて舞台に立った若井はモエルトウコンの車名で分かるように猪木ファンとして有名。「感激です」と、プロレス衣装で愛のびんたを受けた後、猪木と声をそろえて「イチ、ニ、サン、ダー」。若井、有吉はそろって12Rに出場したが、闘魂注入も即効とはいかず7、4着だった。  
[2008年8月24日8時27分 紙面から]
日刊スポーツ:2008年8月24日8時27分 紙面から

猪木信者にとって闘魂注入!!(ビンタ)は憧れでして・・・

若井は・・猪木好きで有名ですし・・・

2008 カレンダー

SG第8回オートレースグランプリ優勝戦の感動の1・2・3ダァー。
は忘れる事は・・出来ません。
参考
ayappeのココロ。2004年9月24日

東小野は・・・昔『123・ダー』という競争車に乗っていましたし・・・

higasiono

趣味が・・格闘技観戦、バスケットボール、サブミッション だったりしました

有吉は・・・お祭り好きか?悪友の影響?かわかりませんが・・・

ちなみに、闘魂注入のかいなく、若井7着。有吉4着

今、録画したものを確認中ですが・・残念ながら、このシーンの画像も、動画も・・無いわけで・・・
飯塚オートはこの美味しいところをなぜ、放送しないのか?と非常に疑問に思っていますが・・。

飯塚オート勝利の女神 MAMI にも、若い女性向けの「闘魂注入!!」をしたそうで・・・
飯塚オート勝利の女神 MAMIのブログ   ダイヤモンドレース1日目終了〜☆

このお約束が・・信者としては堪りません。・・2日目以降にぜひ放送を・・

そんな訳で、レースの事は書いていませんが・・楽しみな
福岡ソフトバンクホークス杯 GI第51回ダイヤモンドレース開幕と言う事で・・・

追記(8/26)
GIダイヤモンドレース アントニオ猪木闘魂注入! 報告
オートレース|飯塚オートMon, Aug 25, 2008 20:04

追記(8.27)
放送では流れませんでしたが・・YouTube に動画が上がっていました。
本当に、感謝です。((。´・ω・)。´_ _))ペコ



 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51127638
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: