2007年06月12日

オートレース選手募集 女性もOKに

完全に暇でしたので・・・お昼まで寝まして。
眠気覚ましにコーヒーでもと喫茶店に出かけましたが・・

鈴木幸治の感動の記事でもとスポーツ新聞に目を通したところ

最初はスポニチを見ましたが
スポニチ
非常に記事が小さいかった・・・と言うか・・結果だけ・・・

最終日 
入場者   8,629人  売上    609,031,800円
総入場者 30,565人総売上 2,126,556,700円

結構売上はあったみたいですが・・・
GIレースなのに、扱いが・・と少し悲しかった訳ですが・・まぁ、慣れてますが・・
その後、報知やサンスポをみたところ、それなりの記事になっていたので安心しましたが・・

最後にオートレースの記事がそれなりに多い、日刊スポーツをみたところ

伊勢崎プレミアムC 『32年目鈴木が結婚記念日にGI初V』 

の記事より大きく

49年
49年ぶり女子レーサー

オート今年から募集開始


54〜60年まで船橋、浜松を中心に約20人在籍


日刊スポーツのWEBにも掲載されていました。一部引用してみます。

49年ぶり女子レーサー!オート今年募集
09年に女子オートレーサーが誕生する。日動振(日本小型自動車振興会)は
今年募集する30期新人の応募資格から
従来の「男子」の条件を外し、女子にも門戸を開くことになった。

その筆頭が女傑と評判になった岡本七重選手(浜松)。
ダートコースの最重ハンからひと際高く砂じんを舞い上げ、男子選手を次々と抜き、
1着を取りまくった。「岡本の頭買いをしていれば安心だった」
と語るオールドファンがいれば、
「男の選手で、彼女に抜かれたことがないのはおそらく自分だけ」
と引退した選手が自慢げに語っていたこともある。
しかし、岡本が60年に引退後、女性への道が閉ざされていた。

04年にデビューした29期生以後、中断していた選手募集再開で、
女子選手にターゲットを広げたのは、新規ファンの開拓、低迷するオートの活性化が狙いで、
女性ライダーの増加という事情もある。
見事合格となれば選手養成所で9カ月の訓練を積んだ後、
09年4月に49年ぶりの女子オートレーサーの誕生となる。
nikkansports.com 2007年6月11日 より一部引用。 (cache)

ざっと見たところ・・他の新聞には記事になっていませんね
日刊スポーツのスクープ?それとも記事にする価値が無いと判断されたか・・

いやいや、女子に解放にビックリしたのではなく
本当に30期を募集するんですね。ちょっと安心した訳ですが・・・

05月21日にそろそろ、オートレース選手募集  とネタにしましたが・・
音沙汰が無かったので・・(6月22日発表との噂)
オートレース 日本小型自動車振興会|オートレース選手募集について


それにしても、これは、有名女性レーサーに隠し玉がいると考えた方がいいのか
それとも、単純な話題づくりですかね?
いきなりの女子募集で・・準備期間が無くて受験する人はいますかね?

まぁ、失うものが無い業界ですので・・色々な事を試すのはいい事だと思いますが

確か・・・29期までの受験資格は

募集 満18歳以上満23歳以下の男子。
原付以上の運転免許を有する者。
身長175cm以下、体重60Kg以下、視力0.6以上など。
特例枠
1999年(27期)の選手募集時より、
WGPや全日本ロードレース選手権等で優秀な成績を収めたものに限り
年齢制限を28歳以下 試験の一部を免除(例。青木治親)

こんな感じでしたが・・・

満18歳以上満23歳以下の男子。

「男子」の条件を外した訳ですね・・後、久々の募集になる訳ですし競輪学校と同じで
年齢制限も変わるという噂がありますが・・どうなんでしょうか?

正式発表が本当に気になる訳ですが・・・

競艇は女子選手が当たり前ですが・・・
JRAの女性ジョッキーは・・今は・・西原玲奈と増沢由貴子(旧姓 牧原) だけですかね?
牧原がデビューした時は、腕は12期の中で一番との噂でしたし非常に気になっていましたが・・
現場が女性に徘徊的ですので、門戸を開放しても・・今のところ酷いものですが・・・

まぁ、競馬とは環境が違いますので・・大丈夫だと思いますが・・・


そんな訳で、日刊スポーツの記事に出てくる
ダート時代の話の女性レーサー 岡本七重選手 の事はさすがに知らない訳ですが・・・

参考(拾い物)
オーストラリア招待レース 優勝の記念撮影
岡本七重選手 昭和37年12月7日
岡本七重

「男の選手で、彼女に抜かれたことがないのはおそらく自分だけ」
と引退した選手が自慢げに語っていたこともある。

自慢げに語っていた引退した選手は誰の事なのか?がちょっと気になった訳ですが・・


参考
日本競輪学校 - Wikipedia  競馬学校 - Wikipedia  やまと競艇学校 | 募集要項

6月21日追加。
「日動振第30期選手候補生」募集要項 正式発表。


募集予定人員は20人。応募受け付けは6月25日から7月24日

応募資格は
〈1〉2007年4月1日現在で満16歳以上(上限なし)で既婚、未婚問わず
〈2〉運転免許証所有者(原付免許以上)
〈3〉体重60キロ以下(身長制限なし)で両眼裸眼視力が0・6以上、色神障害がない者。
 特例応募(ロードレース世界選手権出場などの実績を持つ者)
(2007年6月21日16時26分 スポーツ報知) より

第30期選手候補生 選抜試験 6/25〜願書受付開始!
オートレース 日本小型自動車振興会 インフォメーション
第30期募集・養成内容の主な変更点
・応募者の年齢制限の上限をなくし、 16歳以上から受験できるようになりました。
・応募者の性別制限がなくなりました。
・応募者の身長制限がなくなりました。
・応募者の未婚・既婚は問わなくなりました。
・1次試験における学科(国語、数学、理科、社会、機構) が無くなりました。
・養成期間が1ヶ月短縮され9ヶ月間となりました。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50706439
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: