2007年06月06日

第53回 東京ダービー(S1)今年こそ・・

・・高松宮杯と言えば・・昔は、中井光雄が有名でしたが・・・

大津びわこ競輪 東西対抗戦 第58回 高松宮記念杯 GI 決勝

レース競走結果

テレ東はもちろんBS日テレ東京MX でも放送しない訳でして・・
大津びわこ競輪場[LIVE PARK] で見ようと思い・・・まして16時ごろに繋いでみましたが

あれまぁ、全然つながらない訳で、[503] 回線が混んでいます 
まぁ、急遽 GetASFStream を使って リトライを繰り返したところ、

リトライ

やっと16時35分頃、繋がって見れるようになった訳ですが・・・
F5攻撃をした訳ではありませんが・・・思いっきりサーバーに負担をかけた訳ですが・・

スタジオ

いやいや、 タテがあってヨコもあるのが競輪だと思いますが・・
齋藤登志信のお穴フリフリは・・・ライン3番手ですのでけん制ですがね・・
こんな事をやるために北日本の3番手についたのですね
まぁ、見事な嫌がらせだったみたいで
純粋な若者?北津留が引っかかったのか、消極過ぎなのかはわかりませんが・・

おっこちますか・・・行けるチャンスはあったと思いますが・・・あれで落車ですか・・
タテ・ヨコと言うレベルでは無いと思いますが・・・

まぁ、北津留の落車で・・・ある意味楽しみが無くなりましたが・・
一瞬、小嶋→荒井か小嶋→岡部 と夢を見れましたが・・・

結局、小嶋→山崎 のある意味化け物二人の決着でしたが・・・

優勝 

まぁ、ハズれたのもありますが、
豪華なメンバーの決勝戦で楽しみにしていましたが・・・
落車以外でも??が付くレベルのレースでした。


まぁ、ハズれた事は忘れて、今日 6月6日は

伊勢崎オートのナイター
共同通信社杯G汽廛譽潺▲爛ップ の初日でして

『ふくふくタオル』  が非常に気になりますが
ふくふくタオルを本場&場外来場者プレゼント!
着用例

・・・やはり今日は、大井競馬の 東京ダービー で勝負する予定です。

2007年6月6日(水)大井競馬場 第11R ダート 2000m(外コース・右)
第53回 東京ダービー(S1)3歳 オープン重賞  20:10発走
枠番 馬番 馬 名 性齢 騎手 所属 斤量
-  1  1 ブライダルヘイロー  牡3   早見多 (大)荒井隆 56.0
-  1  2 マンハッタンバー  牡3   酒井忍 (川)池田孝 56.0
 2  3 ロイヤルボス  牡3   的場文 (川)長谷茂 56.0
-  2  4 ハナビバーチェ  牡3   真島大 (大)鷹見浩 56.0
-  3  5 グローリーソング  牡3   石崎駿 (船)坂本昇 56.0
-  3  6 レッドドラゴン  牡3   坂井英 (大)堀千亜 56.0
-  4  7 イチモンジ  牡3   水野貴 (川)佐々仁 56.0
-  4  8 ショウサンセラヴィ  牡3   有年淳 (大)矢作和 56.0
 5  9 アンパサンド  牡3   戸崎圭 (川)池田孝 56.0
-  5  10 パルパディア  牡3   町田直 (川)秋山重 56.0
-  6  11 アートルマン  牡3   石崎隆 (船)出川克 56.0
-  6  12 ウエスタンローレル  牡3   山田信 (船)山浦武 56.0
 7  13 トップサバトン  牡3   御神訓 (船)柿本男 56.0
 7  14 フリオーソ  牡3   内田博 (川)久保秀 56.0
-  8  15 エスプリベン  牡3  今野忠 (船)川島正 56.0
-  8  16 チェレブラーレ  牡3  張田京 (大)太田進 56.0

出馬表 TOKYO CITY KEIBA - 第53回 東京ダービー(SI) ]

トップサバトン は 御神本騎手 に手が戻りました。
羽田杯で結果を出した駿君は・・ちょっと・・かわいそうと思いますが

仕方が無い事かも知れませんが・・・

御神本訓史騎手、10日間の騎乗停止
TCKは7日、御神本訓史騎手(25、大井・三坂盛雄厩舎)を10日間の騎乗停止とすることを発表した。  これは6日の大井競馬開催の前日(5日)に、同騎手が体調不良により調整ルームに入室しなかったことに伴う公正保持のため。6日、7日に予定されていた騎乗については騎手変更が行われ、加えて8日から17日まで計10日間の騎乗停止となった。
netkeiba.com - 2007年05月07日 

まぁ、今回は羽田杯の1着から3着のBOX馬券でいいような気がしますが・・・

でも、でも、・・・東京ダービー ですから・・・・・
去年も記事にしましたが、東京ダービー と言えば、的場文男 だと思います。

「大井の天皇」の愛称で親しまれ、長年大井競馬・南関東競馬騎手リーディング
の上位をほしいままにし、数多くの重賞タイトルも手中に収めている。
しかし東京ダービーでは過去17回挑戦して2着は8回あるものの、
断然の1番人気馬に騎乗しながら大出遅れを喫するなどの不運もあって
いまだ未勝利であり、「大井の七不思議の一つ」とまで言われている。
的場文男 - Wikipedia より 

東京ダービー2着8回・・・・、「大井の七不思議の一つ」を今年こそ・・・と思い。

応援したいと思います。今年も・・厳しそうですが・・・
ちょっと、馬場に行けるかどうかは・・今のところわかりませんが・・・

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50701296
この記事へのコメント
たぶんご存知だとは思いますが、全国発売のレースなら「岸和田BBスタジオ」で見られるはずです…。

ちなみに「ふくふくタオル」って意外といい値段なんでびっくり!でした。 (優勝戦の日に本場へ行くも間に合わず…。)
Posted by k at 2007年06月16日 20:29
はじめまして
両方とも重かったので大津びわこの[LIVE PARK]に勝負をかけたのですが・・
やはり規模がでかい
「岸和田BBスタジオ」の方が軽かったかも知れませんね。

まぁ、繋がったのでOKでしたが

それにしても・・あの、おしゃれな(笑)「ふくふくタオル」
ゲット出来なかったのは残念でしたね。いい記念品ですよね
でも、あの興奮を本場で体験できたのは・・非常にうらやましい・・。

ナイターオートも未体験ですし・・本当にうらやましい・・訳です。
Posted by para080 at 2007年06月16日 23:40
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: