2007年05月01日

メタボ・メタボ〜

まぁ、久しぶりに会った人たちとお酒を飲みましたら・・・
私の腹をみて・・・「メタボ・メタボ」・・・と喜んでいましたが・・・

メタボちゃん メタボちゃんメタボちゃんが持ってる
内臓脂肪 中性脂肪〜知ってるかい♪

と、メルモちゃんの替え歌で返す気力も無く・・
セクハラではないかと思ったりしましたが、

まぁ、ウエストが85センチ以上ある場合は、メタボリックシンドロームに注意だそうで・・・

ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」
メタボリックシンドローム - メタボリックシンドロームの診断基準

横文字の”メタボリックシンドロームmetabolic syndrome”じゃ意味がわからないから日本語で・・・

と思いまして、調べてみますと・・日本語だと、代謝症候群 と言うそうですが・・・
まぁ、日本語でも意味がよくわからなかった訳ですが・・・
代謝症候群 - Wikipedia

まぁ、そろそろ、注意が必要だそうですので・・・

効果は国のお墨付き! の 厚生労働省許可、特定保健用食品
特定保健用食品について 


トクホってどんな食品のこと?
ご存知のとおり、がん・糖尿病・高脂血症など「生活習慣病」の増加および低年齢化が、大きな社会問題となっています。その原因の最たるものは「偏った食生活」!予防のためには、これまでの食生活の改善が欠かせません。 しかし、忙しかったり面倒だったり、あるいはどう改善したらよいか分からなかったりで、なかなか上手くいかないのが現状です。そこで誕生したのが、特定保健用食品≪トクホ≫です
知っ得!トクホの基礎知識 -healthクリック  より 

サントリーの黒烏龍茶 でも購入しようかと思いましたが・・・




本品は、脂肪の吸収を抑えるウーロン茶重合ポリフェノールの働きにより、
食後の血中中性脂肪の上昇を抑えるので、
脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方の食生活改善に役立ちます。
厚生労働省許可、特定保健用食品です。

ウーロン茶はそもそも「健康によいお茶」として、中国でも日本でも、多くの人々に親しまれてきました。そのウーロン茶の力が科学的にも証明されたのが、特定保健用食品サントリー黒烏龍茶です。力の源は、黒烏龍茶に含まれるウーロン茶重合ポリフェノール。食事と一緒に飲むと、その食事の脂肪吸収を抑え、食後の中性脂肪の上昇を抑える働きをします。脂っこい料理がどうにもお好きなあなたに、とくにおすすめします。
商品紹介 黒烏龍茶 サントリー より


でも・・・普通の烏龍茶と比べると高い訳でして・・・・
350ml:168円 する訳で・・・安売りしているところも少ない訳ですが

烏龍茶は2リットルのペットボトルを200円程度で買っていますので・・・

どうしても、高く感じる訳ですが・・・

そんな訳で、厚生労働省許可、特定保健用食品ではありませんが、似たような
天然ポリフェノールを450mg含有の

伊藤園の 烏龍茶 濃い味  を試しに購入してみました。


 


「烏龍茶 濃い味」 2006年10月30日(月)より販売開始
「烏龍茶濃い味」は、“濃い味”をキーワードに、自然抽出した天然ポリフェノールを450mg含有した、爽やかな香りとさっぱりとした味わいが特徴の烏龍茶飲料です。原料茶葉には、爽やかな香りとすっきりとした味わいの“色種”、豊潤な香りと力強い味わいの“水仙”、甘くかぐわしい香りの稀少品種“黄金桂”を使用し、無香料・無調味、で仕上げました。渋みと香りの絶妙なバランスから、油料理などにぴったりのさっぱりとした味わいをお楽しみいただけます。油っこい食事の多い現代人におすすめの、濃くておいしい烏龍茶飲料です。
ニュースリリース | 伊藤園 2006年10月26日 より一部抜粋

・・・果たして効果はあるのでしょうか?
気持ちの問題ですので・・・まぁ、どうでもいいのですが・・・・。

効果は別にして、「烏龍茶 濃い味」 の味は気に入りまして
追加で購入しようと思いましたがコンビニでは売っていなかったので、

前買った安売り店でまとめ買いをしようと思ったのですが・・・品切れ。
早くも、脱メタボは挫折しそうです。

まぁ、運動しないといけないのはわかっている訳ですが・・・

Posted by para080 at 14:53│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50660702
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: