2007年11月03日

4車落車事故。SG第39回日本選手権 3日目

福岡ソフトバンクホークス杯 SG第39回日本選手権オートレース 3日目 

ジャンプゾーン (バンジートランポリン)
http://www.scjinc.com/jump/

バンジートランポリン

をやっている子供の姿がやっとみえて・・ほのぼのとした飯塚オートでしたが
レースの方は波乱がありまして・・・

去年の覇者田中茂が9R6着。永井大介が6R5着で準決漏れ。
永井大介は年末(12月20〜24日川口)の
SG「スーパースター王座決定戦」にも出場できなくなってしまいました。

ついでに、川口勢が1人も準決勝に残らなかった訳ですが・・・
 
5Rで1周目3コーナーで4車が落車する事故がありました。

飯塚オートレース場 2007年11月02日
5R 2次予選 3100M 発走予定時刻 12:33
枠番  選手名  ランク LG 級期  競走車名  ハンデ 試走
 1  伊藤 正司 A 57 1 20  キシンドウ   0 3.33
 2  若井 友和 S 21 1 25  モエルトウコン   0 3.32
 3  遠藤  誠 S 42 1 25  ソニック   0 3.36
 4  牧野 貴博 A 28 1 24  ハイビート   0 3.34
 5  五十嵐 一夫 S 28 1 21  ミザリー   0 3.34
 6  佐々木 啓 S 5 1 23  テトム   0 3.33
 7  平田 雅崇 S 36 1 29  トラノスケ   0 3.34
 8  岩科 鮮太 A 11 1 29  アズーリ   0 3.33

2連単オッズ  3連単オッズ  レース結果  レース映像

日刊スポーツより
三日目5Rで4車が落車する事故があった。
1周目3コーナーでインを狙った若井が岩科に接触してそろって落車
さらに平田、佐々木も巻き込まれた。原因となった若井は罰則で今日4日目は欠場。
負傷した佐々木は参加解除となった。


まぁ、正式発表は若井が落車原因なんですが・・

落因 2 若井 友和 モエルトウコン
他落 6 佐々木 啓 ミザリー
他落 7 平田 雅崇 トラノスケ
他落 8 岩科 鮮太 アズーリ

まぁ、レースをみればわかりますが・・・

5R015R02

1周目3Cでトップを行く3号車の五十嵐のインを7号車の平田が仕掛けようとしましたが

平田がぶれたか?内線を切りそうだからか?減速。

5R03

次の瞬間、8号車の岩科が落車していました。

5R04

ちょっと、映像ではわかりにくい角度ですが、
2号車の若井が岩科に接触したみたいですが?

5R05

滑って転がっていくバイクが、前の平田にもぶつかり。4車落車。

5R06

1号車の伊藤正司は危機一髪でしたがうまくかわしていました。
コーナーでの落車でしたので、コース上にバイクは残らずレースは続行しましたが

5R07

平田がぶれて減速。それをみた、岩科が同じく減速。
狭いところのインで仕掛けていた若井が追突してしまいまして・・・4車落車。

元々は、平田の減速から始まった、四車落車ですので。
これは、若井だけの責任だと可哀想だと正直思いますが・・

ぶつかったのは、若井ですので・・仕方がありませんが・・・

競馬の天皇賞でも似たような事がありましたが・・
コスモバルクの五十嵐がよれたのが原因でしたが
五十嵐は戒告。これが原因で横に逃げた柴山が降着、騎乗停止になりましたが・・

まぁ、競馬の五十嵐は狙ってやっていますが・・・
今回の平田は違うと思いますので、若井ツキがありませんでしたね・・・・。

本当に、結果だけみると、若井が落車原因。ですがレースをみると印象が変るものです。

ちなみに、7Rの発売中。ピットレポートの時 山咲さくらが

さくら

岩科、平田は怪我は無し。

若井選手
自分で歩いてはいるのですが、頭を打ったとと言う事で検査のために病院へ。

佐々木啓選手
右の膝の辺りを痛めていまして、骨折か打撲かそのあたりはわかりませんが、
若井選手と一緒に病院に向かっています。


と報告していました。

怪我が原因で参加解除になった佐々木選手の膝の具合が気になりますが・・
新聞記事になっていないので大した怪我では無いとは思いますが・・・

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50856216
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: