2006年10月17日

「大極宮」の大と宮の新刊を購入

読書の秋 と言うわけでもありませんが

狼花 名もなき毒

宮部みゆき 名もなき毒   1,890円
大沢在昌  新宿鮫 狼花 1,680円
 
を購入して読み終わりました。

ハードカバーでページ数も多いので意外とお得な値段だと思います。
最近は、本屋に寄る事も少なくなったので、この2冊が発売されているのを
知りませんで・・・
別に初版マニアではありませんが・・・2版と3版でした。

それにしても、名もなき毒が、
『誰か』でも活躍した杉村がこの世の「毒」と対峙する!

と言うことですが・・・『誰か』から3年ぶり。

新宿鮫 狼花がなんと、5年半ぶり。ですが

前作は読んでいますが、もう、細かい内容は・・忘れかかっていますよ・・・。
まぁ、前作を全く知らなくても楽しめる内容ですが・・・。

読んでいる内に・・じわじわと思い出すのがこれまた楽しいのですが・・・。
読んでいるうちに・・コレ読んだ本だ!同じ本買っちまった・・。と思い出した時は
・・これはまた悲しいですが・・・

厚い本ですが・・サクサク読めますのですぐに読み終わりました。


考えてみれば、 ・・・宮部みゆき と 大沢在昌 は、大沢オフィス所属です。

そう、売れっ子作家集団(3人)・・・「大極宮」 ですが・・。

「大極宮」の由来は?
大沢オフィスに所属する、三人の作家たち
沢在昌 京夏彦 部みゆき
それぞれの名前から一文字ずつとりました。
なんとなく語呂がイイというだけで・・・
深い意味はありませんです 。
大沢オフィス公式ホームページ 大極宮


昔、買った時は、「大極宮通信」 が本に挟んでありましたので..

何か・・お得な気がした訳ですが・・・

でも、今回は2冊ともついていませんでしたが・・・。

もう、「大極宮通信」は・・無くなったのですかね?

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50586430
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: