2007年04月22日

見事な青春映画。アニメ版『時をかける少女』

土曜日はギャンブル関係でボロ負けしてしまいました。
一応、『いつもニコニコ現金払い』がモットーですが・・・(by.トラヒゲデパート。)

顔は笑っていますがどうしても心が荒れてしまいますので・・・

見事な『青春映画』と評判の、アニメ版『時をかける少女』を観て心を和らがそうとしてみました。



この『時をかける少女』は、2006年08月13日 にネタにしましたが・・結局劇場では見ませんでしたので・・・・

長編アニメを見るのは、かなり久しぶりでした・・・・

時を〜 

まぁ、時間を飛び越える「タイムリープ」が使えたなら
今の私は、ギャンブルで一攫千金と考えますが・・

この作品はこんな汚れた事を考えさせない、見事な『青春映画でした。』

20年前に原田知世版の映画を見ている世代にとっては、どうなんだろ?と思いましたが・・・
原作者の筒井康隆氏が語っているように

――脚本を読んだ感想は?

筒井 

私も、今作るのであればこういう作り方であろう、と思いました。いつまでもいつまでも芳山和子ではないと思います。新しい時代の「時をかける少女」というのはこうでなくちゃいかんと、こういう風に行動的でなければいけない、と思いました。……それに古いとか新しいとかいった事はですね、今の時代の人にはよく分からないと思う。それは古いファッションも新しいファッションも、ごっちゃにある時代ですから。例えば従来の芳山和子を見た人が、今回の「時をかける少女」を見ても、まったく違和感はないと思います。

筒井康隆、アニメ「時をかける少女」を語る (1/2)
ITmedia +D Games:2006年06月20日  

本当に違和感なく見れました。
・・・30代後半の芳川君が登場の時は・・ある意味たまらなかった訳ですが

確かに、これは、『時をかける少女』 でした。..まぁ、泣きはしませんでしたが・・・

中年男号泣のワケ…アニメ映画「時をかける少女」
ZAKZAK 2006/08/10 (cache)

細田監督が、目指したのは・・・

筒井ファンの細田監督がこの「時かけ」で目指したのは、「ノスタルジックに青春を振り返るのでなく、未来が不確かな今、夢に向かって走っている子を応援する物語」という

みずみずしく青春描く アニメ映画「時をかける少女
asahi.com:2006年07月19日 (cache)  参考。

と言うことですが・・・

ノスタルジックにギャンブルの負けを振り返ってはいけない。

と感じた私は・・・もう汚れてしまっている訳ですね・・・・・。

Posted by para080 at 13:25│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50657835
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: