2007年01月23日

オートレースウーマンズリーグ 3rd-Stage in ISESAKI

オートレース ウーマンズリーグ(AutoRace Woman's League)3rd-Stage
は、伊勢崎オートレース場で1月20日(土)に晴天の中開催されました。

1月20日(土)伊勢崎オートのご案内
1.名 称   
AutoRace Womans-League
2.実施日   
伊勢崎レース場 平成19年1月20日(土)午後1時25分頃発走予定
3.レース内容 オートレースの形態をとるものとする  
.譟璽洪堯   。影1レース
▲譟璽垢竜離  2,100m競走(4周回)
レース車立数  8車立て
ぅ譟璽紅崛函  ゝ離ハンデレースとする
ゥ好拭璽函    “走合図機による 4.使用車
全車 (株)スズキ製 GRASSTRACKER BIGBOY SPECIFICATIONS を使用
グラストラッカー ビッグボーイ(250cc)
07.01.09 次回ウーマンズリーグは伊勢崎 より。


さすがに、オートレース専用の競争車では無く・・・
川口オートレース - 競争車の機能と特長

GrassTracker BIGBOY/GrassTracker を使っていてるそうですが・・・

先導車による誘導・選手紹介、ハンデ戦、発走合図機による
スタートとレースの流れはオートレースと同じ(ただし、試走はありません)。
ライダーは左足に鉄製スリッパを履きコーナーを攻め、
バイクはレースチューニングを施しマフラーからのエキゾーストノートは、
まさにオートレースそのもの。
12/8オートレース ウーマンズリーグ 開幕迫る! より

だそうです。

3rd-Stage01

AutoRace Woman's League 3rd-Stage in ISESAKI
1月20日(土) 13:25分 発走予定  4周回 2100M
車番  選手名 ハンデ 出身地  レース実績 成績
1 井形 とも  60 東京 元国際GPレーサー 川1船2
2 水出 真澄  50 東京 ダートトラックレース   船1
3 五十嵐昭子  30 東京 ダートトラックレース 川7船6
4 芦崎 泰子  30 東京 ロードレースB級  初
5 丸山美由貴  20 神奈川 ロードレース国際A級 川4船5
6 上林みさを  20 新潟 ロードレース国際A級  初
7 安藤 悦代  10 東京 ロードレースB級 川6
8 松島そのみ   0  群馬 2輪インストラクター 川8船8

1/14 オートレース ウーマンズリーグ 3rd-Stage メンバー・枠順決定 参考
レース結果。
11 井形 とも  60 4.315
24 芦崎 泰子  30 4.394
35 丸山 美由貴20 4.425
43 五十嵐 昭子30 4.437
57 安藤 悦代  10 4.498
66 上林 みさを20 4.491
78 松島 そのみ 0 4.557
反2水出 真澄  40 外突


ハンデが重くなっても 井形選手は強いレースでした。
そして、初の反則失格選手がでてしまいましたが(w

1/21オートレース ウーマンズリーグ 3rd-Stage レース結果!!


女性ライダーには失礼かもしれませんが、気になるのは、どーしても
中林久美子さんの初実況。

3rd-Stage03
レース映像

伊勢崎のオート中継では、大人のまったりとした雰囲気でほぼ一人で
落ち着いて進行役を務められていますが・・・。
そんな、中林さんも、興奮してしまうのか?気になっていましたが・・・。

さぁ、では、行きましょう。Woman's League 3rd-Stage in ISESAKI 

実況は中林久美子です。

3rd-Stage02

・・・吉原アナが煽りまくってレースがスタート。

オンデでは収録されていない、レース直前の中林久美子さんの・・

『...上州かかあ天下の地ここ伊勢崎オートレース場での開催になりました。
0から60のロングハンデ戦です。ちなみにかかあ天下とは女性が強いということでは無く
うちのかかあは天下一素晴らしいという女房自慢の言葉です。
ここ群馬は古くから女性が敬われたんです。』

ゴール後

『....145の入線でした。さぁ、これは高配当か?ん、あれ?
残念ながらこの車券発売をしておりませんでした。以上3rd-Stageウーマンズリーグ実況でお伝えしました。』

小ネタで〆て実況終了。

中林さんらしさがにじみ出た実況でした。・・・。

中林さんも興奮したみたいで、スタッフの拍手の中、全然ダメ・・・とか
中継中とは違った声がマイクに拾われていました。

吉原完 
「最高でした。」
.....
「いやぁ、最高のレース最高の実況で、お届けしてまいりました。」

「さて(笑)、中林久美子アナウンサーが今、実況アナウンサーが戻ってまいりましたけれども
ほやほやの内に中林さん感想をお願いします。」


中林久美子
『全然ダメでした。ごめんなさい。すいません。色々考えていたんですけど、
全然・・ちょっと、あの、レースの展開を前もって考えすぎてしまったというのがあって・・
すいませんでした・・・本当に・・・』


「いやぁ、ただね、レース展開はこの3つの内で一番面白かったと思いますよ。」

『そーすいません。ちょっと、実況・・申し訳ありません..。』

「最高の実況でした。」

『番号もちょっと違っている所がありました。』

「中林さんらしさが、もうふんだんに、盛り込まれた実況だったと思いますけどね・・
中林さんしか出来ない、その取材力からできるこの実況。
選手のね、その取材ネタもふんだんに入れていましたからね・・・」


『言えませんでした。言えなかった(笑い)すいません、』

「素晴らしいですね〜。」

『本当にウーマンズリーグの皆様には申し訳ありませんでした。』

『いやぁ、..吉原さん尊敬します。』

「いやいや、とんでもないですけど、いや私の方が尊敬します。
その実況の中あれだけ選手の色んなコメントを入れるとのはスゴイと思いました。」


『申し訳ありませんでした。それにしても、まぁ、井形選手は』

「はい」

『思ったよりも、ずっと早く上がってきて私は、慌ててしまったんですけどね〜』

「ほんと、2周目位目まで後方でしたから、後半の追い込みは流石でしたね」

『水出選手の捲りネタなんかも考えてたんですけど、とてもそんな余裕はありませんでした。』
 


・・・スタジオは声だけで、映像は映りませんでしたが・・・
中林さんの顔が真っ赤になっている姿が目に浮かびます。

それにしても、実況は本当にうまかった。想像以上です。本当に良かったと思います。
レースと実況のテンポがピッタリあっていました。

吉原アナのコメントの
「いやいや、とんでもないですけど、いや私の方が尊敬します。
その実況の中あれだけ選手の色んなコメントを入れるとのはスゴイと思いました。」


がすべてを表していると思います。

「ご主人のアドバイスを受けての参戦。まだご主人とはラブラブという芦崎が・・・」
という実況は・・・笑ってしまいました。

8R前にスタジオに今回は、井形とも(1着)と丸山美由貴(3着)がゲストで登場。

3rd-Stage00

最後に、お二人に一言ずついただきましょう。という事で

井形とも選手
「第一回目の川口からずっとね、あのだんだん、お客さんが手を振ってくれたりして
とってもうれしかったのでまた手を振ってもらえるように頑張って走りたいと思います。」

丸山美由貴選手
「私も、残り後、3回あるんですけど、すごく楽しみにしてるんで、
あの、色々な新鮮な発見がたくさん出来るのでそういったところでもっと楽しみたいなと思います。」

取りあえず、ウーマンズリーグは6回で終了みたいですね・・・
好評なら続くと思いますが・・・


放送終了間際にリプレイを流しましたが・・・

また、中林さん、 (〃▽〃) 照れ照れ

吉原アナは・・・
「何回聞いても永久保存盤ですよね。もう1回聞いてスタジオから拍手がおこりました。」

褒めているのか、煽っているのか・・・
その後も、ボソボソと煽る。吉原アナに向かって

『緊張してるんだからやめて下さい。』

非常に面白かった中継スタジオでした。

次回は  2007年1月27日() 12時40分 (浜松オート)
オートレース ウーマンズリーグ 4th-Stage メンバー・枠順決定

これまた、楽しみにしております。


参考。

オートレース 

マリリンネット マリ輪ネット

『まだご主人とはラブラブという・・・』4号車の方のブログ
assyのひとり言: 伊勢崎オート ウーマンズリーグ3rd-stage 

オートレース ウーマンズリーグの当ブログの記事
ファーストステージ 川口オート
オートレース ウーマンズリーグ 1st-Stage in KAWAGUCHI
セカンドステージ  船橋オート
オートレース ウーマンズリーグ 2nd-Stage in FUNABASHI
サードステージ   伊勢崎オート
オートレース ウーマンズリーグ 3rd-Stage in ISESAKI
フォースステージ  浜松オート
オートレース ウーマンズリーグ 4th-Stage in HAMAMATSU
セミファイナル   山陽オート
オートレース ウーマンズリーグ Semifinal in SANYO  
ファイナル     飯塚オート
オートレース ウーマンズリーグ Final in IIZUKA

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50625873
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: