2006年11月06日

SG第38回日本選手権オートレース最終日

SG第38回日本選手権オートレースは 田中茂選手が、優勝しました。



SG連覇だけでは無く、G1G2も合わせてタイトル戦4連勝。

前日に 「伝説をつくりたい」 と語っていたそうですが・・・

おみごとです。

SG14回優出しても・・・勝利無しの永井大介もある意味伝説を継続中ですが・・・。
(2.5.7.落.6.7.2.落.2.落.3.5.4.3)

伊藤信夫は見せ場たっぷりの2着でしたが、3周回3・4コーナーで木村武之を捌いた時
爆音が鳴り響くレース中継でも歓声が聞こえました。

個人的に信夫選手が優勝すれば、ドラマチックで絵になるなーと思っていましたが
誰が優勝しようが、ドラマはありますね


それにしても、表彰式は大盛り上がり。

バイクと一緒に走る警備員・・・。

SG38 1 SG38



もう、おなじみの どんなもんじゃ〜い 
アンコールに答えて、会場全体で 3.2.1 どんなもんじゃい

どんなもんじゃい 3.2.1どんなもんじゃい

シャンパンがおいしそうです

SG38 SG38
浜松名物 
万歳三唱 


本当に素晴らしい表彰式でした。

廃止寸前になったレース場とは思えないほどです。

去年の37回(川口)の時はがっくんが来場してある意味、盛り上がりましたが
色々賛否両論でした。(運営側の問題だと思いますが)

レーサーがメインだけでもこれだけ盛り上がる事ができるのですね。

正直、オートレースは、10年後はあるかどうかわからないと思っていましたが・・・
この盛り上がりをみると、まだまだ大丈夫ですね。


SG第38回日本選手権オートレース
 浜松オートレース場 12R  優勝戦  5100M 
着順 車番 選手名 呼名 試走T 競走T ST
 1  5 田中 茂 S・アーロン
0
3.28 3.324 11
 2  1 伊藤 信夫 テトム
0
3.31 3.333 06
 3  2 永井 大介 ガスコイン
0
3.29 3.345 11
 4  6 靆遏― ミカエル
0
3.31 3.349 11
 5  8 木村 武之 クロム
0
3.30 3.351 09
 6  7 岡部 聡 フラッグシップ
0
3.30 3.353 18
 7  4 人見 剛志 ジョナオ
0
3.29 3.359 15
 8  3 淺香 潤 タイニーハンズ
0
3.30 3.367 15

2連単  5 − 1  2,080円 ( 8 )
2連複  1 = 5  1,390円 ( 6 )
3連単  5 1 2  7,950円 ( 27 )
3連複  1 2 5  1,260円 ( 5 )
ワイド  
1 = 5  470円  ( 8 )
2 = 5  160円  ( 1 )
1 = 2  430円  ( 7 )
単勝
5  310円  ( 1 )
複勝
1 着  5 160円 ( 3 )
2 着  1 150円 ( 2 )
3 着  2 300円 ( 7 )


オッズ  レース映像

ビックレース回顧 SG第38回日本選手権オートレース


日本選手権オートレース(にほんせんしゅけん - )とは、オートレースのSG競走の1つである。
各場持ち回りで開催されるこの大会の最大の特徴は、全レースがオープンレースで行われる点である。
言わばオートレース界のダービーとでも言うべきレースであり、このレースで優勝することが、
その年の日本一のレーサーとなることを意味する。 

出場選手選抜方法 *
前回優勝者 * 前年7月1日〜当年6月30日における良走路の平均競走タイム上位者
日本選手権オートレース - Wikipedia より Category:オートレース - Wikipedia


・・・オート中継に夢中になっていましたので
ふるさとダービー防府の決勝は・・・

気づいた時には・・・

時間切れ


 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50595253
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: