2008年06月10日

クッキングパパ パチンコ&ドラマ化

あの【クッキングパパ】がパチンコになったそうで・・

CRクッキングパパ(奥村遊機)
@nifty:777@nifty:パチンコ図鑑:CRクッキングパパ(奥村遊機)

まぁ、今更何がパチンコになろうが驚きませんが・・
漫画の方は、1984年(昭59)の連載開始から、まだ連載が続いていて、単行本は97巻まで出ているそうですが、私は20巻程度しか読んでいませんで・・

漫画の中でも・・ゆったりと時は流れ・・小学2年生だった、 まことが大学生になっていたりするそうですが・・・

何も予備知識もないまま、1/92.3(50%確変)の羽根デジタイプ を打ってみましたが

荒岩一家勢ぞろい。

荒岩虹子誠みゆき

大当たり中は、なつかしのアニメのOPが流れる演出にはちょっと懐かしさを覚えましたが・・



まぁ、もう打つことは無いと思います。

パチンコ好きの作者がインタビューでこの台を結構絶賛していたので・・期待したのですが・・・

こんな、クッキングパパですが・・実写ドラマ化。パチンコマネーの力では無く
福岡のテレビ西日本開局50周年記念特別番組として、8月29日に放送するそうですが

【原作】うえやまとち(クッキングパパ 講談社刊「週刊モーニング」連載中)
【キャスト】
荒岩一味:山口智充
荒岩虹子:富田靖子
荒岩カツ代:中尾ミエ
荒岩まこと:花岡拓未
荒岩みゆき:櫻井詩月
      ※
きんしゃい屋のママ:宮崎美子
東山常務:陣内孝則
木村夢子:加藤夏希
田中 一:上山竜司
      ※
「ドラマオリジナルキャラ」
桜井:梶原 善
佐倉栄吉:宇津井健
大河原伝七:田中健 ほか
毎日jp(毎日新聞):2008年6月5日

内容や、キャスティングは、どうでもいいのですが、私としては・・ やはり
【デーモン岩】 の登場を心待ちにしております。(パチンコには登場しないのよ・・)

デーモン岩

すごく記憶に残っているですが、原作では2回しか登場していないのですが・・

クッキングパパ (3) (モーニングKC (1006)) クッキングパパ (10) (モーニングKC (1013))

デーモン岩(第3巻COOK27、第10巻COOK98)
架空のロック・シンガー。番組内での紹介に曰く、「博多のロックシンガー、そして料理の腕はプロ級」。 派手なヘアスタイルに革ジャン、サングラスと、普段の一味からは想像不可能なロッカー・スタイルに身を固めている。 アニメ版では髪にメッシュまで入れられており、より派手な姿になっている。 担当する番組に出演予定の料理研究家に、出演を急にキャンセルされ困り果てた酒本が、代役として呼び出した一味を部下のスタイリストに頼んで「本人とわからないよう、ハデに」変装させた結果、誕生した姿で、一番最初にはまんまるコロッケを作り、評判を呼んだ。 あまりに意表を突いた変装内容であるためか、この変装の成功率はかなり高かったらしく、同僚や部下だけでなく、実の息子の誠ですら見抜く事ができなかった。 田中に至っては、本人に面と向かって「まるでアホ」「主任をうんとガラ悪くした感じ」と酷評した程であったが、妻・虹子と部下の木村夢子(当時)の両名にだけはさすがに一目で見破られており、一味の顔を見て、「ドーランが残っていましたよ」と小声で述べている。(アニメでは北海道で出演した際、東山常務にも見破られ「皆には内緒にしておくよ」と手紙を送られている)。 一味自身は、第10巻COOK98の時点でこの変装について「だんだん気に入ってきた」と述べていたが、第26巻COOK255では「あのカッコウはもう嫌だぜ」と述べていることから、前記の台詞は彼なりの冗談であろうと推測される。
クッキングパパの登場人物 - Wikipedia  より


Posted by para080 at 03:05│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/51083031
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: