2007年10月29日

ヤフオクで海賊版落札者に「注意喚起メール」

ACCSとヤフー、海賊版購入に関する注意を喚起、オークションのユーザーに
コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)とヤフーは、ヤフーが提供するインターネット・オークション・サービス「Yahoo!オークション」を通じて海賊版の出品者と取引していたユーザーに向けて、今後海賊版を購入しないよう呼びかける活動を10月から開始した。
asahi.com:2007年10月26日 より (魚拓)

「オークションでの海賊版、買わないで」ヤフーが呼び掛け
ヤフーとコンピュータソフトウエア著作権協会は2007年10月25日、「ヤフー!オークション」上で海賊版ソフトの出品者と取引していた利用者に対し、今後は海賊版を買わないよう呼び掛け始めたことを明らかにした。すでに18日に、236通の注意喚起メールを利用者に送付した。11月にも314通を送る予定という
J-CASTニュース :2007/10/26

まぁ、落札(購入)する人がいるから・・出品するのでしょうが
海賊版と知って落札しても今の法律では罪になりませんからね

この、「注意喚起メール」を真似た詐欺メールが結構ありそうですね・・・
海賊版を落札している人などたくさんいますし・・・

2004年に ACCSと提携して、海賊版の出品者の取締りを強化したみたいですが

ヤフオクの海賊版ソフト流通を防止 〜ACCSとヤフーが提携
ITmediaニュース:2004/01/15
ACCSとヤフー、海賊版ソフト競売出品の迅速な削除で提携
IP-NEWS:2004/01/16(金)

それなりに、やっているみたいですが、もうお手上げ状態でどうにもならないから、
落札者に責任転嫁なんですかね?

有料のサービスなんですが、
Yahoo!オークションの「利用は自己責任」らしいですから(笑)

まぁ、今回の海賊版ソフトとはちょっと違いますが
Yahoo!オークションは、登録有料制ですので、IDを持っていない人から入札を頼まれる事がありまして

代行するのは、まぁ、大した手間ではないのでどうでもいいのですが、
たまに、バッタモン(偽ブランド品)の入札を頼まれる事がありまして、

この場合、評価欄にバッタモンの購入歴が残るのは、あまり気分のいいものではありません。

でも、しがらみがありましてなかなか断りにくい訳で・・・
頼む方はバッタモンとわかって頼んでるのでそんなことは思わないんですよね・・・

と、ほとんど関係無い事を思ったりしました。

参考
Yahoo! オークション - Wikipedia
第2回:困惑するネットオークション運営者たち
CNET Japan:2004/08/16 10:00
「Yahoo!オークション」詐欺に無罪確定 - GIGAZINE
GIGAZINE:2007年05月19日

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50849975
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: