2007年11月13日

一人焼肉禁止のお店。

ある、バイキング方式の焼肉屋にランチ(1,000円)を食べに行ったところ

店頭に一枚のお知らせが

焼肉屋

お願い
お会計は前払いでお願いします。
お時間は時間制です。
延長は別料金になります。
食べ残しに別料金を請求することがあります。
お食事は2名様以上でお願いします。
同席で別々のコースは利用できません。

××銀座店

あらら、「おひとりさま」禁止ですか・・・

おひとりさま (おひとりさま)
-社会 -2004年9月28日
「30代以上で未婚、子供のいない女性」をコラムニスト・酒井順子が「負け犬」とよんで大ヒットしたが、その表現はネガティブで自虐的すぎることから、同じ境遇にある女性たちが自分たちの呼び名として提唱しているもの。3年前に事故死したジャーナリスト・岩下久美子がすでに発案していたのだが、「負け犬」のヒットとともにふたたび注目されている。自分ひとりの時間や生活を楽しむことができる「個」が確立した女性、という位置づけである。「おひとりさま」は消費を引っ張るパワーがあり、同年代の既婚女性の2.7倍も外食や洋服の購入にお金をかけている。「おひとりさま」こそが新しい商品やサービスを生み出す原動力となっていると自分たちでは思い、行動している。
Yahoo!辞書 - おひとりさま  より。


参考
おひとりさま向上委員会 
「負け犬」と「おひとりさま」:PRESIDENT Online
@nifty:デイリーポータル Z:おひとりさまの限界
「おひとりさま」の限界はどこらへん? | エキサイトニュース

まぁ、 一人客は年々増えているのに・・・
ランチタイムでも、一人焼肉禁止。と言う・・・時代に逆行したお店があったと言う事ですが


私は、「おひとりさま」と言うか・・・女性の一人焼肉というと
噂の真相と中野翠の一人焼肉事件。を思い出したりしました。

・・・90年頃の噂の真相の一行情報に

「中野翠が執筆活動を終えた深夜一人で近所の常連焼肉屋で腹ごしらえ説」

と言う一行情報が載りましたが・・・まぁ、一行情報ですのでしょせんネタ記事でしたが

中野翠がサンデー毎日の連載にて『一人焼肉はしていない。』と反論。

その後・・・・
「オカドメさん、今、渋谷の焼肉屋にいるので、一緒に焼肉食べませんか?」

と深夜に岡留編集長に電話をしたそうで・・・
噂の真相編集長日誌に、この事が載っていまして当時この流れに大笑いした覚えがあります。

まぁ、今回の貼り紙は・・食べ放題のお店ですので・・・
おひとりさま= 『「個」の確立ができている大人の女性』=かっこいい。
のイメージとはちょっと違うと思いますが・・・・

強引ですが、
私の中では、中野翠が作った文化。「一人焼肉」を否定するお店があったと言うことです。

噂の真相と中野翠の一人焼肉事件。の詳細は

編集長を出せ! 『噂の真相』クレーム対応の舞台裏 (自画自賛のばかりですが・・・)
「人気コラムニスト中野翠のユーモア溢れる抗議とその後の断絶のきっかけ」

編集長を出せ! 『噂の真相』クレーム対応の舞台裏 

中野翠の反論は・・・確か・・この本か・・

私の青空(毎日新聞社、文春文庫)

私の青空1991 

続刊の単行本で読んだ記憶があります。

迷走熱(毎日新聞社、文春文庫)
偽天国(毎日新聞社、文春文庫)
最新刊(毎日新聞社、文春文庫)

Posted by para080 at 17:38│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50867321
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: