2008年02月24日

見事な【転倒注意!!】の貼り紙

東京人は雪に慣れていないのもありますし、道路も斜めになっている場所が多いので、滑って転ぶのをみかけるのは珍しいことではありませんが

ちょっと前の話ですが、雪が降った時こんな貼り紙を見かけまして・・

 貼り紙

足元が大変滑りやすくなっております。
お席は十分ございますのでゆっくり歩いてお進み下さい。

転倒注意!!

文章は普通ですが・・手書きでは無くPCで作ったこの貼り紙のこのイラスト

転倒注意!!とひと目でわかりますし、これは素晴らしいと思ったので

このイラストをどうやって作ったのか気になりましたが
ちょっと調べようと思いましたが、全然調べていない訳ですが・・

それと、前に転んでいるのか、それとも後ろにひっくり返っているのかも・・
ちょっと気になったわけですが・・・知る由もありませんが・・

昔、経営の神様と言われた 松下幸之助の有名な逸話で
コップ半分の水を見て、「まだ半分ある」・「もう半分になった」

まだ半分あると考える事が、前向きのプラス思考。

昔、長寿世界一だった、泉 重千代さんが、インタビューで、
「好きな女性のタイプは」と聞かれて「やっぱり年上かのう…」と答えた、
という逸話。

また、坂本竜馬の名台詞。
死ぬときはたとえドブの中でも、前のめりになって死にたい。

実際は・・新・巨人の星 での創作だったみたいですが・・
「いまや花形はおまえの義兄。地位も力もある親戚として、お前に堅実な道で再起させたいと願う。しかし、わしは女房役。ずっと星とバッテリーを組んだ古女房だけにチト違う。お前の好きじゃった坂本竜馬の名文句よ」いつ死ぬかわからないが、いつも険しい坂道を登っていく。死ぬときはたとえドブの中でも、前のめりになって死にたい。
新巨人の星:再会では鬼の目にも涙か 

ところで、坂本龍馬の残した名言として「ドブの中でも前のめりになって死にたい」というセリフがあります。実はこんな事を本人が語った記録はない。後に書かれた物語の中で創作された「いかにも」なセリフなのです。この台詞が初めて世に出たのは、当時の文書でも、司馬遼太郎の小説でもなく、熱血スポーツ根性漫画『巨人の星』で星飛雄馬が「坂本龍馬がこんな事を言っている」として語ったのが一番古い文献らしい。実は原作者・梶原一騎の創作したセリフだったのです。
GO!GO!ワイド らぶらじ:うんちく:11月15日坂本龍馬


つまり、どんな時でも人間前向きに考えないといけない訳で・・・
このイラストが前に倒れていると思うか、後ろに転んでいるか思うかで・・
心理学的にポジティブかどうかがわかるのか?と思いましたが・・全然違いますが・・・

つまり、まぁ、 本当に、見事な貼り紙でした。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50949164
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: