2007年03月21日

浜松オートレースヴィーナス卒業式

浜松オートの3/16〜19開催 平成18年度浜松市営第11回第2節 は
「初優勝&ラストウィナーinハママツ」として行われました。

(※「ラストウィナー」は、浅木さんがいる18年度最後の浜松開催という意味です)

だそうで、とうとう、
浅木美帆さん( 浜松オートイメージガール、レースヴィーナス)が卒業です。

オートレース 日本小型自動車振興会
レースヴィーナス浅木美帆さん卒業イベント情報(3/18・19)

3日目、3月18日(日)
10・11R発売中・・・CS出演しまして

浜松01浜松02

『いよいよ明日が最後となりました。
皆さんぜひ最後の私のラウンドガールを見てください。よろしくお願いします。』


最終日、3月19日(月)、
目的は、もうこうなったら目的は優勝戦では無くて

浜松03 

12R発売中走路内でに行われる、卒業挨拶になるのは・・仕方が無い所ですが・・・

時間となりまして、司会の山咲さくらさんが
『そして、今日をもって卒業します浅木美帆さんが登場となりました。』

映像が走路内に切り替わりまして・・・

卒業式の定番の袴姿で、浅木さんがオープンカーで登場

浜松04浜松05

それにしても、司会者のつだかつ 津田勝司(克巳?) が煽る、煽る・・・

平成16年の秋のスピード王初日デビュー。そして、二年半、私たちファンのために頑張っていただきました。 そして、色んな出会い、色んな思い出を作る事ができました。特にこの一年半は、浜松オートにとっては激動の時代でした。 廃止問題に揺れる中まさにレースヴィーナスとしての役目を果たしていただきました。

その、浅木美帆さんお迎えします。盛大な拍手よろしくお願いしま〜す。


いよいよ今日の日を迎えました。私が一番思うのは
この一年半、激動の浜松オート廃止問題で揺れる中、まさにヴィーナスとして役目を果たしていただいた
それが、一番思っています。


浜松06
『皆さん、2年4ヶ月本当にありがとうございました。
オートレースに出会えた事、オートレースを通じてたくさんの方に出会えた事に感謝しています。
力不足で出来てない事が一杯あったんですが、皆さん本当に応援ありがとうございました。』


さぁ、それでは、ただいまより初代浜松オートレースヴィーナス浅木美帆の卒業式を挙行致します。

卒業証書を山田祐輔から(選手会浜松オート支部一同、スタッフ一同)
日本トータ浜松オートレース場事業長より記念品、ファン代表より花束贈呈・・・。

浜松07浜松08 

観客の暖かい声援に感動したのか、それとも思う事があったのか・・・
目がうるうるしていました。

オート01オート02

最後の・・・一言

『本当にありがとうございました。 
レースヴィーナスを卒業してもオートレースを応援していきたいと思っていますので
これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。』




最後のお仕事は記念品の投げ込み。5分ちょっとで終了しました。


前代未聞のイベントだったかも知れませんが・・・廃止問題で揺れていた浜松オートで
レースビーナスとしての活動はこれだけの価値は十分にあったと思います。

本当に約2年半お疲れ様でした。

オートレースに敬意をもって接してくれた、浅木さん、ありがとうございました。
レースビーナスではなくても、オートレースに関わっていただきたいと思っております。


まぁ、個人的には、場内でサイコロゲームを体験する事が出来なかったのが心残りですが・・・。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50646823
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: