2007年07月29日

正直、あの生き方、ボクは好きになれませんね

TBSで 亀田の夏祭り をやっていました。

この試合は正直興味はありませんでしたが・・・
あの兄弟と言うかあの親子もTV向けにキャラを作るのが大変だな・・・と思っていまして

普段は、普通の態度とばかり思っていました・・・

知り合いの元ボクサーの人は、
「亀田(兄)は技術はあるのにもったいない・・・」 とか言っていましたけど

7月24日発売の日刊ゲンダイ あの人は今こうしている を読んだところ

現役時代、「柴又のチャンプ」「下町のロッキー」と言われた
元WBC世界フライ級チャンピオン 小林光二さん(49歳)が登場していました。

小林光二 - Wikipedia  角海老コミック 小林光二物語

小林光二 

一部引用しますが・・・
現役引退後、葛飾区の職員になった元世界フライ級王者の小林光二さん。
同じ葛飾に居を構える亀田興毅一家にアイサツに行ったら、
「だから何なの?」 という態度だったそうだったそうだ

亀田一家は葛飾区に居を構えている。
「それで区の上の人から、葛飾区出身の世界チャンピオンとして、挨拶に行ってくれといわれた。で、自宅を訪ね、インターホーンを押したら、いきなり ”何だ!?” ですよ。元世界チャンピオンの小林です、って言ったら、”だから何なの?”って態度。訪ねたのが彼の世界戦前夜で、こっちもちょっと配慮に欠けたとはいえ、
あれはない。正直、あの生き方、ボクは好きになれませんね

【あの人は今こうしている】小林光二(元WBC世界フライ級チャンピオン)
ゲンダイネット 2007年7月24日 掲載

大先輩に対して・・・しかも元世界チャンピオンに対しても・・・敬意が無い態度をとるんですね・・・
これを読みまして、今まで、あの亀田一家のキャラはTBSが作っていると思っていましたが、勘違いだった事に気が付きました

まぁ、そんな訳で、
私は同じ階級の WBC王者 元 「日本の恥、内藤大介」 を応援したくなります。

08316a7301b2f796a05fcab420984d62

結果を出しましたからね・・・(試合内容も良かったと思います)
正直、内藤にも・・・一回ぐらい儲けさせてもいいのじゃないのか?と思いますので

私は、内藤 VS 亀田(どっちでも) の世界戦を期待しています。

参考
WBC世界フライ級 悲願の初タイトル 内藤 新チャンピオンが会見
YouTube -Added:July 19, 2007 From: tokyomx
内藤大助 - Wikipedia

亀田も倒す!内藤、番狂わせ世界王者…WBC世界フライ級王座戦
初戦の02年4月はタイでフライ級の世界戦史上最短の34秒KOで負け、
インターネットの2ちゃんねるに「日本の恥、内藤と書かれた」。
2度目は05年10月に日本で7回負傷判定負け。
今回も絶対不利の下馬評だったが、96年10月から続く王者の連勝記録を「56」で止め、
日本人として初めて土をつける大番狂わせを演じた。
2007年7月19日06時02分 スポーツ報知 (魚拓)


 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50738763
この記事へのコメント
小林光二ってたいして世間の記憶に残らない程、低レベルな元チャンピオンでしたよ。
あなたは亀田の態度がどうこう言ってますが、30年も前の記憶に残らないほど影の薄い元王者と名乗る人物がいきなり挨拶にきたって、誰が聞いても不快感示すでしょう。
「何こいつ?新手の詐欺か?」と考えるかもしれません。
もう少し亀田側の気持ちにも立って考えるという思考を身につけましょう。

それから、亀田人気に便乗して姑息な考えをしてる内藤も内藤ならば、オタもオタってわけですね(笑)
内藤なんてボクシング界の黒歴史も同然、30代のベテランのくせに、はるか若手の亀田にムキになる態度はお笑いでしたよ。
Posted by わわわ at 2012年12月16日 21:45
小林光二氏は亀田みたいなインチキではなく、キチンとした試合でタイトル獲りましたよ。防衛はできなかったけど・・。

裏口入学と同じ手口で盗んだ泥棒とは違うよ。

まあ、前もっての連絡もなしに、試合前夜に亀田の自宅を訪れたことは、ちょっと配慮に欠けていた気もするけど。
Posted by 中立ファン at 2013年06月24日 17:14
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: