2007年11月14日

台湾のメイド喫茶。22時

スポーツ報知で気になるのは社会面。とはちょっと前に記事にした記憶がありますが
今朝(13日)の報知の社会面にも笑った記事があった訳ですが・・・

共同通信社配信の国際ニュースですのでどこの新聞でも同じ内容。

台北で「ご主人さま気分」 定着したメード喫茶
「お帰りなさいませ、ご主人さま」。入り口の扉を開けると、かわいらしい日本語が響く。声の主はフリル付きのエプロンドレスを身にまとった「女僕(メード)」たち。日本発祥のメード喫茶が「女僕喫茶」となり台北に定着している。  台北駅近くの地下街にある「Fatimaid」。昨年春にオープンして以来、予約なしでは入れないほどの人気だ。
国際 北海道新聞(11/12 19:12) より  (魚拓)

と、思いきや、さすがはスポーツ報知。一味違いまして・・・

共同通信の記事だと、メード。となっていますが
報知は メイド。とある意味一般的な名称に全て変更してありました。

メイド喫茶が台湾でも人気

報知02

英語での発音は[meid]であり原音に最も近い表記は「メイド」であるが、
日本語では外来語のei音を長音で表記する慣習があるため、
新聞などのメディアでは「メード」とも表記される。
メイド - Wikipedia より。


まぁ、本物のメードとあっちの方面のメイドは別物ですので、
個人的には区別した方がいいと思っていますが

それにしても、台北駅近くの地下街にある女僕喫茶「Fatimaid」。ですか・・

まぁ、私にとっては今更のネタですね・・・

本当に私の知人達はスゴイ訳で・・・去年の2006年に・・・

この 予約なしでは入れないほどの人気 の
この台北の女僕喫茶「Fatimaid」。に予約なしで行きまして


コースター01 


「これねー台湾のメイド喫茶の手作りクッキー。」

とお土産を持ってきてくれましたし

メイド・イン・台湾(台北)  台北地下街の喫茶店

今年の2007年も、わざわざ深夜22時ごろに営業していないとわかっているのに・・・
地下鉄に乗って台北まで行って・・・・

台北2007

閉店している店の前で、ネタ写真を撮ってきてくれました。

台北は夜中出歩いても安全な街なんですね・・・・。では無く

毎回、体を張ったネタを提供してくれます。
戻し一玉の台湾パチンコで、日本円で4000円程負けてきてくれましたし・・・

何をしに台湾まで行っているのか分かりませんが・・・

本当に、ブログネタには困りません。ありがとうございました。

Posted by para080 at 01:14│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50867747
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: